人気ブログランキング |
Logout


noblame.exblog.jp
  2007年 09月 24日
もうちょっと間隔が短ければ...
購入書籍は塩野七生さんの
  • 『ローマ人の物語 29 〜「終わりの始まり」(上)』
  • 『ローマ人の物語 30 〜「終わりの始まり」(中)』
  • 『ローマ人の物語 31 〜「終わりの始まり」(下)』
このシリーズは1年に3冊ほどずつ文庫化されるのですが、一気に読んでしまいます。ただ、間が空くので新しい文庫が出る頃にはそれ以前の内容を忘れてしまっているのが残念。いつも数巻遡ってから読み始めることになります。もう少し発刊のペースが速ければなぁと思います。

《Today's Music》
Stage Dolls / S. T. ('88)b0014459_13211931.jpg

ノルウェーのハードポップバンドの3rd。彼らの音に触れたのはたしか'05年くらいにでた『Get a Live』というライブ盤でした。かなり息の長いバンドですね。
 北欧的なメロディというよりは割とアメリカンな感もするキャッチーなハードポップです。それでも北欧のバンドですから、至る所に顔を出す透明感というかそういう要素も素敵なバンド。
 1曲目の"Still in Love"はイントロはロックンロール的な感じですが、唄が入ってきてサビの部分では非常に「ポッピー」でお気に入り。ドライな感じのギターの音色も好み。"Lorraine"はAOR度高めでこれまた美味な曲。"Waitin' for You"は厚いコーラスが印象的なバラード。この次の"Love Cries"がこのアルバムのベストトラックでしょう。ヴォーカルライン、コーラス、そして演奏とも素晴らしい。少し調べてみるとビルボードにもチャートインする健闘をしたようです。この時期は洋楽を聴き始めていたのですが、記憶にないですねぇ。"♪Love cries, Love burns, Love drives you to the point of no return"というサビの部分なんかたまりません。"Hanoi Waters"はスピードがあり、メロディラインも耳に残るカッコイイ曲ですねぇ。ラストの"Ammunition"はキーボードメインの曲で「ふわっと」した(適切な表現がおもいつきませんでした。語彙不足です)感覚になります。
 2nd、3rdともにしばらく前に再発されていますので入手もしやすいので、おすすめのバンドです。
by noblame | by don_t_blame_me | 2007-09-24 13:24 |
<< 購入CD そんなサービスいらない >>