Logout


noblame.exblog.jp
  2006年 03月 16日
だりぃ
だるい。仕事もはかどらない。

というのは火曜日・水曜日の出張のせい。2日間(正確には1日半)福岡に行ってました。

出張の前は福岡は雪で、「この時期での福岡への出張だのに、雪かよ~」とブルーな気分でしたが、火曜日は日も照って、かなり過ごしやすかったんで、その部分は問題なし。

火曜日の昼過ぎに福岡に入って、昼食後すぐに会議。これが結構時間をくいましたね。

普通なら、翌日は昼前に福岡を出発して、午後に自宅に戻ってくるという感じの出張です。その日は職場には顔を出さなくてもいいはずなんですが、今回は朝早くに出発して、午後から職場に戻るという結構なスケジュール。なんでも「こっちでも会議があって、それに是非出席せい」ということ。まぁ、それくらい大事な会議ならしょうがないなぁと思いながら行ったんですが、現実には「自分、別にいなくたっていいじゃん」という程度のもの。時間だけがやたらとかかる会議でした。会議が長引いたこともあって、残業というか定時よりも2時間近く残って、さらにお仕事、お仕事。

今日は疲れのせいか、あまり声も出したくない感じ。でも、そんなときに限って仕事は次から次へと舞い込んでくるし...こうして文章でグチって発散するしかありあません。

《Today's Musci》
Black Sabbath featuring Tony Iommi / Seventh Star ('86)b0014459_10353393.jpg

Black Sabbathにはそれほど思い入れはないのですが、それでもやはり好きなアルバムは何枚かあります。その中の1枚がこれ。Ozzy OsbourneでもRonnie James DioでもIan Gillan(!)でもなく、Glenn Hughesがヴォーカルをつとめたアルバム。諸々の事情でBlack Sabbath名義で出さなくてはいけなくなったんで、本来ならソロとして出したかったみたいですが、まぁ、どっちでもいいです。というのもメロディアスで適度なスピード感もあって、正統派のブリティッシュロックに仕上がってるんで。1曲目の"In for the Kill"からGlenn Hughesの特徴のある声が聴こえてワクワクしますし、次の"No Stranger to Love"もGlennのブルージーなヴォーカルが映える名曲。他にはスピーディな"Turn to Stone"とかも良いですねぇ。自分はBlack Sabbathの引きずるようなヘヴィさにはそんなに惹かれているわけではないんで、こういう路線のアルバムが好き度合いでは上の方に来ます。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2006-03-16 10:38 | いろいろ
<< おバカな情報流出 買うのを忘れてました >>