Logout


noblame.exblog.jp
 
<   2005年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
by noblame |
  2005年 12月 28日
2005年のお気に入り(暫定)
2005年に購入した中でのお気に入り。ぱっと思いつくものだけあげてますんで、順序も関係ないし、他にもお気に入りがあるはず。思い出したら付け足していきます。再発でも結構いいものはあったし、ポップスもいくつかあるんですが、今回はロックっぽいものだけ。
  • Heartland / Move on
Heartlandはこれまで私の好みのアルバムを出し続けていてくれて、これもその期待を裏切らない、そしてクォリティも高いアルバムでした。
  • Dare / The Power of Nature: Live in Munich
Dareのライブアルバム。DVDも購入しましたが、DVDは編集が酷いのでいらない。でも、彼らの曲がライブで聴けるのは良いです。穏やかなメロディ、たまりません。癒されます。Terra Novaに関しては「祝・復活」ですし、内容も単なる再結成のお仕事的なものではなく、彼らの強みを生かしたメロディアスなアルバムを出してくれたのがグッド。At Vanceは聴いたことなかったんで、このアルバムが彼の声の初体験。渋い声ですねぇ。たまりません。湿りのあるメロディもまた素晴らしい。Bon Joviは「さすが!」ですね。これだけの期間トップに居続けて、しかも質の高い曲を提供し続けてくれるんですから。来年のライブも行く予定です。楽しみ。The Rasmusはこのアルバムが初めてでした。はまりました。前作の『Dead Letters』とともに、お気に入りです。陰りのあるメロディにやられています。Spiritual Beggarsはここの中では一番ハードな方ですね。このバンドはやっぱヴォーカルですね。上のHartmannもそうですが、David Coverdaleばりのディープ・ヴォイスによる「古典的」HRって良いですねぇ。QueenはQueenの名曲を名手Paul Rodgersが唄うということでQueenでありながら、Queenではないということになるけど、やっぱ名曲をこれだけ立て続けに聴かせてくれると楽しいですね。ライブも観に行ったんで2005年のアルバムからは外せません。
  • Pintsize / Five Feet . . . No Inches
Pintsizeは国内盤が出たのが今年でしたね。ヘヴィメタルなバックの演奏にのったパンキッシュで、キュートなメロディ。この組み合わせが絶妙です。
  • Place Vendome / Place Vendome
Place Vendomeは久しぶりのMichael Kiske。そしてAOR路線の曲を歌うことで彼の新しい魅力を提示してくれました。
  • Akira Kajiyama + Joe Lynn Turner / Fire without Flame
Akira Kajiyamaは彼らに期待する路線で最高の作品を出してくれました。ヴォーカルもメロディもいいし、ギターは見事だし。ほんと世界でも通用するレベルでしょうね。

他にはKhymeraRoosterも良かったし、Journeyの新譜も彼ららしい良質な作品でした。Last Autumn's Dreamもまだ2~3回くらいしか聴いてないけど、前作よりはずっと良い感じ。この調子なら上のお気に入りにも入る勢い。あっ、Zenoのやつも良かったな。

《Today's Music》
Aisa / Astra ('85)b0014459_8304744.jpg

昨日、片づけをしながら聴いていた1枚。Asiaをアルバム単位で聴いたのはこのアルバムが最初。何故これが最初だったのかは今となっては分からないけど、今でも好きなアルバムのひとつ。彼らの場合1stからこの3rdまではどれも名盤だと思うし、このアルバムも捨て曲なし。John Wettonの穏やかで上品な声で歌い上げるポップなメロディ、でもよく聴くとリズムなんかが「変」。実は凝った曲でプログレ的な部分も残っているという、非常にAsiaらしさが出たアルバムだと思います。1曲目の"Go"~"Voice of America"の流れは完璧。そしてすっごくキャッチーな"Wishing"や"Rock and Roll Dream"、"Countdown to Zero"、"Too Late"、"Suspicion"、"After the War"など何度聴いても飽きない曲がオンパレード。いいですね~、これ。20年も前のアルバムとは思えません。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-12-28 08:34 | 音楽
  2005年 12月 27日
間引きをしないと...
連休が明けて、仕事納めまでまた忙しい日々が続きそう。

新年に向けて少しずつ部屋の掃除をしているのだけれど、どうしようもないくらい荷物があります。今は一人で住んでるんで余裕はあるけど、このままではこの先ヤバイと思う。

で、とりあえずCDの間引きを開始。あまり聴かなかったり、ステレオでなくてもPCで聴けば十分という程度のものをラックからピックアップ。本当なら思い切ってたくさん間引きたいところだけど、それが出来ない優柔不断な私がいます。

それで、間引いた分を実家にもって行きます。今ではみんな兄弟も別々に住んでるんで、その程度のスペースなら問題なし(と、実家に相談もせずに決定)。

あ゛~、今使ってるノートPCのヒンジが割れてる。いま気付いた。年末のこんな時に修理に出したって、どうせ年内には出来ないだろうし。あ゛~!

《Today's Music》
The Rasmus / Hide from the Sun ('05)b0014459_12223784.jpg

このバンドに出会ったのはこのアルバムが最初。ゴシック・メタルに分類されるんでしょうか?
結論から言うと素晴らしいアルバムです。ヘヴィ・ローテーションに入ってます。

ヘヴィなギターに哀愁を漂わせた印象深いメロディがのっています。オープニングの"Shot"からハマリました。非常に切ない感じのメロディが秀逸。他にも"Night after Night (Out of the Shadows)"、"No Fear"、"Lucifer's Angel"、"Dead Promise"、"Immortal"とか聴けば聴くほどメロディの組み立て方に感動します。アルバムのタイトルもまた彼らの音楽性を感じさせますね。このアルバムの後に『Dead Letters』も聴きましたが、そっちも素晴らしい。

Evanescenceも好きでしたが、今ではこちらの方に軍配が上がってます。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-12-27 12:27 | 音楽
  2005年 12月 25日
セキュリティ設定
少し時間をみつけて家庭内の無線LANの設定を行いました。これまではWindowsマシンだけだったんで、何の問題もなくやってましたが、最近購入したiMac G5をどうするかで、これまで苦戦していました。LANを通してインターネットに接続することはすぐに出来たのですが、無線LANのセキュリティで手こずってました。いろいろいじっているうちにWindowsの方もぐちゃぐちゃになってました。それで、セキュリティを施さないまま放っておきました。

それが、なぜか今回は上手くいきました。とりあえずWEPの128でセキュリティの設定が出来ました。TKIPでもできそうですが、出来たところでやめておきます。また、いじってぐちゃぐちゃになると嫌なんで。

<追伸>
緊張した連休だった、AZ?
Had fun?

《Today's Music》
Khymera / A New Promise ('05)
b0014459_2372657.jpg
Daniele Liveraniによるプロジェクト(?)の2nd。1stはSteve Walshがヴォーカルでしたが、今回はPink Cream 69のベーシスト(!)のDennis Ward。1stではVenus & Marsの"Bless a Brand New Angel"を取り上げてました。(今回もそのRobin & Judith Randallの曲、"If you Dare to Dream"を取り上げてます。)この曲をやることからもわかるようにメロハーといっていい音楽性です。今回ヴォーカルが川手も路線は同じで、言うことなし。
オープニングは割とヘヴィなインスト。それに続く"Alone"がメロハー好きならガッツポーズものの佳曲。他にもキャッチーなメロディを持つ"Looking for You"も良いです。"All that I Have"や"Tomorrow Never Comes"のようなバラードも期待を裏切らない出来です。その他の曲も捨て曲と言えるようなものもなく、アルバム全体を楽しめます。
このアルバムで大きな話題は2つでしょう。まず、Dennis Wardのヴォーカル。これがまたびっくり。上手なんです。ベーシストとはいえ、本家の方ではコーラスもやっているでしょうけど、ここまで歌えるってすごいですね。ハスキーな感じでパワルフな声です。
もう一つはギター。Tommy Ermolli、若干14歳。中学2年生!この年齢でこれだけ弾けるって凄いですよね。でも、こういう音楽性は彼は当然リアルタイムで聴いていた訳ではないでしょうけど、まわりからのインストラクションもあるのかな。それでも、凄いね。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-12-25 23:10 | PC・ネット・スキン関係
  2005年 12月 24日
本日(本当は昨日)購入のCD/DVD
本日(厳密に言うと昨日購入の日)CD/DVD
  • Rainbow / Live in Munich 1977 (DVD)
  • Last Autumn's Dream / Winter in Paradise
年末の忙しさでなかなかCDショップもチェックできずにいて、やっと今日時間があってのぞいてみたのですが、Bad Habitが見当たらない。とっても聴きたいのに...(涙)

やっと落ちついた連休。穏やかに楽しく過ごす予定です。

Wish you all a very merry Christmas!

《Today's Music》
Chicago / 25 ('98)b0014459_019524.jpg

季節もののアルバムを。Chicagoのクリスマス・アルバムです。基本的にクリスマス・ソングのスタンダードを取り上げています。(1曲だけオリジナル)。誰もが一度は耳にしたことがある(と思っていましたが、「こんな曲知らない」という人がまわりに結構いたのはびっくり)曲をChicagoなりの解釈で取り上げてます。ロックンロール調に仕上げられた曲があったり、しっとりと聴かせるアレンジがあったり、この季節に聴くと良いですね。"Last Christmas"と"Christmas Eve"ばかりで食傷気味の方は試しにどうぞ。(私はWham!、George Michael、山下達郎も大好きで、アルバムも全部持ってますよ。誤解のないように)
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-12-24 00:23 | 音楽
  2005年 12月 19日
スキン変更(ちょっとだけ)
スキンをちょっとだけ変更しました。

以前は左に"Today's Music Index"で取り上げた全てのアルバムをプルダウンで検索できるようにしてありましたが、ExciteブログではHTML/CSSの部分だけにも容量の制限があるようで、これ以上増やせなくなってしまいました。それで、最初は簡単に最新の5枚だけをメモ帳を増設して記入してましたが、文字だけが連なると見づらいので、今回プルダウンを復活させました。ただ、以前のように全ては記載できないので最新の15枚に限定しました。それ以外のアルバムはプルダウンの下にあるボタンからリンクをはってあります。そちらからはプルダウンでカテゴリわけされた全てのアルバムを検索できます。

それと、スパムTBがひどいので『リンクがないトラックバックを受け付けない』の設定をしました。これで減ってくれればいんだけど...

《Today's Music》
Riverdogs / Pervasive Influece (Boot)b0014459_113574.jpg

今回もRiverdogsのブート。これは'91年のVivian Campbell在籍時のライブ音源です。収録曲は"Spooky"、"Water from the Moon"、"Toy Soldier"、"Whisper"、"Baby Blue"、"I Believe"、"House of the Rising Sun"の7曲と少し物足りませんが、他のライブのブート(2つほど聴きましたけど)と比べると音質ははるかに優れています。(サウンドボードだと思います)ライブでもRobの歌声は光ってますね。"Toy Soldier"、"Whisper"、"Baby Blue"、"I Believe"といった大好きな曲が入っているのも◎。特に"Whisper"と"Toy Soldier"は名曲ですね。最後の"House of the Rising Sun"はthe Animalsで有名なあの曲。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-12-19 11:55 | PC・ネット・スキン関係
  2005年 12月 18日
久しぶりだといろいろあります
なんとかmacからも無線でネットにつながるようにはなりましたが、どうしてもAirstation接続の際のセキュリティのところがクリアできなくて、暗号化を外してしまいました。とりあえず、ファイアウォールソフトウェアはインストールしましたが、ここに届くまでの電波は「裸」の状態です。こんなことじゃいけないのはわかっているけど、今のところはこの状態しかありません。ネットで調べても、今ひとつ解決できないし...(涙)。それにいくつかのサイトではAirstationにつなげる際には暗号化は解除するとも書いてありました。

まだ使い慣れていないとはいえ、macはかなり快適です。画面は申し分ないし、iTunesも絶好調。Windowsマシンにもインストールしているのですが、自分のやつとは相性が悪いのか、取り込みの速度が以上に遅かったんです。(maxでも4倍いくか、いかないか)。それがmacだと15倍近くになってるし。(嬉)

唯一、つらいのはソフトウェア。Windowsマシンはかなりの期間使っているんで、ソフトウェアもそれなりに充実しているのですが、macは全然。PhotoshopもFileMakerも何にもないです。買いそろえようと思っても半端な金額じゃないしね。

ところで、以前修理にだしたCDプレーヤー、修理が完了したようです。この前に修理に出したときは「異常なし」として戻ってきたくせに、同じ感じで不具合が出たんで、もう一度出してみました。すると今回は修理代金が10,000円を超えてます。どういうことじゃ?最初からよく調べて直せよ、全く。(怒)

《Today's Music》
Riverdogs / Souls of America〜Demos of 1993〜 (Boot)
b0014459_11111116.jpg
最も好きなバンドの一つであるRiverdogs。そのバンドのブート音源(デモ音源)。2nd『Absolutely Live』、3rd『Bone』に収録されることになる曲が多数はいってます。10曲中7曲("Little Hurricane"、"Raining All Over"、“Can't Have You"、"Eight Questions"、"The Man is Me"、"Sweet Mystery"、"If Love is the Truth")が『Absolutely Live』に、3曲("To Let Go"、"The Man is Me"、"Two Birds")が『Bone』に収録されてることになります。"The Man is Me"は両方に収録されているので、どちらでも聴けない曲は"You Try so Hard"になります。
 デモなんで音質はそんなによくありませんが、それでもオーディエンス録音のライブ音源よりははるかにまし。それにどういう感じで曲が変わる・料理されているかが聴けるのはファンにとっては嬉しいことです。
 やっぱRiverdogsといえば、Rob Lamotheの歌声。何度か彼のことは書いてますが、本当に上手いです。Paul Rodgersの系統のハスキーな声でアメリカンでブルージーなメロディを歌い上げてます。すばらしいです。再結成してアルバムを出すというニュースが流れてかなりの月日がたってます。早く出してください。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-12-18 11:18 | PC・ネット・スキン関係
  2005年 12月 17日
iMac G5が到着
ついにiMac G5が届きました。いいねぇ、やっぱこのデザイン。

久しぶりのMacなんで、忘れていたり、いろいろわからないことがまだ多いなぁ。ネットワーク接続に関しても有線LANはすぐにつながったけど、無線のほうはまだ。はっきりいって何をやっていいのかわからないです。Windowsのネットワークについては職場でも担当していたんでわかるんだけど、macは今ひとつです。

LANで共有しているHDのファイル名が文字化けしてます。日本語名だとそうなるみたいなんですが、今さら全部変更するわけにもいかないし...

いろいろと調べたりしていかなきゃいけないです。

せっかくだから音楽関係のことも一つ。予想はしていましたが、Martin Stenmarckの『One』はMacからなら何の問題も取り込めました。これから家の中だけでなく、外出先でもiPodで聴くことができます。まぁ、自分は2ndの方が断然この見出し、出来もそっちの方が良いとは思うけど。

《Today's Music》
Robbie Nevil / Robbie Nevil ('86)b0014459_101962.jpg

"C'est la Vie"と"Dominoes"が聴きたくなって、中古で購入してきました。86年にその"C'est la Vie"が大ヒットしました。大好きでしたね。ノリの良いリズムのダンサブルな曲です。それと、初めてフランス語というものを意識したのもこの曲のタイトルからです。(まぁ、でも実際は英語圏の人も割とよく使うフレーズですけど)2ndシングルの"Dominoes"は"C'est la Vie"とは違った感じ。もう少しロックぽいかな?あと"Wot's It to Ya"も売れましたね。これは今回、このアルバムを聴いて思い出しました。アルバム全体としては、今聴くと少しつらい。この3曲はやっぱ好きですけど、これだけでいいやと思いました。これ以降は全く名前を聞きませんね。ネットで調べると数枚アルバムは出しているようですし、松田聖子とも関係があるようですが、どうだってこともないですよね。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-12-17 01:03 | PC・ネット・スキン関係
  2005年 12月 12日
Macの思い出
オーダーしちゃいました、iMac G5(2.1GHz)のやつ。年内には久しぶりにMacオーナーに戻ります。(^_^)
b0014459_10564097.jpg初めて個人でパソコンを所持したのは、アメリカで学生をしているときで、それはPowerBook150でした。今見ると、すごい無骨なデザインですよね。

このPowerBook、CPUのスピードは33MHz、メモリーは4Mで、ハードディスクは120Mでした。(タイプミスじゃないですよ、若いみなさん!)。メモリーもソフトウェアで擬似的に8Mにしたのを覚えてます。Netscapeの1.0も入ってました。僕は文系の学生だったんですが、これのおかげで論文などの資料整理が随分楽になりました。このPowerBookで好きだったのがトラックボール。とても使いやすかったんですけどね。このPowerBookにはCD-ROMなんてものは当然ついていなくて、FDD。OSやらワープロソフトなんかのインストールも大量のFDを入れ替えながらやってましたね。懐かし~。

あと、よくクラッシュしてました、このコンピュータ。突如、例の「爆弾マーク」が出て再起動でした。でも、当時はワープロを使っていた癖でFDに割りと頻繁に保存しながら作業していたんで、そんなに大きな被害はありませんでした。かえって今の方が面倒くさがりになって、いざフリーズしちゃったりすると、大変なことになってます。

周りの人たちはWindows3.1を使ってましたけど、自分は使い方がよく分かりませんでした。すぐにWindows 95が出て、大きく環境が変わりましたけど、それでもこのPowerBookでがんばってました。当時は今のようにパソコンも比較的安いものではなかったんで、簡単には乗り換えられなかったというのが本当のところですけど。

《Today's Music》
Steve Perry / Greatest Hits + Five Unreleased ('98)b0014459_1152035.jpg

購入したばかりのJourneyのDVDを観た後に、彼の声を聴くために引っ張り出してきました。やっぱ素晴らしいシンガーですね。艶があって、心に染み入る声です。
 これは、彼のソロアルバム(『Street Talk』と『For the Love of the Strange Medicine』)からのベスト盤で、未発表曲も収録されています。最初の5曲は『Street Talk』からで、1曲目の"Oh Sherrie"は大ヒット。大好きな曲です。続く"Foolish Heart"、"Go Away"もメランコリックな感じのメロディがたまりません。2ndアルバムはあまり印象に残ってはいないのですが、このベスト盤でもあまり取り上げられてませんね。爽やかな"When You're in Love (For the First Time)"も良いし、"Melody"という素晴らしいバラードもあります。
 Journeyの現Vo.のSteve Augeriも素晴らしいと思いますが、やっぱこの人の声にはかなわないな~。
 Steve AugeriのVo.も好きだし、最新作の『Generations』も良かったんで、別にSteve PerryにJourneyにぜひとも戻って欲しいとは思いませんが、ソロアルバムをまた出して、あの歌声を聴かせてほしいものです。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-12-12 11:12 | PC・ネット・スキン関係
  2005年 12月 11日
購入CD/DVD
購入CD
  • Khymera / A New Promise
  • Akira Kajiyama + Joe Lynn Turner / Fire without Flame
  • Queen / A Night at the Opera (30th Anniversary Edition)
  • Aly & AJ / Into the Rush
  • Loreena McKennitt / Parallel Dreams
購入DVD
  • Queen / Return of the Champions (DVD)
  • The Corrs / All the Way Home: A History of the Corrs plus Live in Geneva
  • Journey / Live in Houston1981: Esape Tour
早速、Queenの5.1chミックスを聴きましたが、ステレオで聴くのとは違ってこれはこれで面白いね。

The CorrsのライブDVDはこれまで全部持っているんですが、新しいのが出てれば買ってしまう感じです。


やっぱ、トップページに"Today's Music Index"がおけないと不便です。(-_-メ)


《Today's Music》
Gamma Ray / Heading for Tomorrow ('90)b0014459_19263691.jpg

久しぶりに聴いてみました。いわゆる「ジャーマンメタル」で、やっぱ好きですねぇ、こういう路線。このアルバムが出た頃は「ジャーマンメタル」をよく聴いていて、Kai Hansenが在籍していたHelloweenはもちろん、他にもいろいろ聴いてました。彼がHelloweenを脱退して作ったこのアルバムも期待大で購入しました。この路線のアルバムでは定番(?)の大仰なイントロ"Welocome"から"Lust for Life"へ。非常に疾走感のある名曲ですね。そして次はポップな"Heaven can Wait"。当時ギターでコピーしてました。シンプルな曲ですが、好きですね。他にも"Money"、"The Silence"、そしてタイトルトラックでもある大作"Heading for Tomorrow"、どれも口ずさめるようなメロディをもっていて良いですね。このバンドは当然Kaiのものなのですが、私はRalf Scheepersのヴォーカルが好きです。そういうこともあって彼が脱退した後のアルバムよりはこれが好き。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-12-11 19:30 | 音楽
  2005年 12月 06日
とうとう来たか...
恐れていたときがやってきました。(そんな大げさなもんじゃないけど、実は)

とうとうスキン編集の部分の容量(blog全体ではなくて)がいっぱいになってしまったようです。"Today's Music Index"に新しいエントリーを追加して、スキンを保存しようとすると...

b0014459_1995291.jpg
このIndexは記事を毎回投稿するたびに増えていきます。スキン編集の部分だけにも容量制限があるということだったんで、削れる部分は削って、ごまかしながらやってきたんですが、もう限界のようです。一応、このときのために備えて、ひとつの記事として同じ内容で作成して、そこにリンクを貼ったボタンも設置してあったんですけどね。
b0014459_19151328.jpg

これね ↑

とりあえず、前回(Vinnie Vincent Invasionの回)は右下にあったFirefoxのバナーを取っ払って追加しました。でも、もうこれ以上削れそうなところもないし、仮にあったとしても、この部分は際限なく増え続けていくんで、焼け石に水。

それで、この"Today's Music Index"もその上の「最近の記事」のように最近のエントリーだけ入れて、残りはまとめたページに飛ばすことにしました。そのためにメモ帳の増設を行います。それには雅さんの『Cross Moon』の「メモ帳増設(3列スキン用)」をパクリ、もとい、参考にさせてもらいます。

このblog全体の容量制限以外にあるスキン編集だけの容量制限、どうにかして欲しいもんです。トータルでの制限を越えるんであれば、よろこんで有料版に移行してもいいんだけど、有料版になってもこのスキン編集の容量制限は変わらないようだし。他のサービスに乗り換えるか...

《Today's Music》
Scandal featuring Patty Smyth / Warrior ('84)b0014459_193037100.jpg

以前、Patty Smythのソロを取り上げたけど、これはその前のアルバム。彼女の場合はDon Henlyとのデュエットの"Sometimes Love just ain't Enough"が有名だと思うけど、これはScandal名義のアルバム。とはいっても、やはり彼女の魅力的なハスキーヴォイスが耳に残ります。曲調としてはハードポップの部類に入るかな?パワフルな声ではあるんだけど、優しさを感じる声質で、キャッチーなポップ/ロックをやってくれてます。ジャケットで損しているかな。こんな怖い感じではありません。これ以降のソロ名義と大きな変化はないので女性ヴォーカルのロック(Heartとか)が好きなら、イケると思います。自分は"The Warrior"、"Less than Half"、"Say What You will"、"Tonight"、"Maybe We Went too Far"なんかが好き。Journeyの"Only the Young"のカヴァーも入ってます。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-12-06 19:32 | PC・ネット・スキン関係