Logout


noblame.exblog.jp
  2011年 01月 16日
Kindleの修理・保証 その2
仕事から戻って、HPで所定の手続きを経て自宅へ電話をかけてもらいました。

うちの電話、もともと音量が小さくて、日本語でも聞き取りにくいことがあるのに、今回は国際電話でしかも英語。

まぁ〜、聞き取りづらかったです。

さらに、たぶん電話の応対をしてくれた人はアメリカの人ではないような感じでした。「典型的」なアメリカ人の発音でもないし、使用するボキャブラリーもちょっと違ってました。そこでちょっと身構えましたが、なんとか乗り切りました。

で、どういう対応になったかというと、保証期間内なので"refurbish" (修理)か "replacement" (取り替え)を選んでいい、ということになりました。せっかくなので、"replacement"してもらうことにしたのですが、当時はクリスマス商戦まっただ中。取り替えをするための在庫がないので、ネットをチェックして在庫が入ったらまた電話して手続きを続けるようにとの指示。まぁ、いまのところKindleには問題はないし、別に待つことは構わないので問題なし。

アメリカ国内向けのストックはあるのですが、アメリカ国外向けへのKindleは在庫がありませんでした。当時の状況だと出荷まで7〜8週間待ちでした。

続く...
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2011-01-16 01:17 | PC・ネット・スキン関係
<< Kindleの修理・保証 その3 Kindleの修理・保証 その1 >>