Logout


noblame.exblog.jp
  2009年 03月 10日
peperoni / pepperoni
ピザに乗っているトッピングのサラミ。アメリカではペパロニと言いますよね。

ある日、イタリアンレストランで食事をしていると、そこで使われているお皿にイタリア語が書かれていて、そこに"peperoni"という文字とともにピーマンのイラストが描かれていました。

おいしく料理をいただきながらも少し混乱。どういうこと...?「ピーマンがpeperoni?」

それで、調べてみたのですがスペルが違うんですね。英語での"pepperoni"は"p"が一つ多い。


イタリア語
peperone (単数形) / peperoni (複数形) 
 英語ではbell pepperのこと

英語
pepperoni ≒ salami

思い込みでスペリングをちゃんと見てなかったんですね。

胸のつかえがとれました。

《Today's Music》
Tony Martin / Back where I Belong ('92)b0014459_1849172.jpg

Black Sabbathに在籍していたヴォーカリストのソロアルバム。Sabbathでは様式HRのかっこいい曲を歌っていましたが、ソロはそれよりはレイドバックした感じのヴォーカルオリエンテッドなアルバム。ブルージーな声質がはまっています。オープニングの"If It ain't Worth Fighting for"はホーン導入されているオトナ〜な楽曲。続く"It ain't God Enough"もBad Companyなどを思わせるブルージーさ。アコースティックをバックに歌い上げる"If there is a Heaven"の切なさといったら、もぉたまりません。タイトルトラックの"Back where I Belong"はJoe Lynn Turnerが歌うバラードを思わせます。良い曲です。"Ceasefire"は1分ちょっとのインスト。続く"Why Love"もバラード。"Sweet Elyse"は一転してスピーディーな曲ですが、これはRainbowでは?という曲。ギターのリフの刻み、オブリの具合、キーボードの感じ、まさにそんな感じ。"India"も曲名から想像されるインドぽっさはほとんどないハードロック。"Angel in the Bed"はかなりAORの度合いも高い曲で、お気に入り。"The Road to Galilee"というSE的でドラマティックな雰囲気のインストに続く"Jerusalem"はSabbath時代の曲のセルフカヴァー。ここではオリジナルに近いDioっぽいパワフルなヴォーカルが光ります。
 元Black Sabbathという肩書きから想像される音像とは異なり、わりと「軽め」(Sabbathと比較して)な仕上がりだし、いかにもRainbowという曲があったりして、オリジナリティにあふれているとはいえませんが、うまいヴォーカルを楽しめるアルバムだと思います。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2009-03-10 18:49 | いろいろ
<< デュアルモニタ ここで使えました >>