Logout


noblame.exblog.jp
  2005年 12月 18日
久しぶりだといろいろあります
なんとかmacからも無線でネットにつながるようにはなりましたが、どうしてもAirstation接続の際のセキュリティのところがクリアできなくて、暗号化を外してしまいました。とりあえず、ファイアウォールソフトウェアはインストールしましたが、ここに届くまでの電波は「裸」の状態です。こんなことじゃいけないのはわかっているけど、今のところはこの状態しかありません。ネットで調べても、今ひとつ解決できないし...(涙)。それにいくつかのサイトではAirstationにつなげる際には暗号化は解除するとも書いてありました。

まだ使い慣れていないとはいえ、macはかなり快適です。画面は申し分ないし、iTunesも絶好調。Windowsマシンにもインストールしているのですが、自分のやつとは相性が悪いのか、取り込みの速度が以上に遅かったんです。(maxでも4倍いくか、いかないか)。それがmacだと15倍近くになってるし。(嬉)

唯一、つらいのはソフトウェア。Windowsマシンはかなりの期間使っているんで、ソフトウェアもそれなりに充実しているのですが、macは全然。PhotoshopもFileMakerも何にもないです。買いそろえようと思っても半端な金額じゃないしね。

ところで、以前修理にだしたCDプレーヤー、修理が完了したようです。この前に修理に出したときは「異常なし」として戻ってきたくせに、同じ感じで不具合が出たんで、もう一度出してみました。すると今回は修理代金が10,000円を超えてます。どういうことじゃ?最初からよく調べて直せよ、全く。(怒)

《Today's Music》
Riverdogs / Souls of America〜Demos of 1993〜 (Boot)
b0014459_11111116.jpg
最も好きなバンドの一つであるRiverdogs。そのバンドのブート音源(デモ音源)。2nd『Absolutely Live』、3rd『Bone』に収録されることになる曲が多数はいってます。10曲中7曲("Little Hurricane"、"Raining All Over"、“Can't Have You"、"Eight Questions"、"The Man is Me"、"Sweet Mystery"、"If Love is the Truth")が『Absolutely Live』に、3曲("To Let Go"、"The Man is Me"、"Two Birds")が『Bone』に収録されてることになります。"The Man is Me"は両方に収録されているので、どちらでも聴けない曲は"You Try so Hard"になります。
 デモなんで音質はそんなによくありませんが、それでもオーディエンス録音のライブ音源よりははるかにまし。それにどういう感じで曲が変わる・料理されているかが聴けるのはファンにとっては嬉しいことです。
 やっぱRiverdogsといえば、Rob Lamotheの歌声。何度か彼のことは書いてますが、本当に上手いです。Paul Rodgersの系統のハスキーな声でアメリカンでブルージーなメロディを歌い上げてます。すばらしいです。再結成してアルバムを出すというニュースが流れてかなりの月日がたってます。早く出してください。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2005-12-18 11:18 | PC・ネット・スキン関係
<< スキン変更(ちょっとだけ) iMac G5が到着 >>