Logout


noblame.exblog.jp
  2008年 02月 22日
遅まきながらLeopardに
遅まきながらやっと我が家のMacもLeopardに生まれ変わりました。

b0014459_19465846.jpg


インストールをしていろいろとさわっていますが、やはり慣れ親しんだTigerとは使い勝手が違うんで、まったくもって使いこなせていません。^_^;

まずは見てくれからということでドックをこれからドックの見てくれなどをすこしいじってみようかと思います。LeopardDocks.com←このサイトを使って。(追記:最近、なぜかほとんどつながらないです、このサイト)

《Today's Music》
UFO / Mechanix ('82)b0014459_1945983.jpg

冒頭からいきなりですが、UFOの大ファンだったことはありません。ただ、名盤の誉れ高い『Strangers in the Night』とかは一応所有していて、たまに聴くと、「やっぱかっこいいなぁ」と思う程度です。
 そんな私ですから、Michaek Schenkerでなければとかそういう思い入れは全くありません。このアルバムは最近、中古で購入したのですが、その理由は"Let It Rain"。この曲のPVをはるか昔に『ピュア・ロック』で観たときから、「キャッチーでいいなぁ」と思っていたんで、それが入っているこのアルバムを購入。ギタリストはPaul Chapman。名前だけは知っている感じ。
 1曲目はダークな(もちろん今風の意味ではなく)雰囲気で始まるミディアムテンポのHR。カッコイイ。2曲目の"Somethin' Else"はおなじみのロックン・ロール。自然に体が揺れる曲です。3曲目は穏やかなメロディが心に染みる"Back into My Life"。こうしてじっくり聴くと、やっぱPhil Moggの声って素晴らしいですね。かすれ気味の具合がツボです。6曲目の"We Belong to the Night"はスピード感溢れるHR。こういうザクザクと刻まれるリフにのる曲は私のようなロック好きにはたまらないと思います。で、"Let it Rain"ですが、やっぱ心地よいキャッチーさの曲ですね。メロディライン、サビともに爽やかといっても良い、耳に残ります。発売当時はどんな評価を受けていたんでしょうかね?個人的には名曲に近いんですが...物哀しさをたたえた"Terri"も好きな曲の1つです。"Feel it"は最初Freeの"All RIght Now"をほんのちょっと思い出しました。あの手のリフですからかなりロックンロール的な曲。ラストの"Dreaming"は切れ味鋭いHR。この手の曲がもっとあった方がHRアルバムとしては良いような気がしますが、この時期はやはりギター・ヒーローを抱えたバンドというよりも、よりバンドとしての方向性を目指していたのでしょうか?
 アルバムとしては"Let it Rain"を始めとして、かっこいい曲もありますが、私的には「地味」だなぁと思います。でも、いいアルバムですよ。(笑)
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2008-02-22 19:52 | PC・ネット・スキン関係
<< Time Machine...... 寒いですねぇ >>