「ほっ」と。キャンペーン
Logout


noblame.exblog.jp
 
<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
by noblame |
  2006年 09月 25日
スパム対策設定
ここしばらく当ブログでのTB、コメントのスパムについての設定がころころ変わってます。

まず、最初は当ブログのアドレスの書かれていないTBを拒否する設定にしていました。この設定は個人的にはあまり好きなやり方ではありません。これではTBをしていただく方が面倒です。しかし、あまりにスパムが酷かったのでしょうがありませんでした。

しばらくすると、「半角英数字のみのコメント・トラックバックを拒否する」という設定もエキサイトで可能になりました。私の場合、これまでコメントへのスパムはほとんどなかったので、勝手に勘違いをしてこの設定がトラックバックのみに対する拒否設定だと思いこんでいました。それで、その設定をして最初の設定(当方のブログのアドレスがなければTBを受け付けないというやつ)をはずして、左のメニューにその旨記載しました。たまに海外からのコメントもあったので、英語でも同様の記載をしました。この表現、通じますか?←やっぱ必要ないだろうということで消去。
しかし、昨日設定を確認すると、実際はTBだけでなくコメントも半角英数字のみの場合は受け付けないということに気がつきました。それで、結局、最初の設定(当方のブログのアドレスがなければTBを受け付けない)に戻しました。海外からのTBはこれまでないので、消去法でその設定になりました。ご了承ください。さすがに日本語で書いているこのブログに英語でのTBはないはずですけど。

いくつかのほかのブログで見られるコメントやTBの承認形式はどんな感じなんでしょうかね?

しかし、スパム(コメント、TB、メール)ってどうにかして欲しいですね。本来ならば規制が少ないのがネットの世界のはずなのに、ここまで酷くなってくるとどうにか規制して欲しいと思ったりもします。

《Today's Music》
Rob Lamothe / Brave Enough ('01)b0014459_9211250.jpg

『Being Human』の次は『Now I am Here』ですが、これは以前取り上げたのでとばして4曲入りのEP。タイトル曲の"Brave Enough"はRiverdogsの『Bone』アルバムに収録されています。
 Riverdogs 脱退後、Vivian CampbellがRobと合流して録音した"Brave Enough"がリードトラック。この曲が入っていたアルバムにVivianは参加していませんが、Robおお気に入りなのでしょうか。オリジナルとあまり違わない形での再録です。女性コーラスが良い味を出してます。
 他の3曲にVivanは参加していませんが、それ以外の曲も雰囲気としては "Brave Enough"と似てます。穏やかな曲調にRobのヴォーカルが絶妙。2曲目の"Faithless Kind"はピアノがメインの静かな曲ですが、リラックスしたRobの歌い方も最高です。3曲目"I'm so High"はこのEPの次のライブアルバム『Steering with My Knee』にも収録されますが、ライブヴァージョンと比べてしっかりと組み立てられた感じ(スタジオ盤ですから当たり前か)で、こちらのアレンジも好きですね。最後の"Stay"も静かなピアノで始まる曲。ストリングスも良い味を出していてます。
 このEPが出たときにはVivanも復帰してのRiverdogsのアルバムももうすぐ出るかなと思ってましたが、なかなか出ませんねぇ。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2006-09-25 09:23 | PC・ネット・スキン関係
  2006年 09月 23日
購入CD
Final Frontierはこれまでと大きく変わることはない彼ららしい感じで、聴きこめば聴きほむほど好きになりそう。SunstormはやはりJim Peterikの曲作りとJoe Lynn Turnerのヴォーカルに脱帽。Leverageは新人ですがこれまたある意味、「懐かしいHR」で好感がもてます。これからさらに聴いていきます。

《Today's Music》
Rob Lamothe / Being Human ('98)b0014459_2045199.jpg

前回は1stでしたので、今回は2ndソロ。このアルバムを最初に聴いたときには、正直あまり好きになれなそうな感じがしました。オープニングの"Clean"や"Between"がへヴィな楽曲(彼にしては)だったのが原因。それでも、彼の声の素晴らしさはそのネガティブな印象も取っ払ってくれるものがありました。やっぱ最高な声です。全体を通して聴かれる女性コーラスも効果的だし、1stからの流れとしてはこういう作風になるだろうなと頷けるアルバムです。
上記のへヴィな曲も嫌いではないのですが、やはり好きなのはアコースティックな曲調で彼の歌声を堪能できる"When You Go Down"、"Saracen Blade"、"Ship Song"、"Circus Song"、最新作『Long Lazy Curve』でも取り上げる"Twelve Moons" (最新作では"12 Moons"というクレジットになってましたが)がたまりませんね。

今、彼のHPをチェックしてみたんですが、なんと現在ではたぶん入手不可のProject HUMのMP3がダウンロード可能になってます。7月と8月のみダウンロード可ということが書かれてますが、現在(9月23日現在)でもできました。興味のある方はすぐにどうぞ。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2006-09-23 20:06 | 音楽
  2006年 09月 19日
吉牛ってすごいんですねぇ
みんな牛丼、大好きなんですね。

「吉牛」、1日だけ販売再開 各地で完売相次ぐ』 (朝日新聞)
「吉牛」復活、100万食に行列・・・駐日大使も堪能』 (読売新聞)

私が見かけた吉野家でもけっこうな行列でした。個人的には丼物があまり好きではないので、今回の販売は特にどうってことはないのですが、あの行列はすごかったですね。あの行列を見ていると、アメリカ産牛肉に対する不安はいったい何なのかなとも思います。きっとあの行列の中には普段なら「アメリカ産の牛肉は買わない」という人もいたと思いますが、その不安をも超える魅力があるんでしょうね。牛肉恐るべし、です。でも、今回はアメリカ産牛肉を使うということを明らかにした上での提供ですから、自己選択ということで問題はないでしょうね。

吉野家の牛肉に対する人々を見ていて思ったことは鯨肉についてです。私の父母の時代は牛肉の代わりに鯨肉を食べていたというような感じで、決して「必需品」というとらえかたをしていなかったと受け取っています。しかし、それが禁止されると一転、「鯨肉はうまいよね」とか「鯨肉は日本の文化」だと言い始めた人が少なからずいるように感じます。私的には牛丼も鯨も不可欠な物ではないんで、そこまでして食べたいものではないので...

《Today's Music》
Rob Lamothe / Gravity ('96)b0014459_1742570.jpg

Riverdogs を終えて、最初のソロアルバム。基本はアコースティックギターをバックにRobの暖かな声がのる非常にパーソナルでシリアスな感じのするアルバムです。初めて聴いたときはRiverdogsとの違いにとまどいましたが、聴いていくうちにその迷いも感じさせなくなるRobの声のセクシーさにやられます。 "Blair Mountain"、"Kevin was My Cousin"、(これって実話かな?)、"Strongest Man in the World" (名曲!)、Riverdogsのライブでもやっていた"House of the Rising Sun"あたりがお気に入り。ラストの"My Head"は途中で投げ出さずに最後までぜひ聴いてください。そうすれば彼の素晴らしい歌声を堪能できます。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2006-09-19 17:44 | 食事・お酒
  2006年 09月 18日
台風一過 & 久しぶりの休み
台風一過。すっきりとした天気ではありませんが、それでも私は久しぶりの休みなので嬉しいもんです。世間では3連休ですが、私は残念ながら今日だけの休み。
 午前中は祖母のお見舞いにいって、午後からはベランダの掃除をしたり。乾くかどうかはわかりませんが、洗濯物を干してみました。まぁ、明日までほっとけば少しは乾くかと思ったのですが、なんと隣の家が屋上でこんな天気なのにバーベキューをさっき始めました。。普通、やるか、こんな日に?台風過ぎたばっかで、周りは結構あれてるのに...その屋上の高さが実は自分の部屋のベランダと同じ高さ。湿り気を含んだ洗濯物にはたぶんその臭いがすっごくうつっているはず。はぁ〜。ただでさえ、乾くのに時間がかかるはずが、これじゃ下手したらもう一度洗濯しなきゃ。

《Today's Music》
Stormbringer / Stormbringer (?)b0014459_17381945.jpg

このアルバムは1994年にリ・イシューされたものです。オリジナルについては記載がありません。ネットで調べてもドイツ語やフランス語で書かれたページにがあって1984年とか1985年とか書かれてます。1983年としているページもありました。日本語のページもあったのですが、やはりはっきりせず。どっちなんでしょう?日本盤も出ていたようなんですが、持っている方がいれば何か情報ないでしょうかねぇ?
 Angi Schiliroというギタリストのバンドのようです。フランスのWikipediaにはちょっとした記載があって他にはPaganini、Zero、Kingodom Come(Lenny Wolfのやつではないはずです)などのメンバーだったと書かれています。
 曲調はハードロックよりのハードポップ。ギタリストのバンドとはいってもキーボードも活躍しているし、メロディラインも哀愁味あふれて結構良いアルバムですね。ヴォーカルは声域は広くはありませんが、かすれ気味の声で好み。ギターはオブリとかからAlienのTony Borgを(ということはRichie Blackmoreっぽいか)思い出しました。ジャケットのイラストはかなりチープですが、内容はグッドですよ。
 私の持っているリ・イシュー盤では曲のクレジットが違っているはずです。クレジットでは9曲入りですが、実際には10曲。歌詞を聴いているとサビの部分でわかります。3曲目の"Rock 'n' Roll Paradiseのイントロ的な小曲が飛ばされてます。で、最後の"Susi"、これは泣きのインスト。たぶん、多くの人がGary Mooreの"Parisienne Walkways""とか"The Loner"を思い浮かべるでしょうね。良い曲で個人的には好きなんですけど、オリジナリティという点からは今ひとつかな。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2006-09-18 17:46 | いろいろ
  2006年 09月 11日
スパムTBがひどい
「お知らせ」の記事にも書きましたが、ここ数日のスパムTBはホント醜いことになってます。

TBスパムがここ2、3日すっごく増えてます。どこにリンクがつながっているわけでもないあの意味のない文字列のスパムです。
すでに軽く100件以上削除しました。URLによる拒否設定も一部やりましたが、こういう空のアドレスを拒否登録したって意味ないでしょうからやめました。

以前もそういうことはありましたが、そのときにはある程度TBされる記事が決まっていて、その対象記事のみTBを閉じることでなんとかできる場合もありました。しかし、今回はそれぞれの記事に1件ずつTBされるようになっています。しかも、そのTBが何らかの宣伝(アクセス数を増やすためとか)や悪意のあるサイトへの誘導されるということなら、認めはしませんが、意図も分かります。けれども、今回のやつは全て無意味な文字列の並び、リンク先のURLもどこにもつながらないという「一体、何のため?」と首を傾げたくなるようなものばかり。これってウィルスなどに感染したいわゆるゾンビPCから勝手にされているものなのでしょうか?

それにしても、いい加減にして欲しいです。とりあえずエキサイトのスパムTB対策を復活させました。これはTBする際に、その記事の中に当ブログのアドレスがないと、TBを受け付けないという仕様になってます。でも、これってTBする側としては不便極まりないですよね。記事の中にそういう参照先を必ず入れられるわけじゃないでしょうからね。


もう5年なんですね。ご冥福をお祈りします。

《Today's Music》
Riverdogs / Live ('04)

MR -XでアップされていたRiverdogsの再結成(といって良いのかな?はやくアルバム出してくれ)の2004年、CaliforniaのLestat's Coffee Hosueという所でのライブ。Rob Lamothe、Vivian CampbellNick Brophy、Marc Denzeisenというメンツです。演奏している曲は名盤『Riverdogs』から6曲、そのほか6曲という感じです。興味深いことにこの時に"No Matter What"のカヴァーもやっていて、Vivianも楽しそうに演奏してます。
 数年前にストリーミングでライブをやるという話がありましたが、その時のライブでしょうか?私は見ていないので知っている方がいれば教えてください。
 オフィシャルのライブ映像でもないんで、低音は割れてるし、ライトも暗いし、MCもかなり聞き取りづらいし、クォリティとしては決して良くありません。でも、動いているRiverdogsを見ることができるだけでも貴重です。早速DVDに焼いてリビングのTVで見ることが出来るようにしています。
 ここでのRobの姿はぱっと見ると、MetallicaのJames Hetfieldに似てます。(笑)
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2006-09-11 18:16 | PC・ネット・スキン関係
  2006年 09月 10日
お知らせ
最近スパムTBがかなりひどいことになってます。それで左のメニューにもあるように、TBの拒否設定をかけます。ご迷惑をおかけします。
スパムTB防止のため記事の中に当方のURLリンクがない場合にはTBを受け付けない設定になっています。よろしくお願いします。

[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2006-09-10 07:01 | PC・ネット・スキン関係
  2006年 09月 09日
購入CD
本日、昼休みにちょっと出てきて購入。やっとRob Lamothe、購入。まだ聴いてませんが、彼の素晴らしい声でどういうアルバムを聴かせてくれるのか楽しみ。その楽しみをとっておくためにまだ何の情報も入れてません。

《Today's Music》
Blind Guardian / A Twist in the Myth ('06)b0014459_18434628.jpg

4年ぶりの8枚目。もう8枚目か。彼らのことを知ったのは和田誠氏が『Pure Rock』で期待のホープとして紹介していたときでした。『Battalions of Fear』(だったはず)ですから、それからすると20年近く前になりますね。最初に購入した彼らのアルバムは『Somewhere Far Beyond』でした。今でも「ジャーマン・メタル」(というカテゴリだけに入れると文句もでそうですが)を聴きたくなると、引っ張り出してます。『Nightfall in MIddle-Earth』や『A Night at the Opera』も悪くはありませんが、「刷り込み」ということですかね。やっぱ『Somewhere Far Beyond』が多いです。
 それで、彼らの新作。かなり切れ味鋭いリフの"This will Never End"で幕を開けます。彼らの特徴であるクワイアもあるし、これは文句なしにカッコイイ。"Otherland"も分厚いコーラスで始まって、押さえ気味のハンズィのヴォーカルが徐々にテンションが上がっていきます。ここでも彼らお得意のコーラスが光ります。イントロがすっごく好きな"Turn the Page"、シングルカットもされたらしい"Fly"はこれまでの彼らにはあまり見られないリズムで入ってきます。サビの"No one ever dares to speak~"の部分のメロディが特に好き。一転して穏やかな雰囲気で始まる"Carry the Blessed Home"はストーリーテリングを好む彼ららしい展開だと思います。"Straight throung the Mirror"はIron Maidenを思わせるギターのメロディが印象的です。購入したときからすぐ気に入ったアコースティックな"Skalds and Shadows"は物悲しげなメロディが心に染みます。優しい感じの歌い方で始まる"The New Order"も彼ららしい曲でなかなか良いですね。アルペジオが良い感じを出している"All the King's Horses"とアルバムとして良く出来てます。ボーナストラックの"Dead Sound of Misery"も結構良い曲だと思いますが、最後は"All the King's Horses"で終わった方がいいと思うんで、位置が微妙ですね。曲は良いからカットするのはもったいないですけど。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2006-09-09 18:48 | 音楽
  2006年 09月 08日
ちょーいそがしい
ここしばらくすっごく忙しいです。残業しまくりという感じ。帰ってきたらバタンキュー(死語かな?)部屋も荒れ放題。これが少なくとも次の日曜日までは続くんで、体力持つかなぁ?

《Today's Music》
Pet Shop Boys / Please ('86)b0014459_8594643.jpg

ここしばらく"West End Girls"と"Surburbia"が聴きたかったのですが、中古ショップで見かけることがなかったんです。それが最近ワゴンセールで100円のやつを発見。ジャケット、歌詞カードともについてませんでしたがこの値段なら文句なし。もう20年経つんですねぇ(しみじみ)。20年も前のアルバムをリアルタイムで聴いていたなんて信じられません。というか信じたくないです。そりゃ、年をとったはずです。
 う〜ん、Amazonのレビューにもありましたが、基本的には「クラブ」(行ったことないけど)ではなく「ディスコ」という表現が当てはまる懐かしい曲調ですね。今聴くと古臭く感じるシンセやドラムの音、時代を感じさせます。でも、"Surburbia"はやっぱ好き。何か明るくなりきれないメロディラインは個人的にツボです。
 でも、ほんと、久しぶりに聴いたアルバムです。まさに、このアルバムが流行っていた頃以来でしょうね。これからへヴィ・ローテーションになることはないと思いますが、思い出したように引っ張り出して聴くかもしれません。
 目的の2曲以外にも"Opportunities (Let's Make Lots of Money)"、"Love Comes Quickly"、"Tonight is Forever"も聴いてみるとメロディがすぐに思い浮かびました。『You & I』("昔"、大展開していたレンタルCDショップです←若い人向けの説明)かどっかでレンタルしてカセットテープにダビングして聴いていた記憶が戻ってきました。
 次はこれまた好きな"It's a Siin"の入った『Actually』を探します。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2006-09-08 09:01 | いろいろ
  2006年 09月 01日
アクセス数を見てみた
このblogのホストであるエキサイト。しばらく前にネームカードに登録すると画像の保存が1Gまで出来るということで登録しました。

このカードにはアクセス解析がついています。普段はほとんど見ることはないのですが、最近見てみるとここ1~2ヶ月の間、これまでの倍近いアクセスがあったようです。これはたぶん夏休みでネットに接続する人(学生)が増えたからでしょう。その証拠に検索キーワードとして多い物が数週間前に書いたステレオアンプ自作のやつです。タイトルに「夏休みの工作」とつけちゃったために小中学生が工作や自由研究のネタ探しにネットを検索していたのでしょう。すみませんねぇ、そういうものじゃなくて(笑)。

夏休みも終わった今、アクセス数をのぞいてみるとそれまでの数に戻ってます。まぁ、そんなもんですよ。たいしてためになることなんか書いてないし。

《Today's Music》
Judas Priest / Screaming for Vengeance ('82)b0014459_9444523.jpg

久しぶりに何だか「HMだぜ~!」っていうものを聴きたくなったんで、これ。ツインギターで刻まれるギターリフ、ツイン・リードによる劇的なソロ、やっぱ凄いですねぇ。たまりません。Judas Priestといえばコレという感じの"The Hellion"から"Electric Eye"への流れは何度聴いても鳥肌ものの興奮。これに畳み掛けるように迫力のあるドラムで始まる"Riding on the Wind"、静かな感じで始まりながら、サビはわりとキャッチー(?)な"(Take These) Chains"、劇的にRobのシャウトで始まるタイトルトラックの"Screaming for Vengeance"のスピード感、ギターはザクザクとしてますが、大合唱できるサビが大好きな"You've Got Another Thing Coming"(PVはわけわかんないけど)、なんかメタルの陰の部分というか影というかそういう部分が非常に魅力的な"Fever"などはたまりません。それ以外も飽きることもない曲のつまった素晴らしいアルバムでした。「HMだぜ~!」が聴きたかった私の欲求を200%満たしてくれました。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2006-09-01 09:47 | PC・ネット・スキン関係