人気ブログランキング |
Logout


noblame.exblog.jp
  2005年 03月 30日
引越し、引越し
荷物の搬出も終わり、引越しもほとんど終わりました。引越しするたびに一人暮らしとは思えない荷物の量に唖然とします。

ベッドをリサイクルショップに引き取ってもらいましたが、ベッドは在庫がだぶついているということで価格はなんと500円。領収書にサインをしてコインを一枚受け取ったときは、なんだか子供のお使いみたいな感じでした。その業者が戻るときに玄関で彼らのメモが目に入りました。そこには私の名前と「1500円」という数字が記されていました。多分、交渉次第では1500円までは値が上がったのかもしれません。くやしぃ。

荷物も見積もりよりも2万円近くも高くつきました。職場から出る赴任手当てよりはるかに費用がかかる計算です。(涙)

今回の引越しはガールフレンドがかなり手伝ってくれました。多分、一人だったら予定通りには終わらなかったでしょう。少し進展した状況を見ては、「あぁ、がんばった。ビール、ビール」などと適当なことを言ってだらだらしてたんで...まるで『ちびまる子ちゃん』のヒロシみたいな感じです。荷物の梱包も自分がやるとかなり適当な感じで、「あ~っ゛、男の人ってわからん」といいながら詰めなおしてました。それでも、こっちは「大丈夫、大丈夫」って言ってましたが、よく考えるとまったく大丈夫ではないですよね。

《Today's Music》
Pride of Lions / The Destiny Stone ('04)b0014459_9245697.jpg

メロハー好きとしてはこのアルバムを外すわけにはいきません。Jim Peterikの作る曲が素晴らしいのは当たり前ですが、Toby Hitchcockのハイトーン・ヴォーカルも素晴らしい。よくぞこんなシンガーを掘り当てたものです。ここら辺の才能も見事です。デビューアルバムも良かったですが、この2ndではさらに進化した感じです。オープニングの"The Courage to Love Somebody"のようなアップテンポの曲を歌っても、"Back to Camelot"のようなスローな曲を歌っても感激させてくれます。タイトルトラックの"The Destiny Stone"もすっごく劇的な仕上がりで、この曲無しでも十分な高さに到達しているアルバムをさらに上に押し上げています。このアルバムのハイライトではないでしょうか。「捨て曲なしのアルバム」ってなかなかないですけど、これはまさにそれですよ、はい。

『Black Ribbons』という3曲入りのCDも発表してますが、これはスペインのマドリッドでの列車爆発テロのチャリティのためのものです。ここに入っているタイトル曲は感動的なバラードになってます。多分国内盤は出てないと思いますが、そちらもぜひ聴いてほしい1枚です。
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-03-30 09:30 | いろいろ
<< Back on the Net 今日の職場では... >>