Logout


noblame.exblog.jp
  2008年 11月 27日
プリンタ購入
b0014459_21515065.jpg久しぶりにプリンタを購入。これまでのプリンタはEpsonのPM-870Cで6年位使っていました。大きな故障や不具合が合ったわけではないのですが、写真の印刷時間であるとか、ケーブル接続の煩わしさが今回の購入に踏み切らせました。

上記の問題から、条件としては無線LAN接続が可能ということだけでしょうか。印刷時間は今のプリンタなら問題はないと思ったので特に重視せず。それであがった候補は現在プリンタを購入する人の多くが考えているであろう人気のEpsonのEP-901AとCanonのMP980。ネットなどで調べてもどちらもそれぞれの良さがあります。それで最終的に決めたのがデザイン。Epsonの前モデルが職場にありますが、それはなんだかごちゃごちゃした感じで鈍くさい感じがありました。それが今回のEP-901Aはデザインも一新されていて見た目も気分が良いですね。あと前面タッチパネルやオートフィーダーなど機能的にもカッコイイということでEP-901Aに軍配。

早速、設置をしてみましたが、うちで使っているBuffaloの無線LANもAOSSを使えば、あっという間に接続完了。

使ってみると、無線LAN接続の便利さには改めて感動。こりゃ便利。ノートPCを持ちながら、ぱっとどこからでも印刷ってこんなに便利なんですね。あと、今のプリンタでは当然の機能でしょうけど、メモリカードや携帯から直接印刷が手軽にできるのも良いです。パソコンにそんなに詳しくない奥さんもぱっとメモリカードを挿したり、携帯をかざすだけでさらっと印刷しています。

用紙排出部分も普段は閉じられているのですが、印刷のコマンドが通ると自然に「パカッ」と開くのも、細かい配慮ですが、うれしいところ。CD/DVDトレイが内蔵というのも好印象。

他にも今では当然のコピー機能も先日の出張関係の書類のコピーに活躍。タッチパネル操作も心地良いです。

これまでのところ、唯一の難点はインクかな。それぞれの色のカートリッジが小さくて、すぐになくなってきます。

その分は考慮に入れても、全体的に「大満足」のお買い物でした。

《Today's Music》
Paul McCartney / Unplugged: The Official Unplugged ('91)b0014459_21542941.jpg

前回は発売になったばかりの新譜でしたが、今回はかなり懐かしい(もう17年も前になるんですね)アルバムを1枚。

Paul McCartneyの非常に穏やかな雰囲気の漂う楽しそうなアンプラグドライブです。演奏自体もリラックスしていて、いったん曲が始まっても、途中で止めてやり直したり、観客と楽しそうに会話を交わしたり、すごくアットホームな空気に満ちています。
 アルバムは彼のルーツの一人であるGene Vincentの"Be Bop a Lula"で幕を開けます。シンプルなロックンロールが楽しめます。懐かしい昔ながらの(もちろん私にはリアルタイムではなく、実体験としてではありませんが...)ロックンロールはいつでも気持ち良いものです。そしてPaul曰く、14歳の時に作った"I Lost My Little Girl"もシンプルこの上ない曲。当然と言えば、当然ですが...続くThe Beatlesの"Here There and Everywhere"はいつ聴いても美しい。スローなカントリーの"Blue Moon of Kentucky"も心にしみます。後半からはいきなりノリがよくなりテンポが変わりますが、これは前半をオリジナル、後半をプレスリー・ヴァージョンにアレンジしたからだそうです。ClaptonもUnpluggedでやっていた"San Francisco Bay Blues"も演奏されています。ソロアルバムからの"Every Night"もこのアルバムで初めて聴いて、早速オリジナルが収録されているアルバムを探しに行った記憶があります。穏やかな良い曲です。そして、テンポを落とした"And I Love Her"の美しさは絶品。"Blackbird"もUnpluggedなら外してはいけないでしょう。たくさんのカヴァー・ヴァージョンを聴いたこともある"Ain't No Sunshine"も好き。
 The Beatlesの曲、ソロの曲、彼のルーツにあるカヴァーなど限られた曲数のなかで幅広く取られていてとても好きなアンプラグド・アルバムの1枚です。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2008-11-27 21:56 | PC・ネット・スキン関係
<< 六一〇ハップ、好きだったなぁ 鹿児島 >>