「ほっ」と。キャンペーン
Logout


noblame.exblog.jp
 
タグ:HM/HR ( 370 ) タグの人気記事
by noblame |
  2012年 11月 11日
Night Ranger - 24 Strings and a Drummer
b0014459_10414472.jpg
Night Rangerの新作DVD+CD、『24 Strings and a Drummer』。いいですねぇ。

最新スタジオアルバムからの"Growing up in California"、再結成して初のアルバムからの "Forever All over Again"も他の名曲劣らず、セットリストに溶け込んでます。その他の曲も長年聴き続けてきたものばかり。これが楽しくないわけがありません。

テクニック的にももちろん満点。やっぱり曲が良いうえに、キャリアに裏打ちされたパフォーマンス、すばらしいです。最高です。

ところで、タイトルの中の "24 Strings"が気になってしょうがありません。なぜ「24」なのでしょうか?

まず最初に思い浮かんだのは

1) ドラマー以外の4人がそれぞれ6-Stringで(4X6 =24)+ a drummerという勘定。しかし、キーボード担当のEric Levy(DVDの方のMCでも触れられていましたが、サングラス+ヒゲ≒Alan Fitzgeraldですね)はギターを弾く様子はありませんでしたから、これはあいませんね。

次は

2) 6-String x 2 + 12-string x 1 = 24 strings。そうすると弦の数はぴったりですし、実際"Let Him Run/Goodbye"ではそういう組み合わせで演奏されてした。(キーボードプレーヤーはやはり除外。でも、ま、それを言ったら、どんな数え方でも弦楽器じゃないキーボーディストはカウントされませんけど。 )この部分の組み合わせを抜き出して、全体のタイトルにしたんですかね。

あまり「ガッテン」とはいきません。本当のところどういう理由なんでしょうか?
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2012-11-11 10:43 | 音楽
  2011年 11月 10日
Kindleが到着したので
はい、到着しました。

ニューKindle。日本時間の10月31日にオーダーをかけて、わずか4日で到着。

さっそく、前モデルとの比較なんぞを。

b0014459_15392911.jpg


パッケージは筐体が小さくなったと言うこともあり、前Kindleよりも一回り小さめ。厚みはだいぶ薄くなりました。

b0014459_15395631.jpg

内容物はKindle、USBケーブル、簡易マニュアルといたってシンプル。この辺りは変わっていません。今モデルからカラーバリエーションがなくなり、暗めのシルバー一色になりました。その色自体は渋くて悪くはないのですが、ケーブルが白なのは今ひとつ。ここら辺にもこだわって欲しいところです。(多分前のモデルでもケーブルは白のみだったのかもしれませんが...)

b0014459_154039100.jpg

サイズはキーボードの分、小さくなりました。スクリーンのサイズは変わりません。

b0014459_1541182.jpg


裏面はこんな感じ。音楽プレーヤーを削ったので、当然ながら丈夫にあったスピーカもなくなってます。ロゴはシンプルに「Kindle」だけとなってます。

実際の使い心地ですが、思ったより悪くはありません。実際にモノを手にする前は、キーボード部分がなくなった分、親指の付け根から手のひらの辺りで、スクリーンを隠しちゃうんじゃないかという心配もありましたが、問題なし。機能を削った分、いっそう軽くなりました。

これからしばらく使ってみて、使用感なども追々書いてみたいと思います。


《Today's Music》
Foreigner / Live ('11)b0014459_15423213.jpg

ForeignerのLive。Blu-ray版です。Blu-Rayになりアメリカと日本のリージョンコードが同じということで、アメリカ産の輸入盤も問題なく再生できるのは便利ですね。なにより安いですし。このディスクもAmazonで1,500円未満。お・買・い・得。
ひとつだけ注意するとすれば、このライブはすでに2〜3年前に別のジャケット、タイトルで発表されているということですか。しかもDVD/Blu-rayの両方で。ただ、曲数はこちらの方が多いみたいですから、今から購入する人は断然こちら。

オリジナルメンバーはMick Jones一人。もうかなりのおじいちゃんですが、渋いですねぇ。60は越えているのでしょうが、ギターをかき鳴らし、キーボードを弾き、いい年の取り方ですね。Lou Grammの後釜に座ったKelly Hansen、僕は好きです。立ち姿はロックミュージシャン然としていてカッコイイし、歌唱も申し分なし。Hurricaneの時よりも渋さが増して、良いです。ルックス的にはちょっとSteven Tylerっぽさもあります。ベースはJeff Pilson。腰を少し落とし、脚を大きく開いてベースをかき鳴らす姿はDokken時代のまま。当然、バックグランド・ボーカルもがんばってます。ドラマーはあのJason Bonham。そして、Tom (Thom) Gimbel。この人、ルックスは普通のおっさんですが、Foreignerには欠かせないユーティリティー・プレーヤーという感じ。ギターだけでなく、コーラス、彼らの曲には欠かせないサックス、そして "Starrider"でのイントロのフルートなど大活躍です。(あと、キーボードの人もいますが、目立たねぇっす)

収録曲は『No End in Sight: The Very Best of Foreigner』に入っていた「新曲」の"Too Late"を除けば、おなじみの名曲が続きます。("Juke Box Hero"の合間にはZepの "Whole Lotta Love"が入ってますが、お父様へのトリビュート?) このグレイテスト・ヒットのライブはForeignerファンにはたまらないでしょう。観ていて、久しぶりにギターが弾きたくなってきました。他にも演ってほしい曲はありますが、キャリアのある人たちですから全部は無理でしょうから、欲張りません。しかし、 "I Want to Know What Love is"はいつ聴いても心が動かされますね。

値段的にも満足なライブ作品です。ただ一つ気になったのは、ドラムの後ろから写しているカメラの映像だけが画質が違うこと。それぞれは一瞬のカットしかないですけど、やたらとクリアな画質なんで、なんだか気になりました。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2011-11-10 15:46 | PC・ネット・スキン関係
  2011年 11月 01日
悩んでるとか言っていたくせに...
b0014459_551280.png


つい先日ですか、Kindle Touchにしようか悩んでいるというようなことを書き、一番下のグレードのKindleは3G回線がないからどうかなぁといっていたいたのは。その舌の根も乾かぬうちに、上の写真からも分かるようにぽちってます。物欲に負けまくりですね。

Kindleで読んでいた作品の続きが読めないのはやっぱ厳しい。PC上ではやはり読めないし。紙媒体の本も読んでいるのですが、それだけでは満足できない体(頭)になっているようです。

アメリカ国外在住なので、広告入りのスクリーンセーバーがついた安いモデルは変えず、$109のモデルの購入と相成りました。S&H込みで$122.98でした。円建てでは9,674円となっています。1ドル78円〜79円の計算となりますね。

S&H込みで10,000円を着る価格は凄いですね。ただMacのPCのようにスペックアップをした上に、値段が安くなるのではなく、機能を必要最低限のものに変更にした上での値下げですから、少々ビミョー。内臓メモリーは前モデルに比べて半分、音楽プレーヤー(これは一回も使ったことはないので、いらない)も削除され、3G機能もカットなしでのこの価格。これだけ削れば、そりゃ安くもなるでしょう。

《Today's Music》
Riverdogs / World Gone Mad ('11)b0014459_5545865.jpg

待ちに待っていたRiverdogsの再結成アルバムやっと入手しました。Melodicrock.com、エラい!

全8曲、40分に満たない作品は今の時代にはかなり短いですよね。でも、良いんです。Rob Lamotheが歌っていていればそれで良いんです。デビューアルバム(と、'01年のRobのソロEP『Brave Enough』にも)に参加していたVivian Campbellもいます。

名盤『Riverdogs』を1990年に出してからもう20年以上。彼らも年齢を重ねていていろいろな事もあったはずですから、あの時代の音楽性を期待するのは無理なのでしょう。この『World Gone Mad』はどちらかというと最近のRobのソロアルバム(とはいっても、一番新しいアルバムが'06年ですから5年前ですけど)に近い作風に仕上がっています。

収録された曲は1stのような「ブルージーさをまぶしたHR」的なかっこよさはありません。もっと土着的というかなんというか乾燥したアメリカの風土が感じられるような(今ではRobはカナダに住んでるようだし、Vivianは北アイルランド出身ですが...)作風です。それでもいいんです、Robが歌っていれば。(しつこい!)

最後にBadfingerの"No Matter What"が入っていますが、有名な曲だし、名曲なのでカバーされる率高いですねぇ。自分の持っているCDコレクションからもぱっとDef Leppard (ここでもVivian登場ですね)、Shaw/Blades、Great White、Lillian Axe、King of Hearts、Jellyfishといった名前が思い浮かびます。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2011-11-01 05:56 |
  2011年 05月 13日
FileMakerもアップグレード
b0014459_23531736.jpg

Snow Leopardにアップグレードしたのにともない、これまで使っていたFileMakerをVer. 8からVer. 11にアップデートしました。

FileMakerはかなり高性能なソフトですが、ほとんど使いこなせていないというのが実情です。MS社のAccessにしろこのFileMakerにしろデータベースは苦手です。関数とかリレーション(これがデータベースの肝なのは分かっていますが)とか今ひとつ苦手です。

Snow Leopardへの移行をためらっていた理由がFileMaker 8が動かなくなるということでした。安価なBentoに乗り換えようかとも考えて、試用版を使ってみたのですが、これまで作り上げてきた所有CDのライブラリが移行できません。私の思ったようなカスタマイズもできませんでした...

ということで、思い切ってFileMakerをアップグレード。これであと数年は大丈夫でしょう。

新しいFileMakerで上記のCDライブラリをいろいろいじっているうちに、アーティスト別に何タイトル所有しているかをカウントする結構大事な情報が抜け落ちていたので、追加しました。ちなみに、一番多くタイトルを所有していたのはThunderでした。まぁ、彼らの作品は安売りの時にシングルを購入したりしているので、必然的に多くなってます。次に来たのがBon Jovi、Mr. Bigという感じでした。

《Today's Music》
Donnie Vie / Extra Strength ('07)b0014459_23561577.jpg

Enuzz Z'nuffのDonnie Vieが彼らの名作『Strength』をセルフカヴァーした作品。ようやく入手できました。パワーポップの躍動感あふれるオリジナルもいいですが、このアコースティックな仕上がりも曲の良さを際だたせています。
 1曲目のカントリー調に仕上げられた"Heaven or Hell"に驚きますが、やはりメロディーの良さは素晴らしい。続く"Missing You"もかなりレイドバックした感じのアコースティックアレンジです。サビの哀メロ度はたまりません。オリジナルアルバムのタイトルトラックの"Strength"はこの作品でもやはり山場の1つです。ピアノをバックに悲しげに歌い上げるヴォーカル、もう涙腺ウルウルです。The Beatlesを一段と思い出させる仕上がりの"Hollywood Ya"も最高。"Baby Loves You"はエレクトリック仕上げでこのアルバムでは異色です。The Beatlesの"In My Life"のカヴァーも収録されていますが、歌い方とかThe Beatles大好きなんだなぁ〜と思わずにはいられません。
 本家のバンドは『Dissonance』を出してからどういう状況になっているのか分かりませんが、これだけのメロディセンスをもったアーティストですから、埋もれさせておくのはもったいないですよね。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2011-05-13 23:57 | PC・ネット・スキン関係
  2010年 10月 08日
RIP Steve Lee
GotthardのVo. Steve Leeが交通事故で亡くなったようです。


Swiss rock star ID'd as victim in I-15 crash


MR.comでも報じられています。

悲しいニュースです。『Need to Believe』も素晴らしいアルバムだったのに...

ご冥福をお祈りします。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2010-10-08 02:04 | 音楽
  2010年 02月 23日
お気に入りだったのに...
すっごく久しぶりにお気に入りの焼鳥屋に行きました。たぶんここ2年くらいはこどもの世話もあって行けていませんでした。

疲れもたまっていたので1時間だけ世話をお願いして、時間をもらって行ってみました。

そこは以前は串ものは3本いくらという値段設定でした。それが3年くらい前に2本単位になりました。1本当たりの単価は3本単位の時よりは少々高くなっていた気もしますが、それでももともと安い方だったのでそれはOKでした。

ところが、今回行ってみると1本単位の注文に変更になってました。値段も単価的にはお得感もない値段でした。さらに、一本の串についている具材も少なくなっていたし、豚バラにいたっては1つおきにタマネギが挟まっていたり(「たまねぎま」かよ!)と、景気が悪いとはいえ、そりゃないでしょ!という状態になっていました。まぁ、オーナーは変わっていないので味はそこそこ良いのですが、こういう状況であればしいて行かなくてもいいかなぁという感じでした。

まぁ、こどもが小さいうちは居酒屋などは行く機会もほとんどないだろうからいいんですけど、お気に入りのお店だっただけにすごく残念!


《Today's Music》
Mr. Big / Back to Budokan: Next Time Around Tour 2009 (DVD) ('09)b0014459_2133018.jpg

ダメダメなWHD Entertainmentの為に、結局Blu-rayではなくDVDを今頃買うことになったMr. Bigのリユニオンツアーの映像版。CDでは当然持っているのですが、ファンとしてはやはり映像も外せません。
内容はCD版も基本的に完全収録なので大差ありません。(ボーナストラックの"Next Time Around"のPVとHard Rock Caféでのアコースティック演奏を除く)わけあって、現在はDVDをじっくりみることの出来ない環境なのでiPod用に変換して眠る際に見ている状態ですが、やはり映像が伴われると、記憶が甦ってきますね。私は福岡のZeppでのライブに参加したのですが、あの感動よ再びという感じです。しかし、さすがに武道館はでかいですねぇ。メンバーまで遠いですよねぇ。自分はZeppではBillyが結構近くで見ることができたので、やはり小さめのZeppは良かったなぁと思います。
DVDだけ購入して音源だけ「ゴニョゴニョ」(自主規制、笑)して聴くという手もありますが、やはりファン/マニアならCDもDVDもゲットすべきでしょう。Ericの年相応に出てきたお腹の感じとかも分かりますよ(笑)
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2010-02-23 21:08 | 食事・お酒
  2010年 02月 03日
やっぱWHDエンターテインメントはダメだ
本日、amazonよりメール。

Mr. Bigの『Back to Budokan』(Blu-ray)が発売中止になったとのこと。これまで延々、発売日を延期しておきながらWHDのHPでは全く何の説明も無し。amazonやその他のショップをチェックすることで発売延期を知る始末。挙げ句の果てには発売中止。以前のエントリーにも似たようなことを書いた気がしますが、もう一度言わせてもらいます。

最悪だよ、この会社。



Wowow、ホリプロ、ディスクガレージという三社が起ち上げた会社らしいけど、ビジネスをなめてるとしか思えません。発売中止だけでも憤慨するのに、それを知るのは発売元からの情報(HP)ではなくて、第三者からってところが最低です。

Mr. BigだけでなくThe Answerのやつも昨年の9月に発売が遅れていますというお知らせがあったっきり。音沙汰無し。HPにも問い合わせのメールすら記載されていないし、この会社はこっち(お客)に顔を向けていないひどい会社だと思います。

最低!


[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2010-02-03 21:47 | 音楽
  2009年 12月 28日
Blu-rayデビュー
Blu-ray/HDDプレーヤーを購入したのが9月末。主にHDD録画機能を大活躍させていました。

もう一つの私にとっての目玉機能であるBlu-rayはというと、眠ったままでした。というのも、どうせなら最初に購入するBlu-rayディスクは大好きなMr. Bigのライブにしようと思っていたから。他に特に買いたいと思う商品もなかったし。(映画のレンタルもあるとは思いますが、HDDにたまったものを見るだけでも精一杯なのでそこまでは手が伸びませんでした)

ところが、延期に延期を重ねてMr. Bigのライブは年明けの発売へ。

それで別のBlu-rayディスク購入に踏み切りました。購入した作品は次の2作品The Rolling Stonesのやつはマーティン・スコセッシが監督をしているということでも話題になっていますね。再生してみると映像は確かにきれい。ただし、通常のDVDとの比較ができないので果たしてこれがBlu-ray効果なのかは分かりません。同じ作品を比べれば画質の違いははっきりわかるのかな?音質に関してはドルビーTrueHDという形式も再生可能なようですが、うちにあるサウンドシステムはHDMI接続ではないので、残念ながらその効用は活かせないようです。

Bon Joviの作品については国内盤も出ていますが、そちらは通常DVD。ところが海外ではBlu-ray盤も出ているようです。それで、最初はAmazonをチェックしたのですが、見ありませんでした。次に探したタワーレコードではヒット。念のためにリージョンの確認をすると、リージョンはAという回答だったので、即オーダー。取り寄せということで10日程かかりましたが、やっと本日到着しました。\(^O^)/ ディスクを確認するとリージョンは"A"ではなくて"All"でした。

今年ももう終わり。

Wish You all a Happy New Year!!

《Today's Music》
Bon Jovi / The Circle ('09)b0014459_1737723.jpg

待ちに待ったBon Joviの新作。正直言って、先行シングルの"We weren't Born to Follow"を最初に聴いたときには、ここ最近の"It's My Life"や "Have a Nice Day"に見られるオープニングの「つかみ」の強力さを感じられませんでした。ところが、アルバムを購入して数回聴くと、いかにもBon Joviらしいポジティブなメロディラインが耳に残り、今ではお気に入り。車に乗ってもこの曲を数回リピートしたりして聴いています。2曲目の"When We were Beautiful"もおおらかな感じが良いですね。次の"Work for the Working Man"は誰しもイントロのベースを聴けば "Livin' on a Prayer"を想起すると思いますが、これもカッコイイ。その次の "Superman Tonight"はBon Jovi印のミディアムテンポソング。ギターソロがお気に入りです。"Bullet"は『Bounce』アルバムに入っていそうな曲ですが、これは個人的には彼らにしてはまぁまぁかなという感じ。"Thorn in My Side"はアルペジオをバックに始まりますが、それからバンドが入ってくるところがクール。これも良い曲ですね。"Live before You Die"はピアノで始まる感動的なバラード。やっぱりすばらしいバラードを書きますよね、このバンド。"Brokenpromiseland"は1ワードで綴ったことにはどんな意味を込めたのでしょうか?気になります。"Love's the Only Rule"も空に駆け抜けるようなメロディラインが秀逸です。最後に収録されている"Learn to Love"は素朴な感じのあるこれまた彼ららしいバラードです。
これだけのキャリアを持つバンドですから、「この曲はあの曲に似ている」とか「〜っぽい」という感想を抱くこともあるかもしれませんが、こちらが彼らに望むような部分を高い水準でクリアしているのは「さすがっ」の一言につきあす。
デラックスエディションだったので、 "When We were Beautiful"のドキュメントDVDもついているのですが、こちらはまだ見ることができていません。(『Live at Madison Square Garden』にも収録されているということをききましたけど...)
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2009-12-28 17:37 | いろいろ
  2009年 11月 13日
購入した本&CD
久しぶりに購入したCD (+ digital)を。
WhitesnakeのS.T.のAnniversary editionは残念ながら売り切れ。今度見つけたときに買います。

ついでに本も数冊。

Kindleなどの電子書籍が話題になってますが、やはり本は紙媒体だよと思っています。音楽もまた然りで、アルバムはCDが当然。それでも、選択の余地がない場合にはダウンロード形式で購入している自分がいます。「データ形式で音楽を買う?(基本的には)そんなこと、ありえませ〜ん」と思っている私でもデジタルで音楽を購入することがあるのですから、数年先には自分もKindleかBarns & Nobleから出ているNook(日本では未発売ですけど、カラー液晶が良いですね)を持っているのかもしれません。

2004年に「iPodの次期モデルは80Gか?」というニュースを読んだ際には「80Gってすごいな、でも必要か!?」なんてブログに書いちゃったりしていますが、今持っているiPod Classicは80G。それも容量一杯で空きが1G程度です。あれから数年経ったらこの有様ですから、数年後にはデジタル書籍リーダーを持っているのはなんとなく避けられない気がしないでもありません。


《Today's Music》
TXS / Transmission X ('09)b0014459_21351100.jpg

Burrn!で紹介されていたメロハー。Amazonには在庫がなかったのでなくなくiTunes Storeで購入。最近は忙しくてCDショップなどを物色することのめっきり減ってしまって、Burrn!がほとんど唯一と言っていいほどの情報源になっています。以前はショップをうろついて、ポップなども参考に購入していたんですけどね。これも輸入盤を扱っているショップなどでは話題になっていたのでしょうか?
 Burrn!のレビューでもかなりの高得点でしたが、その点数に見合うクォリティの高いメロハーアルバムです。デジタルダウンロード購入ということで、バイオやクレジットなどが分からないのですが、レーベルのEscape Musicのバイオによるとノルウェーの4人組でHushに在籍していたようです。このHushの 『If You Smile』は所有しているのでチェックしたのですが、今回のTXSのアルバムにもクレジットされているのはギターのKenneth E Kristiansenだけみたいです。ヴォーカルのDag Aspen Brekkeは男らしい太い声で好みのタイプです。Agent/StrandedのTroy Reidを思い出しました。
 個人的には#1の"Who will You Run to"〜"I am"への躍動感のある流れが秀逸だと思います。"Time to Say Goodbye"で一息ついた後は、これまたイントロから「これ、これ」という感じの"Breathe You out"へと。彼らのバイオによれば以外ではないのでしょうがDef Leppardの『X』アルバム収録の"Unbelievable"もカヴァーしています。ミドルテンポの"Kicking Leafs"も美しいメロディラインを奏でています。続く"Rat Trap"は毛色の違うブルージーな仕上がりです。ラストを飾る"Stay"ももの悲しさをたたえるすばらしいメロディが聴けるバラード。これも最高。
 iTSでは「売り切れ」もなく入手できるので、デジタルでも気にならない人はそれで購入してもいいと思います。(私は満足できませんが、背に腹は代えられずということでデジタル購入に踏み切りました。)メロハー好きなら満足のいくアルバムだと思います。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2009-11-13 21:08 | 音楽
  2009年 10月 27日
Mr. BigのBlu-rayは?
Mr. Bigの『Back to Budokan』のBlu-rayはいったいどうなっているのでしょう?

発売が9月から11月に延期になったのは知ってますが、それ以降の情報が入ってきません。発売元であるWHD EntertainmentのHPにも全く記載がありません。(ところで、このWHD Entertainmentという会社は大丈夫なんでしょうか?Mr. Bigに関する情報の更新もありませんし、だいぶ前から告知されているThe Answerのライヴアルバムについても9月末に延期になったので、用意が整い次第知らせるというようなことが書いていますが、それっきり...)

Mr. Bigに話を戻すと、AmazonではBlu-rayのやつは引っかかってきませんし、いくつか他のショッピングサイトでみても発売日は11月1日、11月4日、11月10日だったりバラバラ。本当に発売になるのでしょうか?「諸処の事情によりBlu-rayの発売はなくなりました」、なんてことはありませんよね。

《Today's Music》
Thunder / A Bit of Rough: Live in Japan Vol.1 & 2b0014459_2217095.jpg

残念ながら活動を終える(終えた?)Thunderの今年4月の日本公演(18日&19日)のライブ。私は未聴ですが、伊藤正則さんのラジオでオンエアされた生々しい音源のもとになったやつだそうです。6月にThunderのサイトからのメールを受け取り早速購入しました。本来ならCDというハードで持っていたい派ですが、残念ながら今回の2つのショウはダウンロード販売でした。それと完全収録じゃないのも残念。

肝心の音のほうですが、悪い意味ではなく「いつも」のThunderのライブです。プロフェッショナルな演奏、張りのあるDannyの声、耳に残る楽曲。「良いバンドだったなぁ」と思います。

どちらかというと私的にはVol. 2が好み。というのはVol. 2はイントロに続くオープニングが"Welcome to the Party"だから。(ちなみにVol. 1は "Loser"。あまりオープニングにはふさわしくない気がします)。あと"Higher Ground"や"I'm Dreaming Again"といったお気に入りが収録されているのもポイントです。

タイトルにかけたジャケットデザインもしゃれが効いてます。

現在のレートでも2枚で2,000円ちょっとなので、お買い得と言えばお買い得だと思います。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2009-10-27 22:20 | 音楽