「ほっ」と。キャンペーン
Logout


noblame.exblog.jp
 
<   2004年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧
by noblame |
  2004年 12月 29日
Wish You a Happy New Year!
これから実家に帰省します。正月休みは仕事でもプライヴェートでもPCから離れてのんびりと過ごします。

昨日の2004年のお気に入りはやっぱり今日になると「あれも入れておけばよかった」とか「これははずしてもいかな」っていうのもありますが、それはそれでいいかな。

「ブログって何?」っていうことを職場で聞かれ、うまく答えることができなかったんで、とりあえず自分で始めちゃえってことではじめたこのブログもなかなか続いてます。質問にも答えることができたし、良かった、良かった。

多くはないけれども、このブログに立ち寄ってくださったみなさん、どうもありがとうございました。来年が良い年になりますように。

WISH YOU A HAPPY NEW YEAR!


《Today's Music》
TNT / Intuition ('89)b0014459_11291355.jpg

TNTっていえばこれですよね。これぞ北欧って感じのサウンド。これだけ透明感のあるメロディを奏でられたら、何もいうことはありません。HRではあるけれども、ポップさも十分にあってHRファン以外に受け入れられてもまったくおかしくはないですね。Tony Harnellのすばらしい高音、Ronni Le Tekroのテクニカルでありながらもメロディアスなギター、抜群の組み合わせです。イントロ風の"Nation Free"から"Caught between the Tiger"、そして名曲"Tonight I'm Falling"、言葉を失うすばらしさです。バラードも壮大だし、パーフェクトに近いアルバムです。北欧メタルのトップ5に入るアルバムでしょう。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-12-29 11:30 | いろいろ
  2004年 12月 28日
2004年のCDの中から
2004年も終わりです。帰省の前に片をつけようと部屋の掃除をがんばりました。CDラックの整理も行いました。2004年に購入したCDはたぶん100枚弱かなと思うんだけど、発売日を心待ちにするCDはあまり多くなかった印象です。すこし残念です。
今年購入したCDの中から2004年発売分(再発や03年以前発表の作品は除く)で今日のお気に入りはこれ。(順不同です)
Crossfade / White on Blue
Stan Bush / Shine
Eric Clapton / Me & Mr. Johnson
From the Inside / From the Inside
Richard Marx / My Own Best Enemy
Pride of Lions / The Destiny Stone
Pete Sandberg / Reflections
Spin Gallery / Standing Tall
Bon Jovi / 100,000,000 Bon Jovi Fans can't be Wrong. . .
Bryan Adams / Room Service

CrossfadeはGöran Edmanのヴォーカルのすばらしさにノックアウト。Stan Bushも相変わらずクォリティの高い作品を出してくれました。Richard Marxはこの中でも特にお気に入り。すばらしい作品を出してくれました。Bon Joviはこれだけの未発表曲を出してくれた姿勢に脱帽。ファンにはたまりません。Bryan Adamsも前作『On a Day Like Today』が、がっかりの作品だったんで余計に良く感じたのかも。上記以外にもShadowman、ClarkJeff Scott SotoJosh GrobanThe WildheartsRod Stewartのカヴァー集とかもよく聴いた。他に年末に購入したThe Sign、Shy、Heartplay、Shadows Fade、Final Frontierとかはまだちゃんと聴いてないんで残念。
 再発されたCDの中ではErikaの『Cold Winter Night』、Riverdogsの『Riverdogs+On Air』、Fortuneの『Fortune』、Shark Islandの『Law of the Order』が特に良かったね。
 来年はRiverdogsのニューアルバムが出るんじゃないかってことなんでそれはかなり期待してます。

《Today's Music》
Urban Tale / Signs of Times ('03)b0014459_19583546.jpg

フィンランド出身のAOR/HRバンドの2nd。JourneyのSteve Perryを思わせるKimmo Blomがすばらしい声を披露してます。1曲目の"Starship of Giants"のドライブ感、"Don't You Know"、"Mary、や"Still Strong"などのバラード、どれをとっても北欧の名に恥じない透明感のあり、ポップなメロディを提供してます。1stも良かったけど、この2ndでさらにステップアップした印象です。「北欧」、「メロディアス」、「叙情・哀愁」という言葉に引っかかるものがあれば聴いてみるといいですね。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-12-28 20:27 | 音楽
  2004年 12月 27日
とりあえず、今年の仕事納め
とりあえず、今日で仕事納めになりそうです。明日は以前の休日出勤分の代休消化です。1日で引き合うわけはないんだけど...まぁ、年末の休暇ですからありがたや、ありがたやってことで。

年末大清掃作戦、昨日・一昨日でほとんど終了です(拍手)。あとは洗濯があるんだけど、あいにくの天気です。帰省する前にせめて1日でもスカッと晴れて欲しいもんです。

左のメニューの「COMMENTS」と「TRACKBACKS」の文字の大きさを小さくしました。今回もsaradhinaさんの『めもにっき。』の「スキンの小技【幅・文字】」を参考にさせていただきました。感謝。感謝。

《Today's Music》
Tai Phong / Tai Phong ('75)b0014459_13121897.jpg

フランスのプログレ・バンド。哀しげなメロディを聴きたいときにはこれを聴くといいです。プログレとはいっても、時々(よく?)ある長々とつまらない展開で飽きさせることなく割りとストレートに進行していきます。"Going Away"から名バラード"Sister Jane"、そしてアルバム本編のラスト(CDにはボーナス曲がこの後入ってる)を締めくくる"Fields of Gold"~"Out of the Night"、素晴らしいです。特にピアノの音色が哀愁を醸し出してます。ギターは結構弾いてるんだけど、「やかましさ」を感じさせるどころか、逆に静寂の美しさを強調する感じです。(ここらへんボキャブラリー不足でうまくかけないけど)。とりあえずおすすめのアルバム。2ndの『Windows』もいいですよ。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-12-27 13:14 | いろいろ
  2004年 12月 26日
天国からのプレゼント
イブの日に仕事から帰ると、AOR HeavenからCDが届いてました。今回のオーダー分は
RPM / RPM
The Sign / The Second Coming
Shadows Fade / Shadows Fade
Y & T / Unearthed Vol. 2
全て聴きたいんだけど、残念ながらまだどれもちゃんと聴いてません。Bon JoviのBoxセットを一通り聴いて、Shadows Fadeを少し聴いたくらい。いろいろと忙しくて。iPodに取り込んで全て年末・年始の休みに聴いてみるつもりです。

[追記]
この記事を投稿して久しぶりにOperaで閲覧してみたんだけど、左メニューのリンクが押せなくなってます。そのほかのブラウザ(IE、Lunascape、Netscape、Firefrox、Sleipnir)では反応するのに...この形にスキンを編集した際に参考にさせていただいたサイトの管理人の方からそこにのせられているままの方法ではリンクが押せなくなるよっていうコメントをいただいたのに、普段使っているブラウザでは問題なしだったんで、ソースをいじることはしませんでした。甘かった。時間を見て原因を探して見ます。

《Today's Music》
Kansas / Freaks of Nature ('95)b0014459_22293316.jpg

プログレ・ハードのバンドの中でもかなり好きなバンドのひとつ。『Leftoverture』とか『Point of Know Return』なんかはすごく好き。でも、今日掃除をしながら聴いていたアルバムのひとつがこれ。1曲目の"I can Fly"は躍動感たっぷりで、ホントに空を駆け上がれそうな感じ。それ以外も"Hope Once Again"、"Black Fathom 4"、"Cold Grey Morning"なんかが好き。これ以降のアルバムも悪くはないけど、これと比べると個人的には「今ひとつ」って感じ。このアルバムが出てしばらくしての来日公演を見に行ったんだけど、良かったな。自分が行った日はお客さんの入りはそんなに多くは無かったんだけど、やっぱ上手い演奏ですばらしい曲を聴かせてくれるっていうプロとしては当たり前(だけど、それをしてくれないバンドも多いね)のことをしてくれて、とても満足したのを覚えてます。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-12-26 22:33 | 音楽
  2004年 12月 23日
今日も遅くなりそうな感じが...
休日出勤してます。昨日の忘年会は1次会で切り上げて、今日は午後から出勤してます。昨日飛び込んできた仕事は思ったより早く終わったんだけど、別件で結構時間がかかってます。普段は常時使われていて、なかなかメンテが追いつかないクライアントPCの世話をしてます。久しぶりにチェックしてみると、ウィルスソフトの接続先が昔のままで、まったくアップデートされてなかったり、Windows Updateが行われていなかったりで大変です。やっぱり口頭で「アップデートしてください」なんてことでは駄目みたい。「分からなければ聞いて下さいね」とは言っているんだけど、こっちが言ってることからして分からないんだろうなぁ。まぁ、しょうがないや。PCの管理も仕事のうちなんで、今日がんばって終わらせます。でも、こんなときに限ってネットの接続が遅いんだよね。

《Today's Music》
From the Inside featuring Danny Vaughn / From the Inside ('04)b0014459_15562895.jpg

元Tykettoのヴォーカル率いるバンドのデビュー・アルバム。仕事をしながら聴いてました。Tykettoといえば"Forever Young"。このバンドの後のVaughnのライブでも歌ってましたね。やはり、この人の声は素晴らしい。伸びがあり、そしてとても爽やかな声をしてます。この『From the Inside』は彼の声を十分に活かしたメロディアスな曲が満載ですね。オープニングの"Suddenly"、続く"Stop"なんかはかっこいいメロディック・ロックだし、""Losing Game"や"Damn"のようなスローな曲も素晴らしい。文句なしにいいアルバムです。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-12-23 16:37 | いろいろ
  2004年 12月 22日
また、休日出勤か...
今頃になって、明日中に終えなければいけない仕事がでてきました。明日も休日出勤が決定。年末ってこんなに忙しいものだったけ?1年前のことなんでもう忘れてます。

今日は職場の忘年会。みんなそそくさと職場を後にしていきました。残っているのはほんの数名か。このぶんだと忘年会にも遅刻。こうなったら挨拶も終わるころを狙ってゆっくり登場します。

以前、「コメントへのリンクが消えた」って騒いでたんだけど、何のことは無い自分のうっかりミスでした。「コメント不可」の欄にチェックが入ってたみたい。自分では入れたつもりもないし、スキンをいじってたときだったんで、何か間違って書き加えたか、削除したかと思ってたんだけど。「設定」の「記事管理」を見ていて気がつきました。馬鹿ですねぇ。

《Today's Music》
Bad English / Bad English ('89)b0014459_17424020.jpg

これもスーパー・グループですね。John WaiteNeal SchonJonathan CainRicky PhillipsDeen CastronovoのJourney周辺にいる素晴らしいミュージシャンが集まって作ったんだから、普通に考えて悪いわけが無い。(この面子でこんなアルバム?ってのも結構あることも事実だけど)。ハスキーでいて憂いのある声、弾きまくっているんだけど曲にうまくはまってるギター、パワフルなドラムス、それらが上手く調和してます。AOR的なハードロックでまさに自分の琴線に触れるタイプのアルバムに仕上がってます。13曲も入ってるんで、後半少し弱いかなってことが無きにしも非ずって感じもするけど、アルバム全体として非常によく出来た作品です。大ヒットしたバラード"When I See You Smile"もいいけど、自分は"Possession"の方が好み。バラード以外もメロディが抜群です。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-12-22 17:48 | いろいろ
  2004年 12月 21日
ケアレスミスでした(涙)
自分のケアレスミスでした。左メニューの項目名変更できました。ブラウザによって少し見え方が違うし、細かい点で手直しが必要ですけどとりあえずOKです。後は各項目のフォントの色や画像、スペースなどの変更を時間をみて加えていきます。

今回特に参考にさせていただいたサイトはsaradhinaさんの『めもにっき。』の「項目に好きなタイトルをつけてみよう!」です。

CATEGORYに「PC・スキン関係」を追加しました。これから少しずつ分類しなおす予定。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-12-21 16:11 | PC・ネット・スキン関係
  2004年 12月 21日
スキン編集に挑戦...でも。何で?
本ブログの左メニューの各項目の名前を変えようとして、いくつかのサイトを参考にしてやってみました。プレビュー表示をさせるとだいたい意図したとおりの表示になるし、普段使っているブラウザのFirefoxではそんな感じでうまく表示されます。でも、IEで確認すると崩れるどころか、本文やメニューまでもが表示されなくなりました。Operaではソースの中身の文字と思われるものが数文字表示される始末。これはFirefoxでチェックしながら編集していたからかなと思って、IEで編集をしてみたんだけど、結果は同じ。その場合もカレンダーから日付をクリックするときちんと表示されるんだけどね。まったく意味が分からなくなったんで、結局もとに戻しました。年末の休みにでもまたやってみたいんだけど、実家に戻るからネットにはつながらないし。まぁ、ゆっくり考えてトライすることにします。

《Today's Music》
Cutting Crew / Broadcast ('86)b0014459_14235736.jpg

Cutting Crewといえば"(I just) Died in Your Arms"の一発屋として知られてるのかな?でも、確かにこの曲は名曲です。物悲しいメロディ、たまりませんね。でも、このアルバムはそれ1曲で片付けるにはもったいない出来です。特に前半の"Any Colour"、"One for the Mocking Bird"、"I've been in Love Before"なんてとっても良い曲です。「この1曲」のために名盤扱いされて、プレミアがついたり、再発されたりするアルバムと比べれば本作はかなり良い線いっているアルバムだと思うけどな。ま、2ndは確かに今一つ(二つ?)の内容だったし、続かないのもしょうがなかったかな。ベスト盤も出ているようだけど、この1stさえあればいいんじゃない。(今回のジャケットはイギリス盤で、国内盤とは違います)
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-12-21 14:26 | PC・ネット・スキン関係
  2004年 12月 20日
たくさん買いました
今週末、通販も含めてCDとDVDに散財してきました。今回はHR色が強い感じです。
Bon Jovi / 100,000,000 Bon Jovi Fans can't be Wrong. . . (これはAmazon.co.jpから)
Pete Sandberg
/ Reflections
Last Autumn's Dream / II
Shy / Sunset and Vine
Final Frontier / High Tension Wire
The Wildhearts / The Wildhearts Strike Back
Evanescence / Anywhere but Home
Queen / Queen on Fire: Live at the Bowl (DVD)
TMG / Dodge the Bullet (DVD)
Eric Clapton / Unplugged (中古)
Richard Marx / Repeat Offender (中古)

これだけ購入したんだけど、実家にはiPodしか持って行かなかったんで、どれもまだ聴いたり、観たりしてません。中古を除けばどれも期待の大きなタイトルです。これから年末、忙しくなるってのにこれだけを聴き終えるのはいつになるのやら...
中古の2枚に関しては、現在持っているやつが傷ついちゃったんで買いなおしってことです。

これ以外にも実家に帰る前にAOR Heavenにもオーダーかけちゃいました。発送の知らせは受け取ったんで年内には確実にやってくる。うれしい反面、恐怖です。(笑)
で、そのオーダー分は

Y & T / Unearthed Vol. 2
The Sign / The Second Coming
Shadows Fade / Shadows Fade
RPM / RPM + 5

全てを聴いて、感想を持つまでになるのは確実に年越しだね。

《Today's Music》
Survivor / Vital Signs ('85)b0014459_10592283.jpg

Peter Ceteraの『Solitude/Solitaire』を週末に聴いて、『ベスト・キッド』繋がりで、これも聴きました。"Eye of the Tiger"はいつ聴いても、映画『ロッキー』シリーズを思い出して、血が熱くなるんだけど、Survivorのアルバムとしてはやっぱこれかな。Burrn!でもよく絶賛されてる名バラードの"The Search is Over"も入ってるし、それ以外も"I can't Hold Back"、"High on You"、"It's the Singer not the Song"、"The Moment of Truth"とか好きな曲の多いアルバムです。 「Jim Peterikさすが!」って思うし、ヴォーカルのJimi Jamisonもいい感じです。これも80年代によく聴いたアルバムのひとつです。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-12-20 10:59 | 音楽
  2004年 12月 17日
CSSとHTMLを少しいじってみました
ホントに少しだけCSSとHTMLをいじりました。今までいくつかのサイトを参考にしたり、それを元に適当にいじってきたんで、ソースがごちゃごちゃしてわけ分からなくなってます。それで、覚えている部分に限っては/*. . .*/で注釈みたいなものをつけました。
 次にa.Neoさんの『Access Granted II』というサイト(ここのカスタマイズされたスキンはすごいです)にあった"うぜぇ<SPAN CLASS=TIME>を消しちまぇ!(笑"を参考にして月別の表示の方法を変更しました。これは前から自分も気になってたことなんで助かりました。ここは本当に詳しく書かれていて、自分のような素人には分からないことも多いんですけど、これから少しずつ参考にしながら勉強してみます。
 もう一つはエキサイトのバナーの下にあった"XML | ATOM"と"SKIN by . . ."の部分を非表示にして自分で打ち直しました。これは"SKIN by. . ."が自分が使っているハンドルネームと異なっていて気になってたから。これで、とりあえず画面上からはエキサイトの登録IDは消えました。

明日から野暮用で少し実家に戻ります。

《Today's Music》
Bon Jovi / Slippery When Wet ('86)b0014459_1927875.jpg

自分のHR好きなところはここから始まってます。当時は中学生で洋楽を聴き始めてしばらくたっていたんだけど、ある友人がRATTを持ってきました。これを聴いた瞬間、「なに、これ?変な声。ギター、うるせぇ」と思いました。でも、ほぼ同時期にTVでBon JoviのPVを観た時にはなぜか「かっこいい」となるから不思議。で、初めてCDを買うことになってそのときの1枚がこれでした。(ちなみにもう1枚はPeter Ceteraの『Solitude/Solitaire』)。"You Give Love a Bad Name"、"Livin' on a Prayer"、"Wanted Dead or Alive"、"Never Say Good Bye"をはじめ、これだけいい曲が詰まったアルバムはなかなか無いです。Jonがインタビューで「自分達が新たなロックファンに向けての扉を開いたんだ」というようなことを言っていたことがあったと思うんだけど、自分にとってもまさにそのとおり。彼らのお陰でこれだけ長く聴いていても飽きのこないHR/HMに出会うきっかけになったんだから。(RATTもその後は聴くようになって好きなアルバムもありましたよ、『Dancing Under Cover』とか。)このアルバム最初に買ったやつはだめになっちゃって買いなおしたんだけど、それは1曲目が"Let It Rock"になってる。確か最初に買ったときの1曲目は"Pink Flamingos"じゃなかったかなと思うけど。ただ、クレジットが変わっただけだろうけど。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-12-17 19:37 | PC・ネット・スキン関係