Logout


noblame.exblog.jp
  2008年 12月 31日
冬休みの工作 (MacBookのHDD交換)
正月休み。部屋の掃除も終え、奥さんとこどもは実家へおせちを作りに。

ということで、今回の休みの工作はMacBookのHDD交換。(以前の夏休みはステレオアンプ組み立てでした)

特に容量が不足しているわけではなかったのですが、現在のVMWare Fusionで走らせているWIndows XPに加えて、Linuxを追加してみようかと思っていて交換用のHDDを探していました。一度レジまで持って行こうとしたこともあったのですが、踏ん切りがつかず未購入でした。

先日、奥さん用の中古ノートPCを購入するためにショップにいくと、ちょうどその日に2.5インチのHDDが特売となっていました。SAMSUNGのHM500LIが9,980円となっていたので、思い切って購入。ついでに安売りとなっていたケースも。

それで、ネットを参考にしながらの交換。以下は覚え書き。
  1. まず、購入してきたHDDをケースにいれて、「GUID形式でフォーマット」。
  2. 次にディスクユーティリティで「復元」を選んで、もともとのHDDのデータを新しいHDDにコピー。160G中90G程度の使用でしたが、そのデータの移行がだいたい3時間くらいかかったでしょうか。
  3. あとはHDDの入れ替え。メモリ増設と同じようにバッテリをはずして、仕切り盤をはずす。左側にあるHDDをひっぱりだして、新しいHDDと交換。(このとき精密ドライバ以外にトルクスドライバのT8が必要)これで終了。
  4. 最後はもともとのHDDをケースに入れ、フォーマットし直せば、ポータブルの160GのポータブルHDDもゲットですが、しばらくこの新しいHDDの様子を見る必要があるので、そのままにしておきます。
びっくりするくらい簡単。交換を行う前はVMWare FusionのWindowsの部分がどうなるか分からなかったのですが、こちらも問題なく移行。まぁ、仮想ディスクのファイルの場所から考えれば、当たり前ですが...

b0014459_14153955.jpg



ということで、500G搭載のMacBookに生まれ変わりました。あとは使っていくうちに不具合が起こらないことを祈ります。


'08年も終わり。みなさまよいお年を!

《Today's Music》
Living Colour / Vivid ('88)b0014459_1423392.jpg

発売当時、黒人によるHRバンドということで話題になったバンドのデビューアルバム。HRとはいってもファンクなどの要素が強いミクスチャーロック。当時はモノを考えていない高校生坊主でしたから、「ふーん、そうなんだ」と思っていましたが、よく考えると「黒人による」っていう枕詞は差別的ですよね。
 オープニングの"Cult of Personality"は結構ヒットしました。ファンキーなリズムが特徴的な曲です。キャッチ—なメロディもあって耳に残る良い曲です。それとギターのVernon Reidのテクニカルでいて、HRのギターとは毛色の違うギターソロにぶっ飛びます。続く"I Want to Know"はさらにキャッチ—さがましていて好きな曲。"Desperate People"もかなりのごった煮ぶりで始まる曲。"Open People"はクリーンなギターによるバラード調で始まる曲。声質とかファンキーなリズムでExtremeを思い出しました。この曲のポップさも良いですねぇ。クリーンなギターのカッティングに弱い私にはたまらない"Funny Vibe"もダンサブルでかっこいい。こういうノリのギターが弾きたいなぁといつも思うんですよね。残念ながらまったく出来ませんが...(>_<)カッティングだけじゃなく、フリーフォーム的なソロも凄い。ホーンセクションとギターのボリューム奏法もかっこいい"Broken Hearts。"What's Your Favorite Color?"もカッティングが秀逸。
 メロハーでもなければ、様式HRでもないし、最近はまっているスラッシュでもありませんが、好きなアルバムです。ファンキーなギターワーク、もしくはちょっと変わった(HR/HMと比べて)ギターが気になる人はぜひ耳にしてみるといいと思います。
[PR]
by noblame | by don_t_blame_me | 2008-12-31 14:00 | PC・ネット・スキン関係
<< 今さらですが Artillery ゲット! >>