Logout


noblame.exblog.jp
  2007年 07月 28日
TrimTheFatで
b0014459_2362633.jpg今のMacはPentium搭載ということでWindowsを簡単に走らせることもできるのですが、私のやつはその機種になる寸前(泣)に購入したいわゆるPower PCというやつです。
 そのPentium搭載のMacに合わせて、最近のソフトはユニバーサルバイナリ(Intel MacでもPower PCでも使える)となっているものが多いのですが、その分プログラムの容量が増えます。Power PCを使用している私にはIntel Macの部分はいらないのです。マシン自体のHDDの容量はまだまだあるので、問題はないのですが、使用しないプログラムのために容量を取られるのは嫌な性格の私。それでIntel Macの部分のバイナリを削除。そのときに欠かせないソフトがGreg WestonさんのTrimTheFat。これでIntel Macの部分を削除しました。一つ一つのプログラムの削除量はたいしたことないのですが、いらない容量が削られていくのは快感でした。

《Today's Music》
Apocalyptica / Plays Metallica by Four Cellos ('96)b0014459_230128.jpg

最近は来日もしていて、雑誌でも取り上げられていたのでかなり知名度も高いと思われるバンド(といっていいのかな?)のデビューアルバム。チェロ奏者4人があのMetallicaをカヴァーするというやつです。
 クラシック音楽はある程度は好きで聴くこともありますが、そこで使われている楽器はあまり詳しくありません。今回のチェロもどういう楽器かは当然知っていますが、ヴァイオリンと比較するとやはりなじみの薄い楽器です。
 で、このアルバム。デビューということもあるからだと思いますが、Metallicaの代表的な曲を取り上げています。"Enter Sandman"、"Master of Puppets" (ゴリゴリのリフをチェロでやっているのがカッコイイ曲です)、"Creeping Death"、"Welcome Home (Sanitarium)"などなど。
 曲自体は完成しているわけですから、ここでのポイントはアレンジだとかチェロの音色とMetallicaの音楽の具合ということになると思いますが、これがかなりカッコイイ。低音が効いていてすごくいい感じ。メロディラインをなぞっている旋律よりもバックでガシガシと演奏しているチェロの深い音色がすごく魅力的です。キーボードとかが入っていれば音圧もあってもっと壮大になるのかもしれませんが、ストレートにチェロで勝負しているところがいいですね。
 彼らのアルバムはこれしか持っていないのですが、他の奴も聴きたいと思います。特に"Fight Fire with Fire"をやっている『Cult』というアルバムなんかが気になります。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2007-07-28 23:09 | PC・ネット・スキン関係
<< 明日からお休み ACアダプタまでも >>