Logout


noblame.exblog.jp
  2010年 11月 01日
Kindle 3の感想ーLEDランプについて Part 2
(前回からの続き)

それからしばらく良さそうなLEDクリップライトを物色して、Amazonで購入したのがコレ。

b0014459_727370.jpg

Mighty Bright 譜面台用ライトMusic Light Xtra Flex



厳密にはこれはリーディングライトではなくて、譜面台用のライトです。すぐにポチろうとしましたが、前回の失敗もあったんで、その前に少々リサーチ。

まず、第一の問題がライトのクリップ部分の幅がKindle 3の「余白」部分に収まるかということでした。見た感じクリップ部分は結構太いので、それが画面にまではみ出てしまっては、読書どころではありません。それで、1世代前のKindle 2とKindle 3のサイズを比較しているサイトで2種類の写真をチェック。画面上で「余白」のサイズを測り、実サイズに変換。そして、Kindle 2でこのクリップを使っている人のサイトの写真と比較。その写真ではKindle 2にはこのライトのクリップの大きさも問題なく使えている感じでした。サイズを考慮して、

「これなら、いける!」

ということで、Amazonに戻って、ポチッ!

数日後、「ブツ」が到着。「また、そんなの買って!」という妻の心配をよそ目に、うきうきとKindleに装着。

b0014459_7304211.jpgb0014459_7305911.jpgb0014459_7311045.jpg









思っていたよりも、クリップの幅があって、少々画面にはみ出ますが、読書に支障をきたすというほどではありません。LEDライトの特徴である指向性も夜中の読書にはうってつけ。ライトが点灯していても隣で寝ている子どもの辺りは暗いままです。

ということで、このライトで正解でした。

ただ、多少問題があるとすれば3点。

まずひとつ目は重量。決して重くて、持っていて疲れるというわけではありませんが、Kindle自体がすごく軽いので、それにこのライトを装着してしまうと、その良さの一部を殺してしまいます。

もう1点はライトの直下ではライトが画面に反射してしまうこと。その部分は大きくはありませんが、そこをを読むときには、ライトを動かす必要があります。

最後は作りの問題です。クリップの裏側が電池ケースになっているのですが、このフタの止まりが弱いこと。クリップをぎゅっと握ってクリップ開くと、フタがすぐに外れてしまうことがあります。このあたりはもうちょっとしっかりと止まるようにして欲しかったかな。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2010-11-01 07:34 | PC・ネット・スキン関係
<< Kindle 3の感想ー書籍購入編 Kindle 3の感想ーLED... >>