Logout


noblame.exblog.jp
 
<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
by noblame |
  2011年 01月 25日
Connelly の 『The Reversal』
Kindleを入手してから「購入」(著作権フリーを除く)した作品は
  • Stieg Larsson / The Girl with the Dragon Tatoo
  • Stieg Larsson / The Girl who Played with Fire
  • Stieg Larsson / The Girl who Kicked the Hornet's Nest
  • Lisa Gardner / Say Goodbye
  • Michael Connelly / The Reversal (Kindle Enhanced Edition)
  • Jeffery Deaver / The Burning Wire
  • Carol O'Connell / Mallory's Oracle

b0014459_673670.gif一番最近に読了した作品はMichael Connellyの『The Reversal』。

彼の主要なキャラクターの一人であるMickey HallerとConnellyのメインシリーズであるHarry Boschが一緒に活躍する作品がこの『The Reversal』。Mickey HallerとHarry Boschが一つのチームとしてある犯人を追い詰めていくというストーリーです。

個人的な評価としては残念ながらMichael Connellyにしてはイマイチ。



以下、ネタバレの可能性あり。注意!













このエピソードは作品のプロットにどういう関係があるのか、と感じてしまうこともいくつかあります。例えば、Harryの娘がHarryの会話のグラマーをチェックする場面があるのですが、わざわざ必要か?と思います。作品にとってはあまり意味がないように思います。

他にはこれって、ミステリー物では致命的だとは思いますが、最も気に入らないのはエンディング。こういうオープン・エンディングって、「娯楽」であるミステリー物には向かないのでは?やはり「気楽」に楽しむためにも終わりはやっぱりなんらかの形のあるものがいいとは思います。すっきりしないのはどうもすわりが良くありません。
私が購入したKindleのenhanced editionはiPadとかiPod/Touchなどに対応して組み込まれているビデオコンテンツがいくつかあるのですが(Kindleでは使えないって、AmazonでKindle editionとして売っているのに、どうなんだろう?とは思うけど)、最後の方にもそれが組み込まれていて、そこにオチがあるのかと不安になっちゃいました。結局はそういうことはなかったんで良かったんですけど、でもやっぱりこの終わり方はよくありません。それとも、HarryのJessupの追跡劇を描く作品を次に書くつもりなのでしょうか?
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2011-01-25 06:12 |
  2011年 01月 20日
Kindleの修理・保証 その6
電話でのやりとりを終えた後、米Amazonからmailがきて、Kindleは2台とも出荷プロセスに入っているので、キャンセルはできない。それで、Kindle 2の方は受け取り拒否をするようにとの指示がありました。

その後、17日には宅配便で2つのパッケージが届きました。相変わらず早いですね。

ところが、送付されてきたそれぞれの荷物に貼られている出荷表にはOrder Numberがありません。外見からだけではどちらがKindle 3GでどちらがKindle 2なのかは簡単に判別ができませんでした。宅配のドライバーの方とどうしようかと考え、最初はパッケージの重さで判別することにしました。KIndle 2は3Gと比べると重さがあるので、持った感じでの重さで判断しようということです。何となく重さは違う気はするのですが、判然とはしませんでした。それでパッケージをよく見ると "order placed"の部分に日付がそれぞれ"Jan 13"と "Jan 14"と小さく書かれていて、それで判別をすることができました。たまたまそれぞれの発送時期が違っていたから判ったものの、そうじゃなければかなり困ったことになったと思います。もうちょっとわかりやすいようになっていれば良いなぁと思います。

まぁ、すったもんだがありましたが、ようやく交換する商品が届きました。

あとは手元にあるやつを返送すれば手続き終了です。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2011-01-20 06:09 | PC・ネット・スキン関係
  2011年 01月 19日
Kindleの修理・保証 その5
事から帰り、早速米Amazonとの電話のやりとり開始。

手続きのミスの訂正というややこしい問題をやりとりするのに加えて、今回電話をかけてきた相手はインド系のアクセントの強い人でした。こちらの電話のボリュームが上がらないという問題も加わって、お互いのコミュニケーションがまったくうまくいきません。こちらは数時間前の電話のやりとりの内容を伝え、オーダーが間違っているからどうにかしてくれと伝えました。それは通じるのですが、その次のステップに進むと相手の言っていることが非常に不鮮明でわからなくなります。これにはまぁ、こちらの英語力の不足もあるのですが...

どこにも進まないやりとりが10分程度過ぎたとき、相手もしびれをきらしたのか、トラブル対応の部署に代わるから待ってて、ということで電話が別の担当者にまわされました。

幸運なことに今度の担当者は非常に聞きやすい英語でした。そこで最初っから状況を説明。
"I've got a problem with my Kindle. As I mailed you, there's rattling sound inside the case. Also, I often have to reboot it when I turn it on. So I asked you a replacement a few weeks ago. But I was told to wait because it was out of stock for international shipment. So I asked you to start processing my request a few hours ago. However, when I checked on my account, it says I've ordered two Kindles. One of which is Kindle 3G, which is supposed to be my replacement, but the other one is Kindle 2, and I have no reason to order an older model. So please cancel it and do not bill me for this."
という具合に、まず最初に自分の主張を伝えました。最初にこういう感じで言うべきことを言っちゃった方が交渉はスムーズに進むと思います。
b0014459_6483472.jpg


向こうからの確認も含めて、お互いの言っていることは通じていたと思うのですが、その内容を相手がコンピュータで確認したりしていて、これが結構時間がかかりました。最初のやりとりを含めるとトータルでは40分程度は電話をしてましたね。あ〜、疲れた。

続く...
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2011-01-19 06:49 | PC・ネット・スキン関係
  2011年 01月 18日
Kindleの修理・保証 その4
前回の電話ですべてがうまくいく予定であったKindleの修理・保証。

米Amazonとの電話から数時間後に自分のアカウントを念のために見てみると、信じられない光景が!(TVだとここでCMですね)

交換してもらうことになっているKindle 3G+Wi-Fがアカウントに出ているのはいいのですが、それにiに加えなぜかもう1台のKindleがオーダーされていることになっています。しかもそれはKindle 2。現在のモデルと比較して、値段は高い、大きい、反応も遅いという、在庫が残っているだけなんじゃない、と思われるモデルを注文するわけがありません。電話でのやりとりの中でも私は決してオーダーの追加なんかお願いもしていないし、"Kindle 2"なんて思いつきもしなかったし、当然一言も口に出していないんで、あっちの担当者が"small talk"を連発しながらミスをしたとしか考えられません。

ということで、また電話で面倒臭いやりとりをしなくてはいけなくなりました。電話に先駆けて、とりあえずHPを通して状況のメールを一本打っておいてから、「戦闘開始」です。あ゛〜、腹立つ!

つづく...
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2011-01-18 01:52 | PC・ネット・スキン関係
  2011年 01月 17日
Kindleの修理・保証 その3
12月末には入荷まで7〜8週間かかることになっていたアメリカ国外出荷用のKindle、先日(1月10日過ぎ)やっと"In Stock"となりました。

朝早く目覚めて、HPをチェックすると待望の"In Stock"の緑色の文字があるじゃないですか。やっとです。

早速HPから自宅に電話をかけるようにしてもらい、手続き開始。

まぁ電話対応もなんとかスムーズにすすみ15分程度で完了し、交換してもらうことになりました。

関税の件もあって、こういう感じで交換する際には、最初の購入代金を「返金」して、再度新しいやつに課金するという形にするらしいです。

ところで、今回対応したカスタマーサービスの人は典型的なアメリカ人というか、非常にフレンドリーというか、日本のそれとは違いました。日本だと余計なことは話さずにちゃっ、ちゃっと手続きを進めていくことを求めるような感じがしますが、今回のAmazonの人はこちらの申し出をパソコンに打ち込んだり、前回までの電話の内容を確認しながら、「そっちの天気はどうだい?」とか「僕は以前韓国にいて、福岡や東京にもよくいったもんだよ」とか、いわゆる "small talk"を連発。こういうところは日本とは違いますねぇ。

これですべてうまくいくと思っていたのですが、それが...

続く...
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2011-01-17 06:32 | PC・ネット・スキン関係
  2011年 01月 16日
Kindleの修理・保証 その2
仕事から戻って、HPで所定の手続きを経て自宅へ電話をかけてもらいました。

うちの電話、もともと音量が小さくて、日本語でも聞き取りにくいことがあるのに、今回は国際電話でしかも英語。

まぁ〜、聞き取りづらかったです。

さらに、たぶん電話の応対をしてくれた人はアメリカの人ではないような感じでした。「典型的」なアメリカ人の発音でもないし、使用するボキャブラリーもちょっと違ってました。そこでちょっと身構えましたが、なんとか乗り切りました。

で、どういう対応になったかというと、保証期間内なので"refurbish" (修理)か "replacement" (取り替え)を選んでいい、ということになりました。せっかくなので、"replacement"してもらうことにしたのですが、当時はクリスマス商戦まっただ中。取り替えをするための在庫がないので、ネットをチェックして在庫が入ったらまた電話して手続きを続けるようにとの指示。まぁ、いまのところKindleには問題はないし、別に待つことは構わないので問題なし。

アメリカ国内向けのストックはあるのですが、アメリカ国外向けへのKindleは在庫がありませんでした。当時の状況だと出荷まで7〜8週間待ちでした。

続く...
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2011-01-16 01:17 | PC・ネット・スキン関係
  2011年 01月 15日
Kindleの修理・保証 その1
昨年のことになりますが、米AmazonのKindleのカスタマーサービスに問い合わせをしました。

というのも、先日Kindleで読書をしているときにKindle内部から底部のMini USBのポート(もしくはオーディオジャック)を通って小さなねじが落ちてくるという事態に遭遇したから。

これにはちゃんと予兆がありました。Kindleを入手して、しばらくすると内部に何か小さな欠片のようなものがあるようで、「カラカラ」と音を立てるようになっていました。プラスチックの欠片かもと思いながらも、壊れたり、調子が悪くなったら考えようと放っておいたんです。それが数週間たって「ご出産」とあいなりました。さすがにねじが本体内部からでてくるとそのままにして置くわけにはいきません。

それで上記の米Amazonカスタマーサービスへ問い合わせ。日本語表示に対応したとはいえ、Kindleは米Amazonでの販売。当然、カスタマーサービスも英語になりますね。まずはサポートページからメールで問い合わせ。

数時間後にはサービスセンターから以下の様な返信。

Hello,

I'm so sorry to hear about the problem you're experiencing with your Kindle. Please give us a call so we can try some real-time troubleshooting and see if you need a replacement.

You can reach us by phone directly and toll free from many countries by clicking the Contact Us option in the right-hand column of our Kindle Support pages at:

http://www.amazon.com/kindlesupport

When you visit our website and select Contact Us, click on the "Phone" tab, select country as ''Japan'' then enter your number in the pop-up window. Choose the most convenient time from the options available, click "Submit," and we’ll call you right back.

Contacting us through the website allows you to verify security before a call is placed and ensures we have your account information ready when we call you. If your country isn’t listed or you’re unable to take advantage of the Contact Us feature, you can call us directly at 1-866-321-8851 or 1-206-266-0927 if you're calling from outside the U.S.

We hope you can call us soon so we can help solve this problem quickly.


いろいろ書いてありますが、結局はメールではなく、電話で対応しますよ、ってこと。

電話嫌いの私にはすごく面倒くせー。

続く...
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2011-01-15 06:30 | PC・ネット・スキン関係