Logout


noblame.exblog.jp
 
<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
by noblame |
  2008年 09月 25日
電化製品購入祭
なんだか今年は電化製品購入祭りの様相を呈しています。大型(サイズもしくは金額)のものにしぼっても
  • 大型液晶テレビ
  • デジタルカメラ
  • デジタルビデオカメラ
  • 温水洗浄便座
さらに先週末、7年近く使っていた洗濯機もお陀仏に...冬にもなっていないのに懐がぐっと寒くなりました。(T.T)

《Today's Music》
AC/DC / Dirty Deeds Done Dirt Cheap ('76)b0014459_22481926.jpg

なんだか最近はメロハーよりもスラッシュだったり、こういうシンプルなロックンロールを聴くことが多くなっています。
 このアルバムではやはりタイトルトラックであり、オープニングをかざる"Dirty Deeds Done Dirt Cheap"に尽きます。つい口ずさんでしまう「ポップさ」もあり、彼らお得意の縦ノリでしっかりとしたロックソングは最高です。これをライブで聴けたら最高だろうなぁと思います。
 それ以外にもStatus Quo(このバンドも好きなんですが)を思わせるようなブギーの"Love at First Feel"、ロカビリーな"Rocker"、シンプルなリフながらキレの良さが絶品の"Problem Child"、この曲に限ったことではありませんが、「どこかで聴いたことあるなぁ」と思わせながらも、AC/DC印がはっきりと見える"There's gonna be some Rockin' (Waiting Round to be a Millionaire)"、AC/DCという「ブランド」からすると異色なスローな横揺れタイプ"Ride on"とかいい曲が入ってます。
 私がAC/DCに初めて出会った頃にはすでにヴォーカルはBon Scottではありませんでしたし、こうして彼の歌っているアルバムをじっくりと聴くようになったのもわりと最近のことです。「ギャー、ギャーわめくタイプ」(けなしているわけではありません、もちろん)のBrian Johnsonもいいのですが、Bon Scottのヴォーカルも味があっていいなぁと思います。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2008-09-25 22:50 | いろいろ
  2008年 09月 11日
The Beatles Meets Metallica. . .
昨日購入してきました。
  • Beatallica / Sgt. Hetfield's Motorbreath Pub Band ('07)


《Today's Music》
Beatallica / Sgt. Hetfield's Motorbreath Pub Band ('07)b0014459_21384979.jpg

結構話題になっている"The Beatles Meets Metallica"のバンドのアルバム。これは笑えます。あの美しいメロディを奏でるThe Beatlesの楽曲がここまでMetallicaになるのかと思います。Vo.の声もJames Hetfieldに似ているし。バックを努める楽器隊もしっかりとエッジを効かせながらも、The Beatlesの楽曲をメタリックに仕上げています。
 オープニングの"Sgt. Hetfield's Motorbreath Pub Band"の曲名からして笑わせてくれますが、曲はカッコイイ。"Anesthesia (I'm only Sleeping)"なんかもあのベース・ソロが突如The Beatlesに。笑うしかありません。他の曲もうまくアレンジされていて、ミュージシャン/アレンジャーとしての能力も凄いなぁと思います。
 私はThe Beatlesも大好きですし、Metallicaも大ファンとは言えなくても、「好き」とは言えるバンドなので、楽しめるアルバムです。両バンドを知っていてはじめて楽しめる作品だと思いますので、この両バンドにひっかかりのある人は是非ご一聴を!
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2008-09-11 21:39 | 音楽
  2008年 09月 06日
この表現はどうなんでしょ?
職場にも数台Vaioがあるので、Sonyのリコールのページを見ていました。そこの「ご留意いただきたい点」という項目に以下のような文章がありました。
対象製品を無償にて点検・修理するためにお預かりさせていただきますので、ハードディスクドライブなどに蓄積しているデータなどは、お客様側でバックアップを取りお手元に保管していただきたくお願いいたします。対象製品をお預かりしている間に万が一データなどが消失したとしても、その責任は負いかねますのでご了承いただきたくお願いいたします。
「対象製品を無償にて点検・修理するためにお預かりさせていただきますので(中略)データなどが消失したとしても、その責任は負いかねます」という表記にかちんときました。「無償でやってあげるんだから、データの消失までは責任は持てませんよ」という意味ですよね。PCの修理にはデータの消失の可能性があるのは分かります。しかし、こういう表現はどんなもんでしょう?今回はユーザーのミスとか、部品の疲労などが起因となる修理ではないですよね。あくまでSony側の問題だと思うんですけど...バックアップまでそっちがやってくれとは言いませんが(本来ならそっちのミスなんだから、責任もってよとは思いますが)、もうひとつ表現の仕方に納得がいきません。

《Today's Music》
Exodus / Impact is Imminent ('90)b0014459_2255183.jpg

前回に引き続きスラッシュメタルです。このblogではあまり考えられないことですけど...
このExodusについては名前だけ知っていて今回が初の経験です。前回のTestamentに比べるとメロディアスという点では劣っていますが、あくまでもこれはスラッシュメタル。求める点はそこじゃありませんよね。(まぁ、私的にはある程度メロディアスだと嬉しいのですが)
 第一印象はギターの音圧が凄い、ということですか。ザク、ザクとリフが刻まれていくのは圧巻ですね。ベースがほとんど聞こえません!でも、こういう「極端」な作りも「どスラッシュ」を聴きたい最近の私にはOK。ヴォーカルはTestamentほどは歌えていないということは、個人的にはマイナスですが、そんなこたぁ関係ありませんよね。この攻撃的なリフの波がたまらなく心地良いんですからね。
 しかし、あれだけ「スラッシュメタルなんて、音楽じゃないし...」と思っていた以前の私からは、自分のことながら驚きです。あくまで主食はメロディアスなロックなのですが、こういう刺激もたまりません。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2008-09-06 22:58 | PC・ネット・スキン関係
  2008年 09月 04日
これだけ購入しているのに...
長女が生まれて1ヶ月、奥様は毎晩睡眠時間を削り、おっぱいをあげてます。お母さんは大変です。

ここ1〜2ヶ月で購入したCD/DVDは
  • Dan Baird & Homemade Sin / Dan Baird & Homemade Sin
  • AC/DC /Highway to Hell
  • AC/DC / If You Want Blood You've Got it
  • Brother Firetribe / Heartful of Fire
  • Bryan Adams / 11
  • Buddy Holly / From the Original Master Tapes
  • David Bowie / The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars
  • Elevener / When Kaleidoscopes Collide
  • Exodus / Impact is Imminent
  • Extreme / Saudades de Rock
  • Grim Reaper / See You in Hell/Fear No Evil (2 in 1)
  • Izzy Stradlin / Concrete (iTS)
  • Testament / Practice what You Preach
  • Uli Jon Roth / Under a Dark Sky
  • Married with Children: Complete Ninth Season (DVD)
これだけのものを購入したわけですが、全然聴く時間がありません。仕事もすっごく忙しくなっているというのもありますし、家に帰ってからは赤ちゃんと遊んだりしていると、あっという間に就寝時間です。さすがに寝ている赤ちゃんのそばで音楽を聴くわけにもいかないし。まぁ、贅沢な悩みですね。(^_^)

《Today's Music》
Testament / Practice What You Preach ('89)b0014459_2332079.jpg

ここしばらくオールド・スクールのスラッシュ・メタルがなんだかとても聴きたい衝動に駆られて、上にあるExodusとともに購入したCD。いわゆるスラッシュ四天王のうちMetallica、Megadeth、Anthraxはだいぶ遅れて('90年代の後半あたりかな?)ではありますが、聴くようになったのですが、それ以外のバンドも聴きたくなったという感じです。(Slayerはとりあえず2〜3枚聴いてはみたのですが、自分には少し禍々しすぎて合いません)
 この『Practice what You Preach』ですが、発売された当時にもレンタルして聴いた覚えがあります。ただ、その時は「お気に召さず」ということでした。まぁ、 Testamentだけじゃなくスラッシュ・メタルが好きではなかったからなんですが...
 時間は流れて、当時のスラッシュ・メタルよりもさらにヘヴィな音楽が氾濫している状況で免疫もついたのか、Metallicaの1st、2ndから始まってこれらの「オールド・スクール」のスラッシュ・メタルが「かっこいい」と思えるようになりました。ダミ声、吐き捨て型ヴォーカルも今日のヘヴィな音楽のヴォーカルに比べれば、断然聞きやすいし、「歌っている」と思います。
 で、今回取り上げたこのアルバムですが、今聴くと素直にかっこいいと思える作品です。以前なら拒否したであろうヴォーカルも、メロディアスとまではいかなくても、しっかりと「歌って」いるし。バックの演奏も「うるさすぎる」こともないし、やたらと「ヘヴィ過ぎる」こともなく、純粋にHMとして楽しめます。Alex Skolnickのギターワークも初めてじっくりと聴きましたが、巷で言われているように流麗なプレイにはため息がでます。
 今更ですが、「いや〜、スラッシュ・メタルっていいですね」
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2008-09-04 23:06 | 音楽