Logout


noblame.exblog.jp
 
<   2004年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
by noblame |
  2004年 10月 29日
よい週末を!
今日は週末。珍しく仕事が立て込んでいないのか、職場には6時前だというのにすでにほとんど人がいません。なんか、「週末モード」全開って感じで、仕事をしてるのがつらくなります。でも、みんなそれぞれの生活があるんだからしょうがないか。そういっている自分ももう少しで仕事を切り上げて帰ります。それからプールで泳いで、ワインでも飲みながらDVDを観て、好きな音楽でも聴いて夜更かしします。天気の良い週末になりますように!

《Today's Music》
Westlife / Coast to Coast ('02)b0014459_1757013.jpg

イギリスのアイドル(?)・コーラスグループ。友人に紹介されて聴いたんだけど、最初はジャケットのあまりにアイドルって感じにあまり期待もしてませんでした。なめてました。ごめんなさい。これは良いです。たんなる顔のいいおにいちゃんたちがポップスを歌っているというよくあるパターン以上のものです。Mariah Careyとのデュエット曲も良いし、カヴァー曲もグッド。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-10-29 17:56 | いろいろ
  2004年 10月 27日
「情報」の重さ
新潟中越地震、ほんとに恐ろしいね。被災者の本当の不安は当事者以外にはわからないだろうけど、その人たちの心中を察することくらいはできる。自分も台風の被害にあって、数日間電気の無い中で暮らしたことがあるけど、それは本当にきつかった。でも、台風に関していえばいったん台風が去れば、その台風は基本的には戻ってこないんで復旧作業に力を全力で注ぐことができる。でも、地震は違うよね。いつ襲ってくるかもわからない余震におびえながら、復旧作業を行わないといけない。この差は大きいよね。被災者の皆さんにはがんばってほしいです。自分も小さいながらもできることはやってあげたいと思ってます。

普段はNHKに対していい印象は持っていないけど、今回の地震の際には、「さすが公共放送」って思いました。通常番組を取りやめて、安否情報を確認する掲示板をずっと流してたよね。あれってすごいことだと思う。安否のわからないまますごす日々は当事者にとってはとってもきついだろうから。民放局も軒並み特番を組んでいたけど、これもしょうがないというか必要なことなんじゃないかな。被災者やその周りの人たちがまず必要なのは「情報」だろうから。こういう非常時に通常の番組が放送されないからってTV局に文句を言うのってどうかと思うよ。ましてや民放局って有料放送じゃないし。『ドラえもん』が1回見られない被害(?)と命や財産に関わる情報が得られなくなるということを秤にかければ、どっちが重いんだろう。すぐにわかることだと思うんだけどなぁ。

《Today's Music》
Acoustic / John Lennon ('04)b0014459_10514924.jpg

今月発売になったJohn Lennonのアコースティック曲を集めたアルバム。The Beatlesは個人的にもやっぱりはずせないし、こんなに世界中に多くのファンがいるってすごい。それで、このアルバムも早速購入。結論から言うとこれが正規盤として流通するのがすごいっていうこと。これまで公開されなかった音源を集めたわけだから当然、音質は良くない。未発表曲も彼の他の曲には及ばない。The Beatles関係の海賊盤もいくつか持っているけど、以前ならこのアルバムもそのグループに入るんじゃない。それでもこのアルバムは売れんだろうから、やっぱThe Beatlesってすごいね。自分もなんだかんだいいながら、このアルバムを結構聴くだろうし。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-10-27 10:53 | いろいろ
  2004年 10月 25日
What a Wonderful Weekend!!
先週末はいままでとは違って、まったりとしながらも非常に幸福な週末でした。

それ以外にも最近はたくさんワインを買い込んで飲んでます。結構いいやつもあるのでそのうちに感想でもアップしたいな。「おいしかった」で満足して終わる可能性も大きいけど。

《Today's Music》
Nuclear Valdez / In a Minute All World could Change ('02)b0014459_1256615.jpg

名前はなんとなく以前から知っていたような感じなんだけど、誤解していました。スラッシュバンドかと思ってました。多分Nuclear Assaultか何かと混同していたはず。このNuclear Valdezの方はスラッシュでもなんでもなく暖かく、哀愁味あふれるメロディーがとても印象に残るロックバンド。メンバーは多分ヒスパニック系だと思うけど、ラテン系を強調しすぎることも無く、広い層に聴いてもらえる音楽性だと思う。このアルバムは3枚目かな。以前のアルバムも探し出して聴いてみたいと思わせるバンドです。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-10-25 12:57 | いろいろ
  2004年 10月 22日
Anniversary
This is gonna be THE anniversary day.
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-10-22 21:00 | いろいろ
  2004年 10月 20日
やっと『Seinfeld』のDVDが発売に、でも...
Amazonをブラウジングしていたら『Seinfeld』のDVDがやっと発売されるとのこと。アメリカにいるときに大好きで観てたTVコメディ(sitcom)。録り貯めたビデオをDVDに落として今でも時々見てます。ストーリーが分かっていても同じ所で笑っちゃうんだから、本当に好きなんだろうな。このプログラムが大好きな理由は少々毒のあるユーモアで日常を誇張して描くことと、登場人物が言うように、ストーリー自体が"Shows about nothing"(どうでもいいことについてのショウ)であるってこと。日常を誇張したコメディは古典的なものだけど、すごく面白い。アメリカでも大人気で、今でも再放送をよくやっていて、アメリカに行くたびに夜ホテルで見てる。『Friends』よりもずっと好き。『Friends』は毒が足りないというか、ある程度のストーリーラインに乗って物語が展開しているというか、あまり好みじゃないんだよね。

『Seinfeld』が好きな人は多分見ていると思うけど、Jerry Seinfeldの『I'm Telling You for the Last Time (Live on Broadway)』もお薦め。アメリカでよくあるStand-Up Comedyだけど、これがすっごく面白い。日本版がないのが残念だなぁ。

Amazonで見つけたDVDはリージョン1なんで、ちょっと迷ってます。『Friends』が日本発売されたんだから、『Seinfeld』もそうなってほしいけど、露出度からいって難しいのかなぁ?しばらく待って、日本版が出ないようならリージョンフリーのDVDプレーヤーに買い換えます。

《Today's Music》
Venus & Mars / New Moon Rising ('98)b0014459_19524382.jpg

女性デュオDiana DeWittとRobin Randallによる2nd。ハードポップの好盤。ハードポップの名盤といわれるMark Freeの『Long Way from Love』の全曲を手がけてるんだから当然かも。ポップながらもどこか哀しげな旋律は、この手の音楽が好きな人にはたまらないはず。2人の書いた"Bless a Brand New Angel"はKansasのヴォーカリスト、Steve WalshのプロジェクトKhymeraもカヴァーしてたし。やっぱすばらしい曲だよね。他にも"Accident'ly on Purpose"とか"One Heartbeat at a Time"、"Last Chance Cafe"などいい曲満載。このアルバムを聴いて2人の所属するレコード会社(Phonograph Records)から1st『Grand Trine』を購入したんだけど、一緒にRobinからの直筆のメッセージが添えられていたのは感動したね。2人と一緒に曲を書いてたRobinの母親Judithが少し前に亡くなったらしいけど、気持ちが落ち着いたらまた第一線に戻ってきて、すばらしい曲を提供してほしいな。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-10-20 19:54 | 映画・TV
  2004年 10月 18日
ブラウザって
現在、自分のPCにインストールされているブラウザ―Internet Explorer, Netscape Navigator, Opera, Mozilla Firefox。普段はIEを使っているけど、仕事で簡単なWebページを作成したりしたときにNNとOperaを確認用に使用してました。そして、おとといMozilla Firefoxを初めて使ってみました。NNに関してはあまりに起動時間がかかるのでほとんど使うことはない。Operaもタブブラウザってことも売りのひとつらしいけど、個人的にはそんなにタブブラウザに必要性を感じません。それで多くの人と同じようにIEです。けれど、このFirefoxは割と良いかも。起動時間も短いし、ポップウィンドウのブロックもあるし。このブラウザについては良く知らないけど、IEよりはセキュリティについても良いのかな?

PCを起動させて、ネットに接続するときにはなんとなくいつもの癖でIEをクリックしてるけど、しばらくはこのFirefoxを使用してみようっと。

《Today's Music》
George Michael / Faith ('87)b0014459_18502217.jpg

初めて自分で購入したCD。当時高校生になったばかりでお金も無く、CDもではじめで値段も高く、新聞配達をして小遣いを稼ぎながら購入したんでよく覚えてる。Wham!がとっても好きで、彼がソロになってからもAretha Franklinとのデュエット曲 "I Knew You were Waiting"もPVを飽きるほど観てた。このアルバムは本当によく聴きました。今みたいにCDを好きなように買う余裕もなかったんで、逆によく聴き込んだってのもある。歌詞も意味は別としてもほとんど全部覚えてたから。いまでも時々引っ張り出して聴くけど、やっぱ好きだな。2ndの『Listen Without Prejudice Vol. 1』まではまぁまぁ良いけど、それ以降は×。ヒットも出ないのも当然という出来。自分の満足する作品を出してるとか何とか言ってるのを読んだことあるけど、それだけではダメだと思う。聴き手あっての音楽でしょ。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-10-18 19:00 | PC・ネット・スキン関係
  2004年 10月 15日
ワインのラベル(エチケット)は…
ワインは好きなんでよく飲んでます。これまでコルク栓は捨てずに大きなガラスのビンに投げ入れて、部屋のオブジェとしてとってあります。最近、ラベル(エチケット)も保存し始めました。これまでもやろうと思っていたんだけど、何か面倒くさくてやってなかったんです。でも、最近おいしいワインにめぐり合うチャンスが多く、ラベルもおしゃれなものなんで、ビンからはがして保存することにしました。最初の数本は水にしばらくつけておけば、うまくはがれるものが多かったんだけど、最近はなぜかそれではがれないラベルに多く当たる感じ。それで使用しているのがシールになってる塩ビ製のブックカバー。家にある専門書や結構値の張ったハードカバーの本に使用しているやつでした。ワインショップに行けば、専用のラベルはがしも売ってるけど、10枚とか12枚位で1,000円くらいなんで、それならこの方法が安くつくはず。それに大きさも自由に自分でカットできるし。うまくラベルがはげた後にはノートにスクラップしてます。

《Today's Music》
Rik Emmett & The Open House Collective
/ Ten Invitations from the Mistress of Mister E. ('97)b0014459_11511455.jpg

クラシック・ギターのインストアルバム。とはいっても元はバリバリ(死語ですねぇ)のロックバンドTriumphのギタリスト。それもすごいテクニックの持ち主。Triumph自体もメロディーを大事にしていたし、クラシック調の小曲のすばらしい曲を作ってたんで、これがはずれるわけがない。ガット弦のやわらかで、丸みを帯びた音色ですばらしいメロディを奏でています。これからの秋の夜長にはおすすめ。こういう落ち着いた曲を聴きながら飲むワインもまた最高。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-10-15 11:52 | 食事・お酒
  2004年 10月 12日
ローマ人の物語その2
b0014459_207824.jpg10月発刊分の『ローマ人の物語』、本日購入。9月発刊分に次回発刊は10月末ということだったんで、購入直後に第8、9、10巻を読んでから、数日前に今回の発刊分に備えて読み直していました。すでに10巻のなかばなんで、明日か明後日には今回の分に入れるはず。楽しみだね。今回は「ユリウス・カエサル」の後半、「ルビコン以後」の上・中・下巻。「ルビコン以前」の上・中・下巻を読んで、ユリウス・カエサルという人物に魅かれ始めてるんで、今回でどうなるのかな?大学院時代に研究したシェイクスピアの『Julius Caesar』から読み取れる彼とは違ったカエサルが見られるんじゃないかな。その後にもう一度シェイクスピアの戯曲を読み直してみるつもり。何か新しい発見があるんじゃないかな。ついでに『Antony and Cleopatra』も。

やはり、昨晩は眠れず。目を閉じたのは5時を過ぎていて、おきたのは6時30分前。昼寝よりも少なかった。やっぱ、この睡眠時間での1日は結構きつかったな。でも、今日もこれから読書して夜更かしするんだろうな。

《Today's Music》
Andy Taylor / Thunder ('87)b0014459_2002158.jpg

洋楽を聴き始めた頃に夢中になったバンドのひとつがDuran Duran。その頃の友人が好きでCDをカセット・テープに録音してもらってよく聴いてました。(その頃CDプレーヤーのついたコンポなんて買えなかったんだよね)。彼はメンバーの中では決してカッコイイ方ではなかったんだけど、なぜか好きでした。そしてすぐにDuran Duranを脱退してシングルを出して、当時の地上波でやってた『ベスト・ヒットUSA』で "When the Rain Comes Down"のPVを観て、ノックアウトされました。完全なロッカーでした。Duran Duranとはまったく違ってたけど、当時は自分はハードロックに足を踏み込み始めていて、「これだ!」と思ったもんね。で、このソロ・デビューアルバム。これは本当にカッコイイ。特にオープニングの"I might Lie"なんて、完全なハードロックだと思う。リフも良いし、スピード感もあって、メロディも抜群。ポップなバンドにいたギタリストとは思えない弾きっぷり。ロック好きな人にはたまらないと思うよ。それ以外にも"Don't Let Me Die Young"、"Life Goes on"、"Tremblin'"、"Bringin' Me Down"、"Broken Window"も◎。これぞロックの名盤と言い切ってしまうくらいのアルバム。次に彼の名前を見たのは偶然か、大好きなバンドThunderのプロデューサーとして。このアルバムもすごい好き。彼がどれくらいプロデューサーとして影響を与えたのかは分からないけど、やっぱAndy Taylorって思ったね。このアルバム『Thunder』は今、廃盤なのかな?中古ショップで見かけたらぜひ買っておくべきです。再結成したDuran Duranのニューアルバムもそろそろ発売のはずなんで少しだけ期待してます。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-10-12 20:14 |
  2004年 10月 12日
眠れぬ夜は...
今日というか昨日は休日の最終日。それでかなり気ままな時間の使い方をしてました。眠たくなったらしばらく眠って、目が覚めたらまただらだらしたり。一般的には「だめ」(?)な休日になるのでしょうか?どうでも良いけど。そのおかげでこの時間になっても目がぱっちりで、まったく眠れません。明日の仕事は早いけど、大丈夫かな?

早朝、5時過ぎにいったん目が覚めたんで、ベランダに出てみました。するとまったくの無音の世界。風も無くホントに静かでした。夏ならエアコンの室外機の音なんかがあっただろうけど、時期的にそれもないし。それに犬や猫の声もまったく聞こえず、不思議な世界でした。何も考えず、明けてくる空を眺めてました。学生の頃キャンプをやったりしていた頃にはこういう世界は普通だったけど、今はとても新鮮に感じました。今すんでる場所は結構田舎で、もう2年以上になるけど、こんなことがあるって気づいてませんでした。多分、もうそろそろ転勤かなとも思うんで、移動する前に気づいてよかった。

こんなに目がさえていて、今日も無音の中の朝日を見てしまうのだろうか?それはそれでよさそうだけど、仕事を考えるとそれはちょっと嫌だな。

《Today's Music》
Dakota / Mr. Lucky ('98)b0014459_1112545.jpg

このアルバムも良く引っ張り出しては聴いてます。このアルバムを手に入れた頃からインターネットを始めていて、直接アーティスト宛にメールを書いたのは彼らが最初だったはず。それくらい好きになりました。特に2曲目のタイトル曲 "Mr. Lucky"のイントロのベースのサウンドを聴くと自然に体が動きだします。Jerry K. Hludzik (未だにどんな風に発音して良いのか分からない苗字)のマイルドな声はたまらないです。それ以外にも佳曲が目白押しです。"Heaven or Hell"や"All Thru the Night"は名曲です。哀愁たっぷりのメロディです。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-10-12 01:12 | いろいろ
  2004年 10月 10日
焼き鳥屋さんで
週末、友人とおいしいという焼き鳥屋さんに行ってきた。確かにおいしかった。ただ、ひとつ気にいらないのはお客さんが入ってきて人数を店の人同士で大声で、「リャン」とか「ピン」とか言い合ってたこと。お店の人の間だけでそういう言葉を使うことはかまわない。どんな職業にもそれに携わっている人たちだけが分かる言葉ってものがあるから。でも、それをお客さんにまで聞こえる声で言うのはどうかなって思うよ。お客さんに聞こえるってからには、「お二人様」とか「お一人様」って言わなきゃいけないんじゃない?外食するってことは勿論食事のおいしさが一番大事だけど、お店の雰囲気とか店員の対応とかにもお金を払ってるんだからさ。

《Today's Music》
Celtus / Moonchild ('97)b0014459_18382325.jpg

Mama's Boysのメンバーが結成したバンドのデビューアルバム。Mama's Boysとは違ってアイリッシュ・トラッドミュージックになるのかな?夜、ワインなんかを飲みながらじっくりと聴きこむとはまっちゃうサウンド。ポップな部分も感じられて聴きやすいと思う。プログラミングも取り入れられてるかなと思うけど、別に無機的な感じもないしこの手の音楽が好きな人は聴いてみてほしいね。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2004-10-10 18:39 | 食事・お酒