Logout


noblame.exblog.jp
  2012年 10月 21日
久しぶりに音楽のこと
オリコンでも首位になり、売れているようでなによりです。

山下達郎 『OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~』

彼についてはそれなりに長い「付き合い」です。

初めて体験した彼の曲は"Ride on Time"。ギターを始めたときにもらった教則本にその曲がのっていました。もちろん、初心者向けですからカッティングとか本格的なことでもなく、単にメロディを単音でなぞるものでした。

そして、ちょうどその頃仲の良かった友人(私のギターの先生でしたが)が、『On the Street Corner』を貸してくれました。その友人が、「このアルバムでこの山下達郎という人は、一人で録音を繰り返してア・カペラをしているんだぜ」ということを教えてくれたのが"Ride on Time"の次の「山下達郎体験」でした。

「入れ込む」という程ではないですが、それ以来一応「ファン」とは言える位に聴いてきました。

特にここ数年、特に『On the Street Corner 1』、『同2』が再発され、『同3』が発売された辺りからは「好き度」が高止まりしていました。

彼の素晴らしい声、メロディも大好きですが、彼の曲を聴いていて引き込まれるのがカッティングです。

私のリズム感の問題なのか、単に練習不足なのか、(いや両方です)ああいうカッティング(あくまで「ああいう」です。どんなにやってもああいうレベルに達せるなんて思ってもいませんよ)が絶対できないんです。

《Today's Music》
山下達郎 / OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~ ('12)b0014459_9113652.jpg

彼のキャリアをたどる3枚組(+ボーナスディスク1枚)のベスト盤。最近のヘヴィ・ローテーションです。

やっぱり、好きですね、山下達郎作品。こうして初期の作品から一気に聴くと、一段と興味深いです。音や曲の変遷が見えてより彼の作品が好きになりました。

あと、彼の音質へのこだわりもよく知られているところですが、私程度の耳でも音の良さが実感できます。高級なステレオではありませんが、それでも音像の広がりやクリア具合がいいです。自分では無理なんで、ステレオショップなどの素晴らしいシステムにCDを持ち込んで試聴してみたいです。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2012-10-21 09:13 | 音楽
<< Kindleのカバー Kindle新シリーズ発表&ま... >>