人気ブログランキング |
Logout


noblame.exblog.jp
  2005年 08月 24日
昨日購入!
昨日購入のCD。 Journey、前評判にたがわず良いですね。Steve Augeriのヴォーカルも違和感なく溶け込んでるし、その他のメンバーのヴォーカルもそれぞれに味がありますね。Jonathan Cainの声は『Back to the Innocence』のアルバムとは少し違う感じがします。一番びっくりしたのはDeen Castronovo。Burrn!誌などですごく上手いということは書かれていましたが、ドラマーということで勝手にワイルドな声を想像していたんですが、全く違いました。しっとりとしているというか、Journeyの音楽にぴったりの声質です。そして、本当に上手いですね。
 Philip BardowellについてはBurrn!誌を見るまで全く知らなかったんですが、CDショップで裏ジャケのクレジットを見てみるとTommy Denander、Mark Spiro、Stan Bush、Jim PeterikBobby Barthなどメローハー界の有名どころが集まってるんで、これは買いでした。実際、聞いた感じもヴォーカルも上手いし、良い感じです。"Through My Eyes"はMark Spiroの『Now is Then, Then is Now』に入ってます。
 S.I.N.とTerra Novaはこれから。

《Today's Music》
Van Zant / Van Zant ('85)b0014459_10141296.gif

Lynard Skynard
のJohnny Van Zantのデビューアルバム。とってもキャッチーなメロディック・ハード。Lynard Skynardのようなアメリカンロックを想像しそうですが、そうでもないです。38 Specialのキャッチーな部分は似ているといえば似ている。良い曲満載のアルバムで、"I'm a Fighter"はRay Roperが『I'm a Fighter』というそのものずばりのアルバム(このアルバムも最高)でカヴァーしてます。また、"2+2"はRPMのカヴァーで、この曲の入ったアルバムは最近再発されましたね。King Biscuit Flour Hourシリーズのライブアルバムもあります。このアルバムからの選曲でこれもお気に入り。ただ、それ以降の『Brickyard Road』とか『Brother to Brother』は好印象がありません。彼のルーツなんでしょうけど、少し泥臭くなってしまいました。
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-08-24 10:21 | 音楽
<< はやっ! 初人間ドック >>