人気ブログランキング |
Logout


noblame.exblog.jp
  2006年 03月 31日
セラー故障のお陰で...
以前購入した安物、もといお手頃価格のワインセラー。早速壊れました。

数日前、夜中に「ピー、ピー」というデジタル音。目覚ましかと思ったら、そのセラーから。チェックしてみると前面にある温度計が正常に表示されてません。なんかスロットマシンのように数字を表示するディスプレイが動いてました。それで、その夜はスイッチを切っておきました。

次の日、スイッチを入れ直すと、音はしなくなりましたが、その代わり温度計が全く表示されなくなりました。一応中のワインは冷えていますが、やっぱ困ります。

サポートに電話すると、保証書とともに送ってくださいということ。ということは中に入っているワインを飲み干さないとね(^0^;)

ということで、しょうがなく(しょうがなくですよ、しょうがなく)ここ2、3日、がんがんワインを飲んでます。(^_^;

Ch. Chasse-Spleenはフルーティーな香りながら、コクもしっかりとあって結構おいしかったなぁ。
Beringerは好きなワインで、安定していていつもおいしいし...

まだ、3〜4本入ってます。まぁ、ラッキーなことにワインの保存に適さないほどの気温ではないので、残りはしっかりラッピングして修理の仕上がりを待つことにします。さすがに、こんなに連続して飲み続けるのはもったいないですからね。

怒濤の3月もやっと終わり。今日(金曜日)は休みをもらって、リフレッシュします。

《Today's Music》
Eric Martin Band / Sucker for a Pretty Face ('83)
b0014459_023982.jpg
Mr. Bigはすっごく自分の中では重要なバンドの一つです。彼らのデビューアルバムにはまさにノックアウトされたという感じで、今でもお気に入りです。このアルバムを聴いてから、Eric Martinの過去の作品を探したのですが、当時はソロアルバム『Eric Martin』のアナログ盤しか入手出来ませんでした。それでもそれをテープに落として、狂ったように聴いてました。
で、そのEric Martin BandのCDが再発されて、即買い。ポップな音楽性と、若さがありながらもソウルフルな歌声ですぐに愛聴盤となりました。
で、数年後(97年)にボーナストラックを7曲追加して再発されたものもすぐに買いました。
Paul GilbertBilly Sheehanといった特徴的なプレーヤーがいない分、Ericの声に集中できて、楽しめます。オープニングの"Sucker for a Pretty Face"はとてもノリが良い楽曲でお気に入り。他にも彼のヴォーカルが最高な"Don't Stop"、"Young at Heart"、"Catch Me If You can"、"Love Me"などがお気に入り。後に追加されたトラックにはTalasもやっていたThe Supremesの"Stop in the Name of Love"も入ってます。何か運命を感じますね。他のライブもまぁ若さあふれるという感じです。
オリジナル、再発ともにジャケットに写っているのはEric Martinのみ。当時の売り出し戦略の方向性が見えますね。(どっちもセンスがあるとは言い難いけど...)
by noblame | by don_t_blame_me | 2006-03-31 00:14 | 食事・お酒
<< 大人=納豆? なぜにあそこまで盛り上がるのか? >>