Logout


noblame.exblog.jp
  2008年 05月 31日
手頃なMac用のテンキーってあるの?
これまでWin機で使用していたテンキーをMacのExcelで使おうとしたところまともに動きません。一桁の数字だと入力してもすぐに消えちゃうし。しばらくボタンを押し続けると、数桁の数字が入力されるけど、そんなんじゃ使えない。(ー.ー")

でも、それでは仕事に支障が出ます。それで思い切って別のテンキーを購入することにしました。とはいえ、動くかどうかも分からないものに高いお金を出すのはしゃくです。Mac対応と明確にうたわれているのはサンワ・サプライから出ているやつのみの上に、高い。

それで、今使っている奴と別のメーカーなら大丈夫かなと思い、近くのショップでは一番安かったもの(¥1,000くらい)をだめもとで購入しました。

結果は...残念。全く同じ症状。

あきらめて、テンキーをExcelで使うときにはWindowsを起ち上げてやろうと思っていました。ところが、たまたそのテンキーのNum LockキーをOffにしたところ、不思議と数字の入力は問題なくできるようになりました。(^O^) (以前から使っている古い奴はNum Lockを外してもダメでしたが)

でも、「0」のキーは認識されるのに「00」のキーは認識されないし、「BS」キーを数回連続して押すと、Excelは強制終了されちゃいます。
(・o・)

「00」はいいとしても(ほんとは使えないと嫌だけど)、「BS」キーは「爆弾」です。間違って踏んじゃったら、それまでの作業が一巻の終わりになります。くわばら、くわばら。

【Today’s Music】
Dakota / Unplugged Live ('05)b0014459_2353654.jpg

DakotaのオリジナルメンバーのJerry HuldzikとBill Kellyが2人揃っておこなった'05年のアンプラグドライブ。一応、CD(厳密にはCD-R)にはDakotaとクレジットされていますが、MCでは"We're Jerry-Kelly"と言っています。まぁ、Jerry-Kelly名義の曲だけではなくて、Dakota名義の曲も演奏しているので、結局はどちらでもいいのかも。
オープニングはDakotaの『Deep 6』からの"Brothers in Arms"。オリジナルはJerryのマイルドな声がかっこよくて、エレキギターも結構派手なロックソングですが、アンプラグドになっているとはいえ、割と忠実に演奏されています。続いてはJelly-Kellyの『Somebody Else's Dream』からの"Dear Love"、"Magic"とBill Kellyがヴォーカルを取る曲です。ハイトーンのヴォーカルが曲にマッチしています。特に"Dear Love"は最上のAORじゃないでしょうか。大好きです。"Give Up Your Guns"はJerry-Kellyのさらに前身のThe Buoysのナンバーですが、こちらはタイトルが示すように哀しさが漂う曲です。この哀愁のメロディも良いですね。ちょっと調べてみるとヨーロッパでは割と人気のある(あった?)曲らしいです。"Carrie Annie"はJerryのソロで聴かれるようなカントリー/フォーク的な明るい曲。こういう曲を聴くと、やっぱアメリカ人だなぁと思います。そしてJerry-Kellyのアルバムに戻って"You can Be"と"Runaway"が続きます。Dakotaの"Believin'"、"All thru the NIght"もアコースティックになっていますが、Jerryのマイルドな声とメロディの素晴らしさが際だちますね。"Timothy"はThe Buoysの曲ですが、コアなファンには人気のある曲ですね。この曲だけはツテをたよって入手していました。サビのメロディがグッときますね。
Dakotaを知ったのは『Mr. Lucky』からですが、そのアルバムのあまりの素晴らしさに衝撃を受けました。そのほかの音源も出来る限り入手しました。さすがにThe Buoysは手に入りませんでしたが、Jelly-Kelly、Dakotaと素晴らしいAOR/Rockを提供してくれます。見た目はさすがに「オッサン」ですが、曲のクォリティはすっごく高いです。AOR/Rockが好きなら是非とも聴いてみるといいと思います。後悔することはありません。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2008-05-31 23:10 | PC・ネット・スキン関係
<< 最近の読み物 ここ数週間のお買い上げ >>