「ほっ」と。キャンペーン
Logout


noblame.exblog.jp
 
<   2005年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
by noblame |
  2005年 10月 31日
購入した中古CD
最近中古CDを買いあさってる感じ。週末、仕事帰りに購入したものは
  • Joe Perry / Joe Perry
  • Poco / Legacy
  • China / Go All the Way
  • Vaughn / Soldiers and Sailors on Riverside
  • Van Halen / Rock the Beer Hall (Boot)
  • Van Halen / When It's Love (Boot)
  • Robbie Nevile / Robbie Nevile
一通り軽く聴いてみたけど、ガッツポーズが出るほどの作品はない感じ。まぁRobbie Nevileは昔好きだった"C'est la Vie"とか"Domino"が目的だったんで、それはやっぱ良かった。でもアルバムとしては「う~ん」かな?

10月も終わりますが、3連休があった以外は土日も仕事が入ってたんで、すこしバテ気味。

とはいえ、今週はQueen + Paul Rodgersのライブもあるんで、何とか乗りきれそう。

《Today's music》
Snake Charmer / Backyard Boogaloo ('98)b0014459_10205882.jpg

2ndアルバム。1stでは私の大好きなPete Sandbergが歌っていましたが、この2ndではこれまた大好きなGöran Edmanがヴォーカルをつとめています。Per Stadinは当然として、このアルバムにはJens Johanssonも参加していて、北欧の名プレーヤーが素晴らしい音楽を奏でています。1stもキャッチーなメロディを聞くことの出来る好盤だと思いますが、こちらはさらに磨きがかかった素晴らしいAOR/HRアルバムです。やっぱりGöran Edmanがこういうメロディの良い曲を歌うとたまりません。"Miracle Man"、"Someday You are Gonna Love Someone"、"Need a Little Help"、"Pretty Little Small Town Girl"、"Not a Day without You"等がお気に入り。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-10-31 10:33 | 音楽
  2005年 10月 28日
昨日購入したCD
昨日仕事の帰りに購入したCD。
  • Place Vendome / Place Vendome
Michael Kiskeが歌っているんだから聴いてみたいですよね。残念ながらまだ聴けてませんけど...

《Today's Music》
Huey Lewis and the News / Fore! ('86)b0014459_1231245.jpg

私くらいの年代で洋楽を聴き始めたひとならこのアルバムは好きな人が多いのではないでしょうか?大ヒットしたアルバムですからね。このアルバムからは3曲が全米ナンバー1。映画『Back to the Future』(これも好きだったなぁ)の主題歌"The Power of Love"でもおなじみです。とてもアメリカらしいアメリカン・ロックですが、ポップなメロディで、とても親しみやすいです。馬鹿売れしたのも納得です。久しぶりに聴いてもやっぱカッコイイ。昨日からヘヴィ・ローテンション中です。"Jacob's Ladder"、"Stuck with You"、"Whole Lotta Lovin'"、"Doing It All for My Baby"、"Hip to be Square"、(前半全部じゃん)、"I Know What I Like"、"The Power of Love"、"Forest for the Trees"などが特によろしい。(というか、ほとんど全曲です)。おすすめ。これの前のアルバム『Sports』も良いですよ。
 ハードロックを聴くようになって、Thin Lizzyの名ライブアルバム『Live and Dangerous』にHuey Lewisが参加しているのを知ったときにはびっくりでした。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-10-28 12:04 | 音楽
  2005年 10月 25日
グチを少し...と思っていたら
最近よく見ているサイトにS2さんの『エーテル日記』があります。このサイト、すっごく面白くて、時間を見つけて過去ログまで読んでます。

でも、今回書きたいのはこのサイトがいかに面白いかではありません。面白い文章が読みたい方は実際見てみてください。(毎日1,500ヒット以上あるサイトだそうですから多くの人はもう知ってるとはおもいますが。)

その中でS2さんの勤務時間の話しがあって、かなり過酷な状況がうかがえます。

そこと比べれば、うちはまだ楽なほうですが、それでも定時もしくは定時の5分くらい前から普通に会議が組まれることは結構あります。会議には最低限必要な時間があるだろうから、それを見込んで定時には終わるように会議を組んでくれないかなぁ。定時を過ぎるのが確実な時間帯で会議を設定するのはどうかと思います。ある程度の時間が組まれていても、議題によっては時間がかかるものもあるし、それで時間が過ぎるのに対しては何の文句もないですから。

もう少し考えてくれー。

さらにうちの職場、長々と喋る人も多い。要点をかいつまんで話すということができないようです。

...と休日出勤も続いて疲れ気味な上に、今日も会議のスタートが5時からなんで少しグチってみました。



とこれ↑を会議が終わってアップしようとそのままにしてありました。何と奇跡的に会議が6:30には終了。これからもろもろの書類などを仕上げれば8時前には職場を出られそうな雰囲気です。やったー。

《Today's Music》
Tangier / Four Winds ('89)b0014459_1836535.jpg

中古で見つけたときにはうれしかったですねぇ、このアルバム。アメリカのバンドでブルーズがベースにあるハードロックで、ヴォーカルもこういう曲調にははまるかすれ気味の渋いやつです。そしてこのヴォーカルがこれまた上手い。月並みな表現ですがソウルフルな素晴らしい声を持っています。曲もある程度キャッチーなメロディをもっていて、ブルーズベースとはいえ、そこまで渋くもなく聴きやすいアルバムです。ギターもこれまた渋い味わいがあって良いですねぇ。2ndではメンバーも変わってました。そっちも悪くはないと思うけど、こっちが良いな。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-10-25 18:43 | いろいろ
  2005年 10月 23日
今回の購入CD
新品・中古取り合わせて今回購入したCD。
  • King's X / Gretchen Goes to Nebraska
  • Tangier / Four Winds
  • 38 Special / Live at Sturgis
  • TNT / All the Way to the Sun
  • Nickelback / All the Right Reasons
  • Electric Light Orchestra / Moment of Truth
Tangierのやつはゲットできて良かった。ずっと欲しかったんだけど、なかなかみつからなくて。あとThe Carsも久しぶりに聴きたくなって見てみたんだけど、中古だのに1,950円という値段がついてたのは何で?今でもそんなに人気があるの?中古でそんなお金はちょっとだせないっす。

《Today's Music》
38 Special / Live at Sturgis ('99)b0014459_00511.jpg

38 Specialというとサザンロックというイメージが強いし、実際Lynyrd Skynyrdとの繋がりからもそこに分類されるのかもしれません。しか~し、聴いてみるとアメリカン・ロックで、ポップなメロディを持ったバンドです。むさくるしいおじさん達(失礼!)がキャッチーなメロディを奏でてくれます。このジャケットからも分かるようにアメリカのバイカーたちにも大人気のようですが、なんかミスマッチ。これは私の「バイカー」というものに対するステレオタイプ的なイメージからきてます。「バイカー」といえばやっぱり"Born to be Wild"とか"Bad to the Bone"なんで。
このアルバムはライブ盤で選曲に対しては少々の不満もありますが、初めて38 Specialを聴くにはいいかも。オープニングの"Rockin' into the Night"にはJim PeterikとFrankie SullivanのSurvivor組の名前がクレジットされてるし、他にもほとんどの曲にJim Peterikの名前がクレジットされてます。なかでも"Caught up in You"は名曲。他にも"Fade to Blue"や"Hold on Loosely"などはJim Peterik and the World Stageのアルバムやライブアルバムにも入ってますね。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-10-23 00:07 | 音楽
  2005年 10月 20日
読書の秋といいますが
読書の秋と言いますが、自分も今そういう感じになってます。今週すでに文庫本だけで5冊読んじゃいました。夜もすごしやすくなって、もともと夜型の私には申し分のない状況になってます。気がつくと4時間くらいぶっ通しで読んでたりしてます。

b0014459_14271229.gif『ローマ人の物語』(21・22・23巻)もその読了した中にありましたが、やっぱこのシリーズは大好きです。基本的にはノンフィクションですが、塩野七生は歴史の専門家ではなく作家なんで、彼女の考察などが織り込まれていることが、個人的にぴったりはまっているのでしょうね。歴史小説と歴史書の絶妙なブレンドというかそういうところが好きです。もともと文学専攻なんで、小説や詩を読むことは好きなんですが、ここまで連続したシリーズで、しかもノンフィクションを読み続けている自分にも少しびっくりです。

このシリーズ、今年の発刊分はこれで終わりかな?だとすれば、また1巻から読み直しておさらいしたいですね。他にも読んでいる本もあるんで、同時進行でやります。しばらくは夜更かしが続きそうです。

でも、今の職場って週に3回は7時頃には出勤しなきゃいけないんで、結構体力的にはきついんですけど...

《Today's Music》
Silver Mountain / Roses & Champagne ('88)b0014459_14273872.gif

「北欧メタル」の中では割と有名なバンドの3rdで、このバンドで唯一聴いたことのあるアルバムです。1stや2ndと比べるとだいぶ音楽性が変わったということを聞いた事があります。
この3rdアルバムは非常にポップな感じで、私的には非常に魅力的なアルバムです。ヴォーカルが「北欧メタル」でよく聞かれる感じのウェット感や甘さ(Pete Sandbergの様な感じかな)があって、結構つぼにはまりますね。ジャケットはダサいし、1曲目のタイトルも"Romeo & Juliet"とかもう少し気を使って欲しい気もするけど、良いアルバムですよ。この"Romeo & Juliet"もサビは耳に残るし、メロディアスだし佳曲ですよ。他にも"Light the Light"、"Where are You"、"Paris"なども良い曲です。ポップな「北欧メタル」が好きなら気に入るかも。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-10-20 14:29 |
  2005年 10月 19日
またまたリコールに
トヨタ社のリコールが発表になりましたねぇ。

最近、なけなしの積み立てを切り崩してまで購入して買った中古車(新車じゃないところが悲しいケド)のAllex君も見事に引っかかってました。orz

思い出してみると、自分がのっている(いた)車ってよくリコール対象になります。

まず1台前のHondaのPrelude。これも電気系統(カーステまわりだったかな?)のリコールが出て、はがきが来てました。まぁ、特に問題もなさそうなんでほっときましたけど。そしてPrelude君はそのまま何の問題もなく寿命をまっとうしました。

その前の実家の車(これも結局は自分が購入したんですけど)のMitsubishiのChariot。これも例のリコール隠しの流れで出てきましたね。

ということで3台連続リコール対象車に乗ってることになります。結構凄いですねー。

嫌になります...

《Today's Music》
Def Leppard / Hysteria ('87)b0014459_11272131.jpg

もう20年近く前になるんですね、このアルバム。そりゃ、こっちも年をとるはずです。まぁ、それはいいとして、1,000万枚以上のセールスを記録した凄いアルバムですね。前作の『Pyromania』のリリースの頃はまだ小学生で洋楽なんか聴いてなかったんで、彼らのアルバムをリアルタイムで聴いたのはこれが最初です。彼らの代名詞である分厚いコーラス、そして良いメロディが、素晴らしいプロダクションで楽しめる名盤ですね。ギターでかなりコピーに励んだアルバムで、その点でも強い思い入れがありますね。おすすめは...全部かな。しいて言えば、"Gods of War"や"Run Riot"はこの中では好きじゃないほうかも。逆に"Hysteria"なんかは連続して聴いても飽きないです。

巷では結構評判の良くない『S.L.A.N.G.』なんかも実は割りと好きで結構聴いてます。『Hysteria』とはとっても違うけど、なんかああいう感じも好きなんです。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-10-19 11:31 | いろいろ
  2005年 10月 18日
これってありなの?
「規制緩和で収入減少」 タクシー運転手が国を提訴

 道路運送法改正による規制緩和で、タクシー事業の新規参入や運賃値下げが相次いで認められたため業者間の競争が激化、収入が減ったとして、大阪府内のタクシー運転手5人が17日、国を相手に、近畿運輸局による過去半年間の許認可処分の取り消しと計250万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した。
 原告はタクシー会社などに勤務する47-57歳の運転手。
これって、ありなんですか?どこも厳しい競争をしてがんばっているのに、その競争の激化を国のせいにして訴えるなんて?それがありならうちだってどこだって裁判起こせるけど。

《Today's Music》
Peter Cetera / Solitude / Solitaire ('86)b0014459_914420.jpg

洋楽を聴き始めて自分でCDを買った最初の1枚だと思います。gwさんの『Blowin' in the Ghostwind...』でChicagoが取り上げられてて、無性にこの人の声が聞きたくなって久しぶりに引っ張り出してきた1枚。
 ベースがカッコイイ"Big Mistake"、映画としては超駄作とだと思うけど素晴らしい主題歌の"Glory of Love"、Amy Grantとの素晴らしいデュエットが聴ける"The Next Time I Fall"などが聴けます。「懐かしさ」を差し引いても好きなアルバムに数えられます。Dan Huffのギターもさすがという職人技です。
 彼の『One Clear Voice』('98)に入っている"Apple of Your Daddy's Eye"という娘さんのことを歌った曲も大好きなんですが、このアルバムにも娘さんに対する"Daddy's Girl"が入ってますね。可愛いくてしょうがないんでしょうね。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-10-18 09:07 | いろいろ
  2005年 10月 17日
バッテリーリフレッシュ
ノートPCのバッテリーが死んでたんで、バッテリーリフレッシュサービスを試しにやってみました。(「試しに」というほど安くはないんですけど...)このバッテリー、全くの役立たずになっていて、ACアダプタをつけずに起動するとWindowsのロゴ画面までは起動するのですが、それ以上進むだけの力がなく、強制的に電源が落ちてました。それだけなら、こちらで注意をしていればどうにかなりますが、使用中にちょっとした停電などがあると、すぐにPCは強制的に電源が落ちるというデスクトップみたいな状態は困ります。こんな状態でこれまで結構な期間引っ張ってたんで、データが何度が飛んでしまいました。

それで、今回このサービスをやってみました。このサービスではバッテリーを「新品同様、あるいはそれ以上の性能に復活、アップグレードさせます」ということです。でも、手元に戻ってきた自分のバッテリーはフル充電しても、PC上で表示されるバッテリー駆動は1時間ちょっととなってます。新品の状態からこんなに短い駆動時間だったけ?まぁ、外に持ち出して使うような大きさでもないんで、停電などの非常時に終了する時間さえあればいいんですけどね。

このリフレッシュしたバッテリー、実は2個目です。1個目も上と同じような状態になってたんで、そのときには買い直しをしました。高いですよね、ノートPCのバッテリーって。2万5千円近くしたはずです。その買いなおしたバッテリーも結局は同じようになっちゃったんで、今回のサービスを試したというわけです。私のPCはTOSHIBAのDynaBook G4。なぜそういう状態になるのかは分かりません。(どなたか知っている人がいれば教えて欲しいものです。バッテリー自体に充電されなくなる。完全放電しても状態は変わらない、etc。これが2つも続けて起こるってことはPC本体の問題かなとも思うけど...)。またしばらくして同じようにならないことを祈るのみです。そうでないと1万数千円が無駄になっちゃいます。

《Today's Music》
Stan Bush and Barrage / Stan Bush and Barrage ('87)b0014459_1252194.gif

週末はStan Bush の音源を集中的に聴いてました。やっぱりこの人の作る温かいメロディ、そしてヴォーカル、大好きです。それで今回はStan Bush and Barrage名義でのデビューアルバム。元Mr. BigのPat Torpeyも参加してます。
ソロ名義にしろ、このBarrage名義にしろ、結局はStan Bushが中心なんで、どのアルバムをとってもクォリティ的な問題もないですし、楽曲もAOR/メロディック・ハードという路線からは外れることなく、良質のアルバムです。が、彼の作品群の中から選ぶとすれば、このアルバムです。何と言っても名曲の"Love don't Lie"のオリジナルが入ってますし、それ以外にも"Tempation"、"Heart vs Head"、"The Touch"なども聴いておいて損はないです。最新作の『Shine』も質の高いアルバムでした。これだけの音楽を作り続けるって凄いです。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-10-17 12:56 | PC・ネット・スキン関係
  2005年 10月 15日
『センター試験出願締切』
もうそんな時期なんですね。私も受けましたよ、第1回のセンター試験。なんだか、その年は簡単で前年度の共通一次学力試験よりも平均点は上がってたように記憶してます。それと、鮮明に覚えているのが試験終了後になんとなくマークミスをしたような気がして、大慌てで大学入試センターに電話ボックスから電話したのを覚えてます。今でも、実家に帰ってその公衆電話の前を通ると(今でもまだ残ってますけど、そのうち撤去されるのかな?)思い出しますね。今考えると仮にミスがあったとしてもどうにもなるもんじゃないのに、あの時は本当に「どうしよう?」とビビってました。結局、上手く大学にも入れたんで、ミスはなかったんでしょう。良かった、良かった。

《Today's Music》
Poison / Open Up and Say . . . Ahh! ('88)b0014459_12245288.jpg

パーティバンド、ポーザーなどロックファンだけでなく、同じミュージシャンからもけなされたりしていたバンドの2nd。ライブ音源を久しぶりに聴く機会がありましたが、やっぱ上手くはない(というか下手)ですねぇ。でもこのアルバムは好きでしたし、今聴いても結構いいじゃんと思えます。素晴らしいとまでは思えませんけど...「楽しけりゃいいじゃん」というノリもたまにはいいもんです。収録されている曲もノリが良いし。"Nothin' but a Good Time"なんか歌詞はしょうもないけど、楽しい気分にはしてくれますね。"Fallen Angel"もビデオクリップはよく見てました。それとこのバンドのバラード、なかなかよろしいんじゃないでしょうか?"Every Rose has Its Thorn"は感動的です。Loggins & Messinaのカヴァー、"Your Mama don't Dance"もこのバンドには合ってるね。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-10-15 12:26 | いろいろ
  2005年 10月 13日
iPodがやっと戻ってきました
修理に出していたiPod、戻ってきました。iPodの修理はアップルに送らないといけないという面倒くささはあるものの、スピーディーだし良いと思いますが、ひとつだけ注文をつけるとすれば、修理から戻ってきたときに「どこがおかしくて、何を修理したのか」ということの説明があればなぁということです。何が原因なのかも知りたいしね。

iPodの修理といえば、以前の職場に今年の4月からカナダからの女性がやってきています。彼女はiPod Photoを持ってます。彼女曰く、「日本にくる前に修理に出したんだけど、いっこうに戻ってくる気配がないんで、『日本に行くことになってるんで早くしてくれない?』」という注文を出したら、何と修理に出していたiPodではなく、iPod Photoが送られてきたそうです。在庫がなかったんでしょうねぇ。良いなぁ。自分にもそんなことが起こってほしいなぁ。

iPod、凄いですね。続々と新機種。今度はビデオ再生が可能ですか。iPod nanoだけでなく、欲しいものがどんどん出てきます。でも、それに追いつく収入がないのはつらい。

《Today's Music》
Pintsize / Five Feet . . . No Inches ('05)b0014459_2336396.gif

やっと国内盤が発売になりました。パンキッシュな感じながらもギターはところどころで非常にHM的な感じ。国内盤の解説にもあるようにオープニングは「Judas Priestか?」という感じの序曲で始まります。そして続く"Shut up and Let's Do it"もリフのHM度はかなり高いですが、ヴォーカルが入ってくるとかわいい女性ヴォーカルのポップなメロディがのり、パンク的なコーラスがのっている面白い曲です。"My Fist/Your Face"の始まりの短いギターもHMではよく聴かれる音ですし、リフの刻み方、オブリガードの入れ方もまさにHMのそれです。
 他の曲も同様にHM的な演奏とパンク的な演奏がブレンドされていて、そこにプリティな女性ヴォーカルのポップなメロディが踊っているという音楽性です。Paul Gilbertの趣味全開という感じでしょうか。特に前半の曲に好きなものが多いです。Burrn!のレビューで好評価をもらっていたのも十分にうなずけます。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-10-13 23:39 | 音楽