「ほっ」と。キャンペーン
Logout


noblame.exblog.jp
 
<   2005年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
by noblame |
  2005年 11月 28日
「サイバーマンデー」だって
Thanksgivingのことについて書いたときに、"Black Friday"についても少し触れましたが、こんな記事がありました。
「サイバーマンデー」に期待するネットショップ

米国ではほとんどのユーザーが自宅ではなく職場でネットショッピングをしている。彼らが職場に戻ってくる「サイバーマンデー」は、ネットショップにとってかき入れ時だ。(ロイター)

 2005年の米オンライン売り上げは200億ドル近くに到達するだろう。売り上げが急増するのは11月28日、感謝祭の週末後に消費者が仕事に、そして職場の高速なインターネット接続に戻ったときだ。

 「サイバーマンデー」――感謝祭後の月曜日を表すために作られた言葉だ――は、多くの従来型小売店が黒字になり始めるショッピングデー「ブラックフライデー」の後にやってくる。

(後略)

2005年11月28日付 『ITmedia

今日がその「サイバーマンデー」にあたりますが、自分も知らず知らずにその日にオンラインで買い物をしていました。小さめのワインセラーです。他にもAmazonで本を数冊購入しましたから、「サイバーマンデー」に首までどっぷりつかってますね。業界の思う壺です。

《Today's Music》
Keane / Hopes and Fears ('04)b0014459_14441214.jpg

先週末2~3回連続で聴いてました。イギリスのヴォーカル/ピアノ、ベース、ドラムからなる3人組のギター・レスバンド。ギターがないために、このバンドの強みであるメロディの良さがさらに活きてます。UKチャートでは大ヒットしたそうですが、売れるのも納得という出来です。メロディとともに、素直に届く声質も好みです。オープニングの"Somewhere only We Know"は優しいメロディが秀逸な名曲だと思うし、他にも"Everybody's Changing"とか"This is the Last Time"、"We might as well be Strangers"とかが好きですね。穏やかな気分にしてくれるアルバムです。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-11-28 14:48 | いろいろ
  2005年 11月 26日
Kane Robertsの国内盤!
昨日、仕事帰りに普段はあまり行かないCDショップに寄ってみました。そこで購入したCD2枚。Kane Robertsのやつ、国内盤の新品ですよ。返品もされずにずっと棚に置かれていたようで、定価の2000円でした。確かめたわけじゃないけど、多分今廃盤ですよね、これ?びっくりでした。そのマッチョ・ギタリストのアルバムと一緒に購入したのがある意味、対極に位置する人間のJosh Groban。やっぱこの人の声は素敵ですね。

《Today's Music》
Kane Roberts / Kane Roberts ('87)b0014459_2218484.jpg

Alice Cooper Bandのマッチョギタリストのソロアルバム。「凄い」ジャケットですよね。ジャケットから見ると「色物」の感じがしますし、中に写っているほかのメンバーも同じようなマッチョ達です。でも、このセンスのないジャケットはかなり損をしていると思います。というのも実は内容的には良く出来たアメリカンHRなんですよ、これが。オープニングの"Rock Doll"からグルーヴィなリフで攻めてきて、コーラスはみんなで口ずさめるという感じです。そういう感じの曲が続いて、"If This is Heaven"というハードポップがいきなり出てきて、その次はアルバムでももっともヘヴィな曲のひとつである"Out for Blood"と何でもありという感じですが、最後に"Too Much (for Anyone to Touch)"、"Tears of Fire"、"A Strong Arm Needs a Stronger Heart"という佳曲が続くということで、良いですね、これ。2ndも探さなきゃ。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-11-26 22:20 | 音楽
  2005年 11月 25日
Dan Brownの『Deception Point』
b0014459_15234757.jpgDan Brownの『Deception Point』読んでるんだけど、『The Da Vinci Code』のような一気にひきつけられるものが感じられないなぁ。深みが足りないというか、キャラクターが「たっていない」というか...

やっぱ『TheDa Vinci Code』は彼のベストだと思うし、その前編というか同じキャラクターが出てくる『Angel & Demons』も良いんだけどね。

ところで最近MTMから再発されたEvenrudeの『One Size Fits All』に収録されている"Broken Heart"。他にやっているアーティストがいたのは分かったんだけど、誰なのかがわからず、ずっと気になってました。やっと分かりました。The Tuesdaysでした。『The Tuesdays』のラストに収録されてました。昨日、偶然このアルバムをきいていて分かりました。すっきりです。

それはさておき、The Tuesdays、もう活動してないのでしょうか?アルバムを出したという話しも聞かないし。女性ヴォーカルのポップなロックで結構好きなんだけどな。←この後HPを見てみると現在は"on a break"ということで休業中だそうです。解散ではないということらしいです。

それと、今日はThanksgivingの翌日ってことで、アメリカでは"Black Friday"という日になりますね。まぁ、簡単に言えばクリスマスセールのスタートの日という感じのことです。イメージ的に"Black ~"というと、ネガティブな感じですが、これに関しては全くそんなことのない表現です。

《Today's Music》
Jellyfish / Spilt Milk ('93)b0014459_1524347.jpg

不思議な感じのするバンドですよね。The Beatels、Queenとかそういう感じのポップ感覚、何か不思議。"Joining a Fan Club"、"New Mistake"、"The Ghost at Number One"、"Bye, Bye, Bye"、"All is Forgiven"とかのポップセンスは素晴らしいです。このバンドについてネットを見ているとXTCとかの名前もよくあがっているけど、そちらは聴いたことないんでなんともいえませんが、最近ではPaul Gilbertのポップセンスのようにああいう少し「変」な感じが好きなら、このアルバムも「当たり」ですね。これは2ndですが、1stの『Bellybutton』と未発表曲集の『New Mistake』もあります。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-11-25 15:29 |
  2005年 11月 24日
そういえばThanksgiving
そういえば、今日は11月の第4木曜日、Thanksgiving Dayですね。すっかり忘れてました。アメリカではこの日が終わればクリスマス・シーズン突入ということで、街中が浮かれた気分になる時期ですね。

このThanksgivingは家族でお祝いするものなんで、自分がアメリカにいた頃は一人だったんで、派手に祝うこともなかったんですが、それでも知り合いの家に押しかけて七面鳥を食べたりしました。で、あまった七面鳥(Cold Turkey)を帰りにもらって、翌日の食事はターキー・サンドウィッチ。これが好きでしたねぇ。

本当ならこのまま浮かれていたい気分なのですが、自分が通っていた大学院はセメスター制(2学期制)で、このあと1ヶ月もしないうちに期末試験となっていたんで、このころから睡眠時間を削っていくハードな時期の始まりでもありました。懐かしいな。今はあそこまでの無理はきかない年齢です、残念ながら...(T_T)

七面鳥、食べたくなってきたなぁ。どこか探してみるかな?

《Today's Music》
Kate Bush / The Kick Inside ('78)b0014459_1461619.jpg

先日久しぶりのアルバム『Aerial』を発売になりました。そちらはまだ聴き込んでいる途中なんで、まだはっきりと好き・嫌いがないです。
ニューアルバムは別にしても、このデビュー作は彼女の最高傑作じゃないでしょうか?一般的にはさんまの『恋から』のテーマ曲として知られている"Wuthering Heights"はピアノのもの悲しげなメロディで始まる名曲ですし、他にもオープニングの"Moving"から彼女独自の世界(妖艶というかチャーミングというか―判断はわかれるとおもいますけど)に引き込まれます。プリティな感じの曲から"Wuthering Heights"に代表されるようなもの哀しげなものまでまさに捨て曲なしの素晴らしいアルバムです。
このアルバムはいくつかジャケットがあるようですけど、自分が持っているのはここにあるやつ。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-11-24 14:08 | いろいろ
  2005年 11月 23日
CDプレーヤーが戻ってきました
修理に出していたステレオのCDプレーヤー(Sony CDP-XA7ES)が戻ってきました。CDをうまく読み込まなかったり、再生できても「ブツ、ブツ」というノイズが入ったりしていたのに、向こうでは異常が確認できないということで、そのまま戻ってきました。早速つなげてみると、なんとなく以前の症状は見えないような気がしますが、これからしばらく様子をみなくては。
でも、やっぱりちゃんとしたオーディオで聴く音楽は良いですね。空気を伝わってくるというか、何と言うかiPodで聴くよりもずっと良いな。古いプレーヤーですけど、がんばってます。

修理代金としてある程度見込んでいたお金が浮いたんで、調子に乗ってホットプレートを買ってしまいました。必要かどうか微妙なところだったんだけど、出張のつかれもあってなんかストレス発散で買っちゃいました。

《Today's Music》
Return / V ('93)b0014459_2302257.jpg

このバンド、まだ取り上げてなかったんですね。最近復活して『Return』というアルバムをリリースしてます。その復活作も変に方向転換せずに、これまでと似た方向で安心しました。
この『V』が最初にこのバンドの音を聴いたアルバムです。いわゆる軽いタイプの「北欧メタル」ですね。爽やかなメロディにハスキーな声質のヴォーカルがのって、好きです。バラード系の曲が多いし、頭2曲がそういう感じというのはロックアルバムとしてはどうかとも思いますが、それでもそれ系の曲が良いんですよ、このバンド。このアルバムでも"Take This Heart"、"Friends will be Friends"、"Straight across My Heart"なんかは哀愁たっぷりのメロディがグッドですね。そのほかのノリの良い曲は「う~ん」という感じかな。ロックンロール的なノリの曲は少し無理があるというか良くないと思います。ですから捨て曲無しとはいえませんが、お気に入りの一枚です。
このアルバムはあのZero Corporationからのリリースだったんで、当然廃盤。そのほかのアルバムも含めて輸入盤でなら手に入るかな?自分も数枚は所有してます。このアルバムには入っていないけど"Sing Me a Song"、"To the Top"、"Bye, Bye Johnny"、"Half a Man"とか北欧ファンなら聴いて損はないと思います。ベスト盤がわりと便利かも。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-11-23 23:02 | 音楽
  2005年 11月 19日
恐ろしく疲れた・・・
・・・出張でした。仕事の密度はそこまで濃くはなかったんですが、拘束される時間が長くて朝は7時くらいから夜12時近くまで。それが月~木。最終日の金曜日も帰宅したのは午後10時。ぶっ倒れました。

それでも昼食の空き時間を利用して、CDショップを巡り、10枚ほど購入。
  • Alien / Dark Eyes
  • Mark Spiro / Mighty Blue Ocean
  • Airless / 2nd Round
  • Karo / Heavy Birthday
  • Tobruk / Wild on the Run
  • Northern Light / Northern Light
  • Evenrude / One Size Fits All
  • Return / Return
  • Carmina / Love Like Angels
  • Carmina / Weather in the Heart
特に最後のCarminaの2枚は心温まる女性ヴォーカルのケルト/フォークで、こういう寒くなってきた時期には特に良いですね。

《Today's Music》
Supertramp / Breakfast in America ('79)b0014459_16343768.jpg

出張中、iPodで数回聴いたアルバム。やっぱこういうブリティッシュ・ポップ/ロックって好きだなぁと思いました。全米1位に輝いたそうですが、当然その頃は洋楽なんて聴いてもいない時期。完全な後追いですが、今聴いても古臭さを感じないアルバムです。それぞれの曲が起伏にとんでいて飽きないというところは、プログレ的なところだし、それだけじゃなくメロディも美しいという本当にグレートなアルバムだと思います。"Breakfast in America"、"Logical Song"、"Goodbye Stranger"などが特にお気に入り。
ベタ褒めになってますが、でもそれくらい素晴らしいアルバムです。ジャケットもセンスいいね。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-11-19 16:36 | いろいろ
  2005年 11月 13日
明日から出張です
ということで明日から金曜日まで出張。

出張、そんなに嫌いではありません。職場にいるよりも忙しさは減るんで。

というのがこれまでの出張。今回はかなり忙しいはず。普通の出張なら夜は時間が空いていて、その地方のおいしいものを食べたり、ゆっくり本を読んだりしていますが、今回はそうもいかないみたい。「予定」を渡されたんですが、夜の10時くらいまでなんだかんだと入ってます。その分昼間は若干ユルユルのスケジュールなんですけど、後ろに何かがあるとあまり意味がないような気がしてます。

予定では帰ってくるのは金曜日の夜10時も過ぎた頃になりそう。土・日は何とか休めそうですが、この出張分の残業ともいえるべき時間の分はどうなるのかな?何もなかったことになって翌週が始まるんでしょうね(涙)。

《Today's Music》
Queen / Innuendo ('91)b0014459_23391711.jpg

先日のQueen + Paul Rodgersの熱がまだ抜けません。ライブやQueenのアルバムなんかがヘヴィ・ローテーションになってます。今回はFreddyが生存中の最後アルバムとなったこれ。自分の死期が近いことを悟ったかどうかは分かりませんが、彼のヴォーカルはとてもエモーショナルに聴こえます。そういう感傷的な部分を差し引いても良い曲が入ったアルバムだと思います。特に2曲目の"I'm Going Slightly Mad"におけるディープな声はたまりません。続く"Headlong"はハードロックしていて、ロックバンドとしてのQueenのかっこよさが出てると思います。後半では今回のライブでやってくれた"These are the Days of Our Lives"がまず良い。George MichaelRisa Stansfieldと歌ったやつが『Five Live』に入ってますが、やっぱ良い曲ですね。歌詞の内容もしんみりとしてしまいます。で次はこれまたQueenっぽい"Delilah"。Queenのお遊びっぽい部分というかプリティな部分が出ている好きな曲のひとつです。このアルバムを締めくくるのはQueenの歴史の中でも指折りの名曲"The Show must Go on"。最後のシングルとしてもとても意味深ですし、曲自体もメロディのよさが光ってます。1日の終わりに聞いたりすると、より一層なにかこみ上げてくるものがあります。今回のライブでもやってくれましたね。こういうアルバムを作ることができただけに、やはり彼のあまりに早い死が未だに悔やまれます。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-11-13 23:42 | いろいろ
  2005年 11月 10日
えっ、「会議16:55より」って
本日、出勤すると本日の予定に「会議16:55~」。内容を見ても前回の様に早く終わりそうにはない感じ。「えっ?」って感じです。出勤時間も朝7時だってのに、この会議の開始時間は何よ。さらに、こっちは来週、出張があってそれまでに仕上げておかないものもあるのに...

今日も帰宅は遅くなりそうな予感です。orz

まぁ、こんなblog更新してる間があれば、仕事を先に進めろよという気もしますが...

追記
上記の会議の他にもさらに別のやつが会議終了後に飛び込んできました。(涙)

《Today's Music》
Aerosmith / Rockin' the Joint ('05)b0014459_9345248.jpg

'02年に行われたライブ音源。「スペシャルなもの」という意図があったのか、これまであまり取り上げられなかった曲が多く取り上げられてます。コアなエアロ・ファンにとってはたまらないものかもしれないですね。"No More, No More"や"Seasons of Wither"とかね。この2曲は好きだし、カッコイイとは思うけど、自分くらいのレベル(Lv. 1とか2くらいの低いレベル)のエアロ好きにとっては、このアルバムは「ちょっと楽しくない」という印象です。これを聴くよりはヴォリュームもある『Little South of Sanity』を聴くし、『Rockin'~』のおまけについてるDVDも映像が少ないんで、これを観るよりは『You Gotta Move』を観ます。Aerosmithはカッコイイけど、このアルバムはダイハードなエアロファン向けって感じなんじゃないでしょうか?
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-11-10 09:39 | いろいろ
  2005年 11月 08日
CDのケースと帯
昨日の購入は
  • Aerosmith / Rockin' the Joint
  • Kate Bush / Aerial
  • HIM / Dark Light
12年ぶりですか?Kate Bush。まだ聴いてないけど、どんな仕上がりだろう?これから聴きますよ~。HIMは初めてです。最近、遅まきながらThe Rasmusとかゴス(って言うんですか?)路線も聞き始めたんで、これも一応期待してます。

b0014459_10543020.gifCDをたくさん購入する人の悩みのひとつは収納だと思います。その対策のひとつとしてフラッシュ・ディスク・ランチがありますね。私もとても重宝してます。

ただ、全てのCDにこれを利用しているわけではありません。ケースの内側のディスクが透明になっていて写真などがある場合には利用してません。せっかくの写真や絵が見えなくなりますから。でも最近ではほとんどがこういう形なんで、困ってます。デザイン的に大したことのないものなら余計なことしないで、普通の不透明のケースにして、と思います。そうすれば思い切って、「フラッシュディスクランチ」化するのに!(デザイン的に大したことないと思うなら、やっちゃえば、という声も聞こえますが、それが出来ないんです・・・。)

もうひとつの悩みが「帯」の大きさ(当然、国内盤限定になりますね)。今回購入したAerosmithとHIMもそうですが、ケースの中に納まるような大きさにしてほしいです。自分の場合、普通「帯」はブックレットにはさんでいます。しかし、最近はスリップケースのついたCDもよくあります。その場合、スリップケースにあわせた大きさの「帯」では、当然ケースより大きくなってて、ブックレットには収まりません。こちらの方が私のように「帯」もとっておきたい人には性質が悪いです。

こういうこと気にする人って結構多いと思うんだけど、どうなんでしょ?

《Today's Music》
Place Vendome / Place Vendome ('05)b0014459_10532955.jpg

久しぶりのMichael Kiske。Helloweenを脱退してからは聴いてませんでしたが、このアルバムはAORっぽいというので、購入。歌が抜群に上手い人のAORって最高なんですよね。で、その期待に答えてくれるアルバムですね。1曲目"Cross the Line"。「えっ?がんがんのHRじゃん。こういう路線?」と少し心配したけど、2曲目の"I will be Waiting"からはAOR風味の曲が続きます。Göran Edmanもそうだけど、高音を押さえ気味にして歌うとより上手さが引き立つという感じでたまりませんね。タイトル曲なんて、これまでのMichael Kiskeのイメージとは違った爽やかな感じの曲で良いです。穏やかな"Heavens Door"もグレート。後半になってもダレないところがポイント高いです。かかっこいいなぁ、このアルバム。それぞれの曲のクォリティは高いし、メロディは印象的だし。このバンド(プロジェクト?)でのアルバムをこれからも出して欲しいと思わせてくれます。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-11-08 11:01 | 音楽
  2005年 11月 07日
コンタクトレンズの調整
ハードコンタクトにかえて約2ヶ月。目の違和感もなくなってわりと快適に過ごしています。ただ、唯一の問題が夜、車のライトなどがにじむということ。ぼやける感じで、車の運転なんかをしていると困る。

乱視なのかと思って、レンズを購入したところで検査をしてもらうと、そうではないみたい。自分の場合、コンタクトレンズが黒目の上の方で安定していて、夜になって瞳孔が開くと、それがレンズから少しはみでて、それで上の症状になるらしい。交換することになったけど、少し取り寄せに時間がかかりそう。

《Today's Music》
Arcadia / So Red the Rose ('85)b0014459_12323881.jpg

何とな~く、聞きたくなって引っ張り出してきたアルバム。Duran DuranのSimon LeBon、Nick Rhodes、Roger Taylorによるサイドプロジェクトです。同時期に残りの2人のハードロック野郎(もちろんAndy TaylorとJohn Taylor)がRobert Palmerと組んでThe Power Stationを出してます。正直言うとそっちの方が好き。でも、こちらも悪くはない。特にオープニングの3曲、"Election Day"、"Keep Me in the Dark"、"Goodbye is Forever"などが良いですね。
Duran Duranと比べるとキャッチーさはないし、The Power Stationほどロックしているわけでもないという微妙な位置にある音楽性です。雰囲気も陰鬱だし...でも、そういうところがいいのかも。たま~に聴きたくなるんですよね。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-11-07 12:33 | いろいろ