Logout


noblame.exblog.jp
  2006年 01月 10日
新しいもの好き・浮気性
ノートPCを修理に出したおかげで、古いDellのPC(Inspiron 3500)を引っ張り出してきて、職場で使用しています。Windows 98でメモリが128Mという、現在では「使えない」部類に近いPCなんで、遅い、遅い。ネットワークやその他のセットアップも時間がかかりました。変更をするたびに再起動しなきゃいけなかったり、ストレスのたまるPCです。ネットワークカードも10Mbpsなんで、そこにもイライラ。
 これでも、購入したときは満足していたのに...このPCにすれば「新しい女ができて、乗り換えたのね」という恨み節の一つもいいたいところでしょうが、「新しいもの好き/浮気性」な性格なんでしょうがないです。(あっ、PCとか家電だけですよ、もちろん)(^-^;)

《Today's Music》
Heartland / III ('95)b0014459_14104656.jpg

昨日に続いてHeartland。3rdアルバムで国内盤は2ndよりも先に発売になってました。このアルバムからSteve Morrisが参加しています。彼のことは当時はIan Gillanの『Toolbox』でギターを弾いていたということくらいしか知りませんでした。このアルバムで改めて聴いてみると、派手さはないけれどもメロディや楽曲を大切にした堅実なプレイを行っていますね。『Wide Open』に比べるとアダルトな感じに仕上がってますが、それでも十分にメロディはキャッチ-だし、Chrisのヴォーカルも光っています。哀愁たっぷりな"Voodoo Eyes"、爽やかな"Ready to Receive"、Chrisの持ち味が出ている"Don't Say Goodbye"などがお気に入りですが、このアルバムのハイライトは10曲目の"When Angels Call"です。解説でもBurrn!の藤木氏が述べていますが、Mark Knopflerを思わせるギターのトーン、フレージングが最高に素晴らしいです。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2006-01-10 14:15 | PC・ネット・スキン関係
<< Pentium Macのデスク... はじめての眼鏡 >>