「ほっ」と。キャンペーン
Logout


noblame.exblog.jp
 
<   2012年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
by noblame |
  2012年 11月 25日
今年の私はちょっと違う
毎年恒例の人間ドック、行ってきました。

今年は例年の私とはちょっと違う。

なんと、ドック1ヶ月前ほどから全くアルコールを摂取していません。

「禁酒しなきゃ」という大それた物ではなく、かぜを引いたのがきっかけ。かぜ薬を飲むので当然アルコールは御法度。4〜5日でかぜは直ったのですが、ふと「このままお酒飲まなくてもやってけるかな?」と思ったのです。

これまではそんなこと考えたこともなかったし、まず最初に「無理、無理」って思ってました。仕事終わって家で飲むビールとか最高ですからね。

それが今回はそんなこともなく自然とアルコール断ちできました。まぁ、「酒飲んだら死ぬぞ」という程肝臓も悪くないし、痛風でもないし、「やめたい」と思っているわけでもないので、そのうち飲み始めるんでしょうけど、それは別に構いません。

そういう感じで体からアルコールが消えた状態での初めての人間ドックでした。わずか1ヶ月ですけど、何か変わるんでしょうか?

結論。

わずか1ヶ月ですけどそれなりの効果はあるみたい。

酒飲みなら気になるγ-GTP。昨年の値より30ほど低くなってました。50以下が基準値のようですが、そこにだいぶ近づき56になってました。ZTTもかなり正常(基準値2〜12のところで12.5)に近づきました。ALP(GPT)も正常値に。

体重や中性脂肪も減ってはいますが、それはたいした減少ではない感じ。わずか1ヶ月ですからそこまで多くは望みません。これはやっぱり運動したりして地道に努力するしかないかな、と思います。

ドック前は「人間ドック終わったらお酒、解禁、解禁!」とビールやワインを飲もうと思っていましたが、改善傾向が数字となって見えると、そういう気分にもあまりなりません。

完全禁酒する気はありませんけど、これをきっかけに基本的にはお酒は飲まない人間になろうかしら?
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2012-11-25 19:54 | いろいろ
  2012年 11月 11日
Night Ranger - 24 Strings and a Drummer
b0014459_10414472.jpg
Night Rangerの新作DVD+CD、『24 Strings and a Drummer』。いいですねぇ。

最新スタジオアルバムからの"Growing up in California"、再結成して初のアルバムからの "Forever All over Again"も他の名曲劣らず、セットリストに溶け込んでます。その他の曲も長年聴き続けてきたものばかり。これが楽しくないわけがありません。

テクニック的にももちろん満点。やっぱり曲が良いうえに、キャリアに裏打ちされたパフォーマンス、すばらしいです。最高です。

ところで、タイトルの中の "24 Strings"が気になってしょうがありません。なぜ「24」なのでしょうか?

まず最初に思い浮かんだのは

1) ドラマー以外の4人がそれぞれ6-Stringで(4X6 =24)+ a drummerという勘定。しかし、キーボード担当のEric Levy(DVDの方のMCでも触れられていましたが、サングラス+ヒゲ≒Alan Fitzgeraldですね)はギターを弾く様子はありませんでしたから、これはあいませんね。

次は

2) 6-String x 2 + 12-string x 1 = 24 strings。そうすると弦の数はぴったりですし、実際"Let Him Run/Goodbye"ではそういう組み合わせで演奏されてした。(キーボードプレーヤーはやはり除外。でも、ま、それを言ったら、どんな数え方でも弦楽器じゃないキーボーディストはカウントされませんけど。 )この部分の組み合わせを抜き出して、全体のタイトルにしたんですかね。

あまり「ガッテン」とはいきません。本当のところどういう理由なんでしょうか?
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2012-11-11 10:43 | 音楽