Logout


noblame.exblog.jp
  2008年 02月 24日
Dockの変更
Leopardになったんで、早速Dockの表示でも変更してみるかということを以前書きました。その際に利用することにしていたLeopardDocks.com。その時のエントリーにも追記しましたがやたらとつながらないことが多くなってます。それでもつながったときに落としてきたのが下にあるようなピアノの模様。なかなかお洒落な感じです。ただ、アプリケーションとフォルダなどを分けるセパレーターが人間の人差し指というのは気持ち悪いので、そこだけ別のものに変えようかと考えています。
b0014459_1717657.jpg

上述のサイトがよくつながらない感じなので、メモとしてDockの変更方法を。
How to Replace Your Leopard Dock Graphics

Go to Macintosh HD > /System/Library/Core Services/

Right-Click on "Dock" and select "Show Package Contents"

Go to /Contents/Resources/

Backup the files you are about to replace (Incase you did not listen, here they are)

Move those same original files to the trash

Move the files you downloaded to that folder

Open Terminal and type "killall Dock" (without the quotes)

View your nice new dock.

《Today's Music》
Return / Straight down the Line ('89)b0014459_1718343.jpg

ノルウェーのHR/ハードポップバンドの3rd。彼らに初めて触れたのがあの今は亡きゼロ・コーポレーションから国内盤として出ていた『V』。ハスキーなヴォーカル、キャッチーなメロディ、哀愁たっぷりなメロディと私の好みにドンピシャのバンドでした。それから遡って過去のアルバム、それ以降に出たアルバム等は入手していたのですが、このアルバムだけはやっと数ヶ月前に入手しました。これまでの持っていたアルバムにはベスト盤やライブ盤もあったので、聴いたことのある曲も数曲含まれていますが、クォリティの高いアルバムでよく聴いています。
 オープニングの"United in Scream"はイントロの爽やかなキーボードが印象的なハードポップ。続くバラードの"Can You Forgive Me"は哀愁をたたえたバラードで大好きな曲です。"Lonely"はいかにも北欧HRといった趣の曲です。ギターの刻み方やヴォーカルの表情などWhite Lionっぽいところがありますね。"Five Minutes"も北欧の「冷たさ」を感じることの出来るバラード。キーボードの旋律が涙をそそります。ファンキーな"Little Miss Easy"はお口直しみたいで、アルバムでは浮いた曲です。ラストの"I Gave You All"の強烈な泣きもたまりませんね。
 北欧のHR/ハードポップ好きなら是非モノのアルバムですよ〜。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2008-02-24 17:18 | PC・ネット・スキン関係
<< 今日までに購入したCD/DVD Time Machine...... >>