Logout


noblame.exblog.jp
  2011年 04月 28日
Snow LeopardとQuicksilver
b0014459_23401627.jpg
Mac OSXもSnow Leopardになり、しばらくたちます。

バージョンも10.6となったSnow Leopardも今では10.6.7にまでアップデートされていますが、発売から数年経った先日やっとアップデートしました。

Windowsと違ってMac OSは安いので、すぐにでもアップデートしたかったのですが、利用しているデータベースソフト、FileMakerがVersion 8という古いタイプだったので、それに対応していないSnow Leopardへのアップグレードを躊躇していました。ですが、先日やっとFileMakerの11を入手したので、安心してアップデート。

巷で言われているように目に見える様な大きな変化はありませんが、なんとなくきびきびと動くなったような気がするし、HDDのスペースも節約されて、これで3000円程度ってすごいですね。なんで、こんなに安いのかしら?(逆にWindowsのOSはなんであんなに高いのかしら?)

まぁ、それはおいといて、唯一問題になったのが、愛用しているランチャーQuicksilver。QuicksilverなしにはMacをいじるのが面倒臭くなるくらい頼り切っています。Snow Leopardへのアップグレード後、それの動作がおかしくなったのです。Quicksilverを開くたびに、なぜだか最初のスペースに自動的に移動させられるようになってしまいました。これまた便利なMacのSpacesがこれでは用をなしてくれません。

そこで困ったときのGoogle様。

すぐに対処法が見つかりました。「michaelkrol.com」というサイトの"Invoke Quicksilver In All Spaces After 10.6 (Snow Leopard) Upgrade"というエントリー。その記事によると、対処法はただ、「QuicksilverのPreferenceの"Show icon in dock"にチェックを入れる」だけ。何と簡単なこと。

確かにそうすると問題症状は解決しました。

しかし、Quicksilverを使うことでDockにアプリをずら〜っと並べなくてよくなり、シンプルなデスクトップになっているのに、常にバックグラウンドで動いているQuicksilverのアイコンがDockに表れるのは気分がよろしくない。

同じように、DockにQuicksilverのアイコンが表れるのが嫌な人がいるのか、それに対する方法も同じエントリーのコメント欄に有りました。それによると、
  1. Switch on “Show Icon in Dock” ("Show Icon in Dock"にチェックを入れる)
  2. Relaunch QS (QSを再起動)
  3. Go to the Spaces preference pane (システム環境設定の「ExposéとSpaces」のSpacesへ)
  4. If you already have an entry for QS, delete the entry(すでにどれかのSpaceにQSを割り当ててあれば、それを削除)
  5. Create a Spaces entry for QS(新たにQS用にSpacesを設定)
  6. Make that entry “All Spaces” (その際、捜査スペースを「すべての操作スペース」にする)
  7. Quit QS (QSを終了)
  8. Launch QS (QSを起動)
  9. Turn off “Show Icon in Dock” (QSの環境設定の"Show Icon in Dock"のチェックを外す)
  10. Restart QS (QSを再起動)


Voilà!

たったこれだけでこれまで通りの快適なQSライフが戻ってきました。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2011-04-28 23:42 | PC・ネット・スキン関係
<< FileMakerもアップグレード Reading on/off ... >>