「ほっ」と。キャンペーン
Logout


noblame.exblog.jp
 
<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
by noblame |
  2009年 10月 27日
Mr. BigのBlu-rayは?
Mr. Bigの『Back to Budokan』のBlu-rayはいったいどうなっているのでしょう?

発売が9月から11月に延期になったのは知ってますが、それ以降の情報が入ってきません。発売元であるWHD EntertainmentのHPにも全く記載がありません。(ところで、このWHD Entertainmentという会社は大丈夫なんでしょうか?Mr. Bigに関する情報の更新もありませんし、だいぶ前から告知されているThe Answerのライヴアルバムについても9月末に延期になったので、用意が整い次第知らせるというようなことが書いていますが、それっきり...)

Mr. Bigに話を戻すと、AmazonではBlu-rayのやつは引っかかってきませんし、いくつか他のショッピングサイトでみても発売日は11月1日、11月4日、11月10日だったりバラバラ。本当に発売になるのでしょうか?「諸処の事情によりBlu-rayの発売はなくなりました」、なんてことはありませんよね。

《Today's Music》
Thunder / A Bit of Rough: Live in Japan Vol.1 & 2b0014459_2217095.jpg

残念ながら活動を終える(終えた?)Thunderの今年4月の日本公演(18日&19日)のライブ。私は未聴ですが、伊藤正則さんのラジオでオンエアされた生々しい音源のもとになったやつだそうです。6月にThunderのサイトからのメールを受け取り早速購入しました。本来ならCDというハードで持っていたい派ですが、残念ながら今回の2つのショウはダウンロード販売でした。それと完全収録じゃないのも残念。

肝心の音のほうですが、悪い意味ではなく「いつも」のThunderのライブです。プロフェッショナルな演奏、張りのあるDannyの声、耳に残る楽曲。「良いバンドだったなぁ」と思います。

どちらかというと私的にはVol. 2が好み。というのはVol. 2はイントロに続くオープニングが"Welcome to the Party"だから。(ちなみにVol. 1は "Loser"。あまりオープニングにはふさわしくない気がします)。あと"Higher Ground"や"I'm Dreaming Again"といったお気に入りが収録されているのもポイントです。

タイトルにかけたジャケットデザインもしゃれが効いてます。

現在のレートでも2枚で2,000円ちょっとなので、お買い得と言えばお買い得だと思います。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2009-10-27 22:20 | 音楽
  2009年 10月 03日
DIGA導入その後
B-CASカード
ウチではCSのスカパー!e2と契約しているのですが、その番組を録画するためにはこれまでAquosに挿していたB-CASカードをレコーダー側に挿さなければいけません。ということで、CSを見るにはレコーダーも起ち上げなければならないのがちょっと面倒くさい。


リモコン
DIGAのレコーダーにする際に悩んだのが、リモコンの問題。PanasonicとSharpの互換性がどれくらいあるのか分からなかったんです。現在でもテレビのリモコン、DVDプレーヤーのリモコン(これはリージョン・フリーのタイプなのでBDプレーヤー購入後でも必要)、サラウンドシステムのリモコンと3つがテーブルやソファの上に散らばっているので、正直あと1つ増えるのはやっかいだなぁと思ってました。テレビの電源とレコーダーを別々のリモコンが必要になるのがなぁということです。でも、DIGAのリモコンの設定でAquosの電源On/Off、音量操作、入力切り替えは出来るのでそれはクリアーできました。(リモコンの数は増えるのはどうしようもないですけどね)


チューナー
これはうちだけなのかな?アナログ放送の感度がDIGA経由だとすごく悪くなります。これまでのAquosでは普通に見ることの出来ていたアナログチャンネルの映像が荒れてしまって視聴不可になってます。うちの場合、理由はわかりませんが、以前から地デジのある特定のチャンネルだけ感度が悪いので、そのチャンネルを見るにはアナログで見なければいけません。(こういうことができるのもあとわずかですが、完全移行になったらどうしましょう?)そういうこともあって、急にアナログ放送を見たいなと思うときに一手間かかるのがちょっと嫌。


電源
電源が入るのに結構時間がかかりすぎます。これは残念。クイックスタートの設定にすればいいのは分かりますが、まぁ待機電力もバカにならないのでこのままで行きます。


番組表
Aquosの場合、番組表は時間が横軸、チャンネルが縦軸なのですが、DIGAのそれは逆。慣れの問題かもしれませんが、僕はAquosの方がすき。それと、時間による番組の幅が一定じゃない。例えば1時間の枠に50分と10分の番組があるときに、50分の方が表示エリアが小さくて、10分の方が大きかったりします。これは何なんでしょう?あと、今見たい番組を番組表から選んで「決定」ボタンを押すとすぐそのチャンネルに移ってほしいかな。「決定」ボタンを押すと、「予約する」という選択ボタンに行くのがいや。「決定」ボタンの後はすぐそのチャンネルに移動するか、せめて「今すぐ見る」という選択ボタンに移って欲しいです。「決定」した後に、さらに1ステップ踏んで「今すぐ見る」に移動しなきゃならないのは?です。広告が入るのも意味不明。フリーウェアを使っている訳じゃないのに...文句ばっかりですが、左上に小さな画面が出て、これまで見ていたチャンネルをチェックしながら番組表を見られるのはグッド。


《Today's Music》
Mr. Big / Back to Budokan: Next Time Around 2009 Tour ('09)b0014459_7223949.jpg

再結成Mr. Bigのジャパン・ツアーの武道館公演のコンプリート収録盤。私は福岡のZeppに参戦したのですが、そこでやらなかった"Shy Boy"が収録されています。(でも福岡のZeppでやった"Blame it on My Youth"は演奏されていなかったようです)。
セットリストには大きな違いはないので、このアルバムを聴きながら自分が見た公演を思い出しています。
1曲目の"Daddy, Brother, Lover, Little Boy"でアルバムと同じように大爆発でしたね。そしてシンプルながらも耳に残るリズムの"Take Cover"、"Green-Tinted Sixties Mind"とヒット曲がのっけから炸裂します。ちょっとしたアドリブに続き"Alive and Kickin'"へ。そして再結成に伴い発売されたベスト盤収録の「新曲」2曲。私はベスト盤の購入はしないで、iTSでこの2曲を購入していたのですが、今回のライブアルバムにもまた収録されています。この曲目当てでベスト盤を購入した人の多くはこのライブアルバムも購入すると思いますが、なんだか損した気分がします。
その2曲の後には美しいバラード "Just Take My Heart"。実際のライブでもハーモニーの美しさに知らない曲にもかかわらず圧倒されたThree Dog Nightのカヴァー"It's for You"はこのアルバムでもお気に入り。その後はインストルメンタルのテクニシャンぶりを発揮する"Mars"へと続きます。Patdのドラムソロは以前のような"ドコドコドコ、♪Yesterday〜♪、ドコドコドコ"という感じではなく、"ドコドコドコ"しながら♪"the Long and Winding Road〜♪"と歌っています。
アコースティックセットは"Wild World"、"Goin' where the Wind Blows"、"Take a Walk" (途中まで)。その後のPaulのソロ、Paul&Billyのソロは聴いていて楽しいのですが、EricとPatが「カポ役」で加わった部分は映像があった方がより楽しめますね。"Promise Her the Moon"は福岡ではBilly側だったというのもあるのかもしれませんが、彼の奏でるフットシンセがうるさすぎる嫌いがありましたが、このアルバムでは適当なミックスで良いですね。その後はBillyのソロも含めて怒濤の展開。盛り上がらずにはいられないセットです。しかも楽器を交代した"Smoke on the Water"まで収録してくれたのはすごくありがたいです。こういう"fun"的な要素はライブアルバムになるとカットされることもありますからね。ソロアルバムでも歌ってますが、Billyの歌も堂に入ってますね。
スタジオ曲2曲、各々ののソロなども含めると全32曲のすごいボリュームになりますが、Mr. Bigのファンなら文句なく楽しめますよね。ライブに実際に行ったのならなおさらです。これからニューアルバムが出てくるのかは分かりませんが、ぜひ出して欲しいのが率直な気持ちです。
あとDVDも発売になっていますが、これはBlu-Ray/HDDプレーヤーを買ったのでBD版を待ちます。(っていつ出るのかな?)
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2009-10-03 07:23 | いろいろ