Logout


noblame.exblog.jp
 
<   2005年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
by noblame |
  2005年 04月 29日
やっぱりそうか...
ADSL基地局が遠いってことで心配していたけどやっぱりだめ。gooスピードテストで計ってみると今日の昼間で0.28Mがやっと。基地局から4km以上も離れていたらしょうがないか。かといってテレビをそんなに見る時間も無いのにCATVでネットするのももったいないし。これじゃMR-Xからダウンロードしたりする時間がかかりすぎる。こっそりと仕事をしながら職場でダウンロードするしかないのか...orz 早くFTTHが開通してくれるのを祈ろう。

自分はADSL回線自体はフレッツなんだけど、プロバイダは別。以前はADSL8Mの契約だったんで今回12Mにしたことで何か変更の必要があるかたずねると、「せっかく12Mで契約したならスピードの出るADSL12Mのプランに変更したほうがいいですよ」と言われましたが、今回のスピード計測を見るとそんな必要なし。8MまではADSLの契約は同じ金額なんでそのまま行きます。

でも、贅沢になったもんだよね。最初にネットを始めた頃はアナログモデムの時代で、それがISDNになっただけで大喜びしてたのに。

《Today's Music》
Megadeth / Youthanasia ('94)b0014459_16232353.jpg

スラッシュ・メタル(と言っていいのかな?)バンドの6枚目(多分)。自分は根っからのスラッシュ野郎ではないんで、このジャンルにはあまり惹かれないけどそれなりに楽しめるアルバムもあるのもまた事実。Metallicaの『Kill 'em All』や『Master of Puppets』とかも割りと好き。で、このMegadeth。最初はDave Mustaineの声がダメでした。でも、この前の作品の『Countdown to Extinction』あたりから自分の中では曲自体の魅力がグーっとあがったバンドです。その勢いをそのまま持ってきた感じがするのがこのアルバム。コアなファンにすれば「こんなのMegadethじゃない」というかもしれませんが、個人的にはこれがMegadethのアルバムでは一番好き。"Reckoning Day"、"Train of Consequences"のオープニングの2曲はすっごくカッコイイと思うし、"Tout le Monde"の悲しいけど美しいメロディはたまらんです。

これもアメリカにいるときに聴きまくっていた思い出のあるアルバムのひとつです。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-04-29 16:28 | PC・ネット・スキン関係
  2005年 04月 28日
やっとADSL開通
やっと電話・ADSLが自宅に開通です。

ただ、今回アパートから最寄のNTTの基地局まで4kmちょっととADSLを引くには最悪に近い環境です。Bフレッツもまだ通ってないし...それで何MのADSLにするか悩んでいたんだけど、たまたま近くにあったYahoo!BBのお店に行って相談して12Mで工事をしました。この距離だと多分速くても3M位しか出ないんじゃとは言われたんだけどしょうがないですね。

今日は残業で少し遅くなるんで、帰ってからセットアップなどを行います。

関係ないけど、うちの職場は今回のゴールデン・ウィークはカレンダー通りに出勤しなければいけないようで、長い連休なんて夢のまた夢です。

《Today's Music》
Bowes & Morley / Mo's Barbeque ('04)b0014459_15365498.jpg

Bowes & MorelyっていうかThunderというか、とりあえずこの2人で組んでリリースした2nd。Luke Morelyが曲を書いて、ギターを弾き、Daniel Bowesが歌うんだからThunderでしょっていう気もするけど、もう少しレイドバックした感じかな。ソウル(ダンス)的なリズムもあってこれはこれで聴いていてとても楽しいアルバムです。Stevie Wonderの"Living for the City"やFreeの"Come Together in the Morning"、他に2曲のカヴァーもやってます。やっぱFreeの曲はDaniel Bowesにはぴったりですねぇ。上手い人が上手い人の曲ををカヴァーするって素敵ですね。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-04-28 15:38 | PC・ネット・スキン関係
  2005年 04月 27日
ほんとに忙しいの?
以前の職場はスタッフがかなり少ない人数だったんで、みんなが本当にいくつもの仕事を掛け持ちしながらやりくりしていました。

今年の春に転勤してきた新しい職場はスタッフの人数がまったく違います。たしかに以前の職場にはない仕事もありますが、それでも仕事の掛け持ちはほとんどありません。全般的に見た仕事は2つのオフィスでそんなに大きな違いはありませんから、今の職場は恵まれてます。ある部署の担当であればそれに付随する仕事をこなせばOKです。

ところが、ここに数年勤めている人たちは「ここの職場は忙しいよぉ。大変だよぉ」とよく言ってます。しかし、自分から見ればその仕事は自分が前の職場でやっていた数分の一の仕事だよ。仕事の中でやっているおしゃべりだとか、必要以上に長い昼食時間を減らせば楽勝です。これだけの仕事ならいつも定時で帰ることも可能です。

以前の同じオフィスで働いていた人と話す機会が最近あったんだけど、その人も自分と同じような感じを覚えたようです。これが数年するとこの感覚を忘れて「忙しい、忙しい」とうるさく言い始める人もいるようですから気をつけます。

《Today's Music》
Great White / . . . Twice Shy ('89)b0014459_1241274.jpg

名盤『Once Bitten. . .』に続くアルバム。『Once Bitten. . .』には名曲"Rock Me"が収録されていてよく言われる「大人の魅力」というかセクシーな声がいい味を出してます。『Once Bitten. . .』とくれば当然『. . . Twice Shy』という流れのアルバム。"Once Bitten, Twice Shy"というそのものずばりのカヴァー曲も大ヒットしましたね。それも楽しいんですが、他の"Hiway Nights"やバラードの"The Angel Song"、感動的なブルーズ"The House of Broken Love"なども素晴らしい出来です。Jack RussellのRobert Plantの様な色気たっぷりのヴォーカル、Mark Kendallのギターなど聴き所の多いバンドです。自分のやつはMarqueeでのライブCDがついた2枚組のやつです。

これ以降は「地味度」がどんどん増していくんで、HRというにはちょっときつくなる感じ。

名前を聞かなくなっていたのに、久しぶりに名前を聞いたのがあの2003年のロードアイランドのクラブの火災の時に演奏していたバンドということでニュースで見かけたときには正直びっくりしました。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-04-27 12:43 | いろいろ
  2005年 04月 26日
デジカメに続き...
つい最近デジカメを購入したばかりなんですが、クーラーも購入です。今回引っ越したアパートは割と大きめなんで、もう1台必要だったんです。

今回はあるチェーン店の電器店の数店が合同で在庫・展示品処分ということを聞いてたんで、そこに見に行って即決。いくら安いとはいっても取付工事料金も含めてすごい出費です。でも、夏の間、今クーラーのある部屋だけにこもって過ごすわけにもいかないんでしょうがありません。

物欲の塊の自分としてはあと車とPCが必要なんですが、それを賄うお金が...今月は「これは絶対に買い!』と思われるCDが少ないのが唯一の救いかな?でも、昨日AOR Heavenのショッピング・カートを見たら結構入ってたなぁ。あれどうしよう?って感じでもあります。

《Today's Music》
Caught in the Act / Relapse of Reason ('95)b0014459_7185592.jpg

同名のコーラス・グループ(だっけ?)がいるっていうことでGuild of Agesと名前を変えることになるバンドの1st。哀愁のメロディック・ハードです。ヴォーカルのメロディがとてもよく出来ていて、それをキーボードやコーラスが巧くサポートしています。メロディだけじゃなくヴォーカルをとるDanny Martinezの声も温かみがあって良いですね。そしてこのバンドといえばAxe。自分はこのバンドのおかげでAxeのことも知ったんだけど、そっちもいいバンドだし、このアルバムでは彼らの"Silent Soldiers"(名曲です)のカヴァーもしてます。'01年の『Citadel』以降ニュースを聞かないけど、まだ活動してるのかな?
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-04-26 07:20 | いろいろ
  2005年 04月 25日
デジカメ購入
今回、仕事場が変わってデジカメが頻繁に必要になりそうなんで、個人で購入しました。借りるのはいろいろ大変そうだったんで。

b0014459_9153466.jpg購入したのはPanasonicのLumix DMC-FX7。電器店でデジカメを眺めていてデザインが気に入ったのと手ぶれ機能の評判が良かったんでこれに決めました。ついでにSDカード(256M)を購入。結構な出費でした。購入したのは4月の始めでそれ以来結構使用しているけど、画質などは割りと満足です。しかーし、バッテリーのもちが悪すぎ。まぁ、頻繁にスイッチをオン・オフしたりする使い方もあるのかもしれないけど、それでもダメ。購入したときについてくる1枚のバッテリーだけでは話になりません。それで結局もう1枚購入。カメラのサイズ的に電池を使うのは難しいんだろうけど、バッテリーはもう少し持ってくれないと...

《Today's Music》
Shadowman / Land of the Living ('04)b0014459_9163739.jpg

FMのSteve OverlandとHeartlandのSteve Morris、どちらも好きなヴォーカリスト、ギタリストのプロジェクト。最近ではSteve Overlandの関わったThe Ladderも良かったんだけど、こちらもなかなか良い感じ。The Ladderの方がもう少しメロハーっぽい感じもするかな。でも、やはり巧いヴォーカル、印象的なメロディ、職人という感じのギタリストがいっしょにやってるんで悪いものにはなりませんね。十分印象的なメロディを満喫できる作品だと思います。オープニングの"Those Days are Gone"とかラストの"If I Had Wings"なんかは特に好きです。
ところでこのジャケットってCeltusの『Portrait』に雰囲気が似すぎてやいませんか?(←またEscape Musicのジャケットに文句言ってる!)ここでも書きましたがアイリッシュやケルト的な音楽が好きならCeltusもお薦めです。これがCeltusの『Portrait』のジャケット。b0014459_9205013.jpg
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-04-25 09:24 | PC・ネット・スキン関係
  2005年 04月 19日
通販、通販
昨日は通販で注文していたものが2つ届きました。

b0014459_10375017.jpg1つはAmazon.co.jpよりTerraplaneの『We Survive: the Anthology』。Terraplaneの『Black and White』と『Moving Target』は再発されたときにそれぞれ購入していたんだけど、今回の『We Survive』は2CDでそれぞれのアルバムにボーナストラック(それぞれ7曲と8曲)が入った形なんで購入。メンバーは基本的にThunderなんだけど、音楽性はもっとポップス的な感じ。キーボードも豊富に入ってます。ハードポップですね。やっぱDaniel Bowesのヴォーカルはいいですねぇ。曲のクォリティやパフォーマンスはThunderのそれと比べればまだ青いって感じるときもあるけど、こういう路線もいいかも。ブックレットに移っているメンバーの若い(恥ずかしい)写真も結構見ものです。

b0014459_10372746.jpg2つめはフロアツリーランプ。フロアスタンドに3つのランプがついているやつです。間接照明的なものが欲しかったんで購入しました。セッティングして部屋の電気を消して、これだけをつけると結構良い感じです。少し値は張ったけど、ランプの形状が気に入ってます。今はベッドルームにおいてあります。ステレオもそこにあるんでリラックスして、お酒を飲みながら早速Terraplaneなどを聴いてました。

《Today's Music》
Terraplane / Black and White ('85)b0014459_1037545.jpg

2枚あるTerraplaneのアルバムではこっちの方が好き。Daniel Bowes, Luke Morely, Harry (Gary) JamesというThunderの3人プラスギター、ベースという編成で基本的にはThunderと一緒。でも曲調はかなり違います。ハードポップです。こういう感じの曲もしっかり歌いこなしているDaniel Bowesって凄いですねぇ。"I can't Live without YOur Love"、"Talking to Myself"が特にお奨めかな。2ndの『Moving Target』はさらにポップにというかダンサブルにというかそういう感じになってます。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-04-19 10:40 | いろいろ
  2005年 04月 18日
歓迎会って嫌!
多くの職場で今頃は歓迎会の連続でしょう。うちの職場も例外ではありません。先週末も金、土と夜はそれでつぶれました。日曜日も朝早くから仕事で何だかなぁという感じ。

おいしいお酒を飲んで、おいしい料理を食べることは勿論大好きなんだけど、歓迎会などのパーティは苦手。人数が多いっていうだけで落ちつけないし、立食で出る食事って食べられない。あまり食欲が刺激されない。落ち着かないことが原因なんでしょう。今回は自分は歓迎される方で丁寧な招待状ももらったんで、顔は出したけど、ただただ時間が過ぎるのを待っているって感じでした。「歓迎会に招待」ってことは新顔ってことなんで、あまり知らない人たちに囲まれてることになるんだけど、それも耐え難い状況を作り出す要因です。

次回からは「招待される」立場ではないので、無理して顔を出すこともないだろうし、出席するにしても遅れて現れて、しばらくして早めに退散という形になるはず。

自分は飲み会でもコンパでも何でも6人位が限度かな。あっちこっちでわぁわぁされているって何か嫌い。疲れる。それよりは小さなテーブルを囲める人数で落ち着いてくだらない馬鹿話をやっているのが大好き。

《Today's Music》
Pete Sandberg / Reflections ('04)b0014459_11222290.jpg

元Alienのヴォーカリストのソロアルバム。Alien脱退後はいろいろなプロジェクトでその魅力的な声を聴くことは出来たんだけど、Silver Seraphとはかなりメタリックな路線で、「これは違うなぁ」と思ってました。でも、このアルバムはアコースティックが中心の暖かい路線のアルバムに仕上がってます。Arena Swedenのアルバムにもある"Heaven Belongs to You"(そっちでは単に"Heaven"という曲名だけど)は女性ヴォーカルとのデュエットになっているし、それ以外の曲もバラード、スローテンポの曲でこういう感じのアルバムを気にしない人なら楽しめるんじゃないでしょうか?
でも彼って痩せ過ぎだと思います。写真を見るたびに怖いです。やっている曲はメロディの良い温かいものなのに...
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-04-18 11:29 | いろいろ
  2005年 04月 14日
原付バイク Part 2
最近発見しました。
自分のお気に入りの見た目は悪いが改造済で性能の良い中古原付バイク、エンジンがついたままでキーが抜けます。それもなんの引っかかりもなくスルスルっと簡単に。
エンジンをかけた後はキーを抜いて走ることもできますが、キー無しで走っていると盗難車と思われそうなんでやめときます。
考えようによってはこれは便利。エンジンをかけた後にメットインの部分に入れたものを取り出したり、逆に物を入れたりできます。あわてものの自分は結構やってます。エンジンをかけた後にU字ロックを外していないのに気がつき、エンジンを止めずにかぎを外したり。

古いバイクなんでガソリンが3リットルしか入らないのが難点。満タンにしてもあっというまに燃料計はEゲージを指してしまいます。当然今の原付に比べれば燃費も悪いんで。

《Today's Music》
Dave Meniketti / On the Blue Side ('98)b0014459_9473597.jpg

Gary Mooreと同じ位、彼のギターの巧さにしびれます。Y&Tと比べるとこのソロアルバムはブルースを強調したつくりなんでGary Mooreの『Still Got the Blues』(これも名盤)も連想しますが、彼のヴォーカルのためかこちらの方がより『熱い』感じがします。(良いとか悪いということではありません。)オープニングの"Man's World"はJames Brownのカヴァーですが、粘っこいギターと彼の熱唱が聴けます。それ以外の曲もどっぷりとブルーズではなく割りとハードロックにも近いものがあるので、「Bluesはちょっとなぁ」という人でも大丈夫。メロディも感動的です。特にインストの"Say Goodbye"はGary Mooreの"The Loner"と同じように悶絶します。Gary Mooreのギターと共に彼のギタープレイも必聴ですね。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-04-14 09:49 | いろいろ
  2005年 04月 13日
原付バイク
引越しをして自転車では通勤することがほとんど無理なんで、中古で原付を購入しました。

購入した翌日にバイクショップに電話をして引取りができるかどうかを聞いてみると「OKですよ」と言われたんでショップに行きました。するとその店員が申し訳なさそうな顔で「整備をしているときにメットインの部分に鍵を入れてしまったみたいです。取り出すのに少し時間がかかるんで代車でお願いします」と言われました。申し訳なさそうにしてましたが、こっちは思わず笑いそうになりました。
 1時間後、電話があってバイクを取りに行きました。そのときの彼がバイクを出しながら「これは自分で乗ろうかなぁと思ってたんでライトのスイッチもつけたんですけど良いですよね」と一言。今の原付にはライトのオン/オフのスイッチはついてないんでそれを自分でつけていたみたい。まぁそのことは自分にはノー・プロブレム。そしてバイクを引き取って走ってみると整備の人が自分で乗ろうと思っていただけあって調子はすごく良いです。さらにリミッターも外してあるようでスピードも出ます。60km/hのメーターもすぐに振り切ります。見た目はすごく悪いんですが性能的には文句なし。

《Today's Music》
Mark Free / Long Way from Love ('93)b0014459_925943.jpg

これもメロハーの名盤の中のひとつですね。再発盤はライブ+未発表曲のついた2CD。1曲目の"Someday You'll Come Running"は文句なく名曲。Venus & MarsのRobin Randallとその母親のJudith Randallが曲を提供していて、このアルバムからの何曲かは彼女たちのアルバム『New Moon Rising』にも入っていますし、FMもやってますね。Airkraftもやってるみたいですがこれは未聴です。
それ以外の曲もハードポップかくあるべしという感じで心地よいメロディを透き通った声で歌い上げています。"Stranger Among Us"や前述のVenus & Marsもセルフ・カヴァーしている"The Last Time"など前半の出来は文句なし。後半も決して弱いというわけでもないんで丸々一枚お奨めできます。ライブではこのアルバムの曲以外にも彼の在籍していたKing Kobraの曲もやってますし、未発表のスタジオテイクも入ってます。
彼の在籍したSignal、King Kobraも再発されていて良いアルバムだとは思いますが、これにはかないません。ソロの『Tormented』は今ひとつかな。

ところで、彼、性転換してMercie Freeになっているのは有名な話ですね。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-04-13 09:26 | いろいろ
  2005年 04月 12日
Back on the Net
転勤に伴う忙しさがあったんで職場でも個人のPCを接続していませんでしたが、本日やっと接続です。以前の職場ではLAN管理もしてたんでIPアドレスさえ教えてくれればすぐにでも接続できたのに担当に催促してやっと今日もらうことができました。やったー。ネットだけでなく自分のPCに入っているソフトを使っての仕事もしたいんで、これで効率アップです。
後は自宅。NTTに問い合わせをしたんですが、それ以来ナシのつぶて。いったいどうなっているの?

引越しに伴っていろいろあったけど、それはおいおい。

最近買ったCDも忙しくてあまり多くないなぁ。
Heartland / Move on
Rick Price / A Million Miles
Spiritual Beggars / Demons
Paul Gilbert / Space Ship One
Lana Lane / Lady Macbeth
Thunder / The Magnificent Seventh

この中でのお気に入りはThunderとHeartland。ThunderはオープニングからThe Rolling Stonesの"Honky Tonk Women"を思わせるノリの良いロックンロールを展開してくれます。やっぱDaniel Bowesのヴォーカルは絶品。Heartlandは大好きなバンドですが、このMove onは特に良い感じです。オープニングの"City of Lights"から最後の"Remember Me?"まで良いプロダクションで良質のメロディック・ハードロックを聴かせてくれます。これでファンが増えて来日公演でもやってくれれば言うことなしなんですけど。

《Today's Music》
Spin Gallery / Standing Tall ('04)b0014459_10173745.jpg

Swedenの3人組のヴォーカルユニット。プロデュースはTommy Denander。この人いつ休んでるのかしら。自分のプロジェクトもいろいろあるのに。
まぁそれは良いとしてこのアルバムはポップ/AOR的な感じに仕上がってます。ダンサブルな感じのリズムの曲から始まってストレートなメロディが満載です。これは結構お気に入りのアルバムです。
日本盤も出てるんですね。私の持っている輸入盤とは曲順も多少違うし、ボーナストラックも入っているようです。発売しているKing Recordsのページでは3曲の国内盤ボーナスとなっていますが、多分2曲。自分の持っているやつには"To Hell and Back"は入ってます。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-04-12 10:19 | PC・ネット・スキン関係